承認欲求と闘う3つの方法

· 2018年11月4日

承認欲求と戦うことは、自分にできる最も素晴らしいことのひとつです。このニーズには様々な種類のネガティブな副作用があります。その一つは、本当に求めている道筋からあなたそらしてしまうということです。しかし、これは誰でも一度は経験したことがある欲求です。

しかし、よくあるからといってダメージがないということではありません。状況によっては、この欲求の動機はかなり危険です。誰にも失礼にしたくないという欲求と、皆を喜ばせたいという欲求を一緒にしないようにしましょう。同じように、自分の本当の欲求を反映しない他人を喜ばせるためにすることと、本当に自分のニーズを満たす行動も区別しなくてはいけません。

 

承認欲求と戦うためのステップ

承認欲求の問題は、一日でどうにかなることではありません。しかし、老子が言っているように、「何千キロもの旅は、一歩から始まります」。この特定の目標を達成するために役立つたくさんの行動があります。今日は、最も効果的であると研究で証明されている方法をご紹介します。

  • この姿勢の影響を特定する。
  • 自尊心を高める。
  • 内面的な統制を育てる。

それでは、各方法を見ていきましょう。

線路
1. 影響を特定

承認欲求と戦っている際に直面する最大の障害は、このニーズが自分の姿勢に影響していることを認めることです。わたしたちの多くは、他人を喜ばせるために行っていることのすべてを意識しているわけではない、という研究結果が出ています。

はじめに、自分の承認欲求を分析して特定するエクササイズをおすすめします。これを行うには、自分に次の質問を投げかけてみましょう。1)自分のすることに関係なくみんなが自分のことを好きになってくれるとしたら、何を違うやり方で行いますか? 2) 自分が地球最後の人だったら、どうやって時間を過ごしますか?3)誰も自分のことを非難しないなら、自分の人生の何かを変えますか?

こういったタイプの質問は、承認欲求を手放す助けになります。このニーズが理由でやってきたことを認めることができるからです。それから、特定の習慣を続けるべきか、変えるべきか、なくすべきか決められます。

2.自尊心を高める

低い自己像とそれに伴う感情は、他人の承認を求め私たちを後退させます。自分の「能力」に疑念を抱く時、他人からの承認で自己価値を高めるニーズはより高まります。問題は、時にこれによって自分がのぞまない行動をしてしまうことがあるということです。

こうなると、自尊心は下降し続けます。自分に対して悪く思えば悪く思うほど、より他人の承認を求めてしまうという悪循環になります。

自分の自尊心を改善させれば、自分の承認欲求と戦うことが簡単になります。どのようにそれを達成するかは関係ありません。自分を愛することは、今すぐ始めるべき優先順位トップ事項です。

「自分の命がかかっているかのように自分を愛しなさい。本当に人生は自己愛次第なのだから。」

-カマル・ラヴィカント-

ハート
3. 内面的な統制の所在を育てる

健全な自己イメージの要素のひとつは、内面的なコントロールがとれていることです。人は自分に起こることに対して大きな力を持っているという考え方に基づいています。気に入らないようなことが自分に起こったとします。責任を外的なものに押し付けますか?それとも責任を取ってこれを変えようと努力しますか?

外的な統制の所在(人生は自分がどうにもできないことに左右されるという考え)を信じている人は、他人からの承認を必要とする傾向にあります。 自分にコントロールがあると考える人は、内面的に物事を見て、他人に頼ることが少ないです。何をしてもあなたのすることを気に入らない人はいるものです。それなら、他人が自分のことをどう思うか心配する意味はありますか?

自分で手綱を取って人生をコントロールすることを決めたら、承認欲求と戦うことはかなり容易になります。結局、自分が本当にしたいことをしている時は、他人の意見なんて気にならなくなるのです。

本記事で紹介した3つの方法はお互いを高め合います。まずひとつを選んで取り組んでみましょう。決断を下す時には、他の人が考えていることなんてそんなに大事ではないことにすぐ気づくはずです。