出産:女性の最大の愛の行為

· 2018年2月10日

出産は盲目のようなものであり、母親がようやく彼女の人生をかけて愛する者を知ることになる出来事であると言われています。 出産のように、痛ましいけれども同時に、神聖で、信じられないほどの感情に満ちた行為はほとんどありません。 出産は本当に重要な瞬間であり、非常に特別なケアを必要とするものです。 妊娠が愛の行為なら、出産は暖かく愛情のあるものでなければなりません。

毎年5月中旬ごろに出産の世界祝典が開催されます。 WHO(世界保健機関)が私たちに警告する事実の1つは、出産に関連する間違った慣習があまりにも多く、トラウマになることがあるにも関わらず、この数十年もの間状況は変わらずあまり心配されていないということです。

出産の痛みよりも激しい痛みや、彼女がこの世界にもたらしたばかりの新生児に送るよりも深く純粋な愛情はないでしょう。

ニルス・バーグマンは、周産期神経科学の研究で特に知られている小児科医および新生児科医です。 彼によれば、母親と子供の間に適切な絆を構築する最も重要な瞬間の1つは、間違いなく「生誕から最初の1000分」です。母親と子供が過度のストレスを感じると、 新生児に最初の感情的な刻印のようなものをもたらすでしょう。

子供がこの世に到着するのは、とても愛の深い行為でなければなりません。 あなたもこのことを学ぶべきです。

妊娠中の女性

出産:痛み、感情、医療慣習

出産は母親と子供の両方にとって重大な瞬間です。 それに加えて、近年女性が高齢で妊娠していることを考慮すると、複雑さを伴わずに出産を保証するための医療レベルと予防措置がまだまだ十分ではないことがわかります。

妊娠当初、認定された医療センターの医師からのケアとサポートは不可欠です。しかし現状には多くの女性が苦情を申し立てており、WHOは数年前から警告を受けていました。 以下で、出産時の医療に関するいくつかの側面について説明するので、それを念頭に置いて読んでみてください。

出産が尊敬されなくなっている

よく知られている産科医であり、出産を尊敬することを提唱しているマイケル・オデントは、 「出産は愛そのものであり、理想は母と子どもがこの愛のある気持ちを楽しむことを保証することです」と私たちに知らせてくれます。しかし、近年以下のことが起きています。

帝王切開の数が大幅に増加しました。 公式のデータによると、出生のほぼ21%が帝王切開によって行われています(ただし、妊産婦または周産期の死亡のリスクがある場合、帝王切開は経膣分娩に取って代わる重要なものです)。

多くの女性は、出産中に非常に不快だったと報告しています。彼らは、シェービングをしている時、オキシトシンを使用したり、出産のポジション(股関節を起こす)に移動したりするとき、様々な専門家に触れられながら、 出産します。 このような無頓着な慣習に従わなければいけないことで、彼女たちは強いストレスを感じています。

妊娠した女性とそれを囲むカラフルな女性たち

もちろん、それぞれの母親は独特でユニークな経験を持っています。 多くの人がその経験を楽しんでいます。しかしそうでない人たちは、(例えば、不可欠であるような新生児と母親との皮膚と皮膚との接触がなかった人たち)ネガティブな思い出しか持たないでしょう。

尊重されるべき出産:母親と子供の間の感情的な絆を好むこと

出産は、非常に特殊な目的を持っている特別なホルモンや神経伝達物質によって、痛みを伴うけれど魔法のような瞬間です。 出産する時、私たちの脳内のレベルで神経生物学的な変化が起こり、母親が赤ちゃんとの最初の接触をします。この接触が母親と赤ちゃんの絆を構築するのに役立つのです。

出産は子供をこの世界に連れて来ることを意味するだけでなく、同時に母親の誕生をも意味します。

女性がストレスや怖さを感じる場合、例えば、母乳の質に影響する可能性があります。 赤ちゃんも同様にこのストレスに苦しみます。そしてそのストレスを抱えたまま、保育器に連れて行かれるような早すぎる時に母親から離れてしまうと、赤ちゃんの身に代謝もしくは認知に関連する小さな変化が引き起こされる可能性があります。

私たちのDNAは、母親と子供の間の直接的な絆を持つことを期待しています。もしこの絆が存在しなければ、赤ちゃんは世界を「敵対的または冷たい場所である」と解釈する可能性があります。したがって、私たちが妊娠に対して尊敬の気持ちを持ち、二人に対して愛と温かい歓迎を持って絆を築くことができるようにしておくべきです。

身ごもった子供と母親の絆

愛に基づいた出産をするための鍵

出産には多くの種類があります。出産するにあたって、投薬なしでする自然な出産が良いのか、助産師を使っての出産が良いのか、または子供の出産を「スケジュール」する病院を選ぶのが良いかどうかは重要ではありません。 最も重要なのは、母親と子供というこの素晴らしいイベントの2つの主役たちを危険にさらさないことです。

各家庭が、子供をこの世に連れて来る方法を自由に選ぶことができます。しかし以下の単純な点に気を付けてください。

・WHOは、「人間味のある出産」として知られている考えを支持しています。これは、リスクがない限り、女性の出産の方法を選択する権利を尊重するものです。

・母親がいつも快適に感じられるように、親密で愛情のあるプライベートな治療を受けなければなりません。

・へその緒をすぐに切断しないでください。 へその緒には何百もの幹細胞、栄養素、子供の将来の発展に有益な多くの物質があり、「ワクチン」として機能することが知られています。

・赤ちゃんを守る胎盤は、体内の酸素や豊富な血液を送り続けるため、壊れてはいけません。 可能ならば、自然に壊れるようにする方法が良いでしょう。この方法では、赤ちゃんは自分の肺を使ってより快適で自然な方法で呼吸を開始することができます。

・新生児は、直ちに母親と接触し、二人の皮膚と皮膚に接触させるべきです。 これによって赤ちゃんがストレスを避けるのに役立ち、二人がこの方法で数時間一緒にいるべきです。 また、この行為は授乳を開始、心拍数の温度と血糖を調節、赤ちゃんの免疫システムを強化することを促進します。

赤ちゃんと母親を包む手

結論として、出産はリスクや危険を回避する適切な慣習によって定義される「医療事象」なだけではありません。 母親と新生児の間の絆が最初の瞬間から優先され、私たちは出産に敬意を表する必要があります。