優れたチームリーダーになるための15のキーポイント

2019年7月12日

チーム内におけるリーダーシップ、とりわけ職場におけるリーダーシップは誰も欲しがるスキルです。競争を勝ち抜きたいと思っている組織が、リーダシップが求められるポジションにその素質のある人を置くことは至極当たり前のことです。

数年前までは、「上司」と言えば厳格で頼りになる人というイメージがありました。しかし今日の多くのビジネスにおいて、そのような上司像は劇的に変化しました。潜在的なリーダーとして人事に求められているものは何なのでしょうか?以下でそのことを明らかにしていきます。

「次の世代を見つめ、他者に力を与える者がリーダーになるだろう」

-ビル・ゲイツ-

仕事のグループにおけるリーダーシップ

チームにおけるリーダーシップの最初の重要なポイントは、仕事のグループを作ることです。仕事のグループのメンバーを選定する時、できるリーダーは、従業員の能力とグループ全体の目標の両方を考慮することができます。

そのために、できるリーダーは従業員が責任を全うすることができるだけのスキルと知識を持っているか判断しなくてはいけません。そして、他人と協力することができるかというのもとても大切なスキルです。

まず初めにリーダーは、自分のチームに誰がいるのか明確にする必要があります。そして次に2番目に重要なポイントに移ります。そのポイントとは、チームのミッションを明確にすることです。ここでは、グループのすべてのメンバーが仕事を完全に理解することが重要になってきます。

さらに、メンバーたちは自分に求められているものが何なのかを理解する必要もあります。これが良いリーダーシップを取るための3つ目のキーポイントです。できるチームリーダはグループ全体と個々人に対して期待とゴールを定めるのです。

「リーダーの最初の責任は現実を明確にすることであり、 最後の責任はお礼を言うことである。 その間、リーダーはただのしもべである。」

-マックス・デ・プリー-

優れたチームリーダーになる キーポイント

チームにおけるリーダーシップのための準備の重要性

上記のポイントすべて達成したら、覚えておくべき4番目のキーポイントがあります。それは、仕事の構築プロセスとプランニングです。リーダーは仕事の手法をはっきりとさせる必要があります。さらに、グループ内の各メンバーの役割のみならず、ゴールを達成するまでの期限も定めておかなくてはいけません。

その次にあるのが5つ目のキーポイントですできるリーダーはグループのメンバーを育成して成長させます。彼らは、ビジネス上の継続的な教育およびトレーニングリソースを認識しており、それらのリソースを使って従業員を成長させます。メンタリングプログラムなどがその一例です。

素晴らしいリーダーになるための6つ目のキーポイントは、「チーム」の感覚を磨き、対立を識別させ、メンバーを変化させることです。

さらに、計画プロセスに対しては定期的な反省会を行うことが重要です。この反省会で、メンバーたちはプロジェクトのゴールが達成されているか確認します。言い換えれば、できるリーダーはグループを監視する術を知っているということです。これが良いリーダーシップを発揮するための7つ目のキーポイントです。

プロジェクト終了後のリーダーシップ

チームがプロジェクトを遂行するとき、チームリーダーは各個人のパフォーマンスに対するフィードバックを行うべきです。フィードバックをすることが、チームにおけるリーダシップの8つの目のキーポイントです。

また、他のビジネスとグループの関係性をコントロールすることもリーダーには大切です。この関係性のコントロールが9番目のキーポイントです。

チームリーダー キーポイント

良いリーダーになるための10番目のキーポイントは、チームに課題を課しモチベーションを上げることです。またリーダーたち自身も、チームが取り組んでいる課題に参加しなくてはいけません。言い換えれば、良いリーダーになるための11番目のキーポイントはリーダーがプロジェクトそのものに取り組むということです。

これらのキーポイントをたどることで、12番目のキーポイントにたどり着くことができます。できるリーダーは、自分のグループに情報やリソース(素材、人材、費用)を提供する能力があります。

さらに、できるリーダーになるためには独立した仕事を促進すべきです。チームのモチベーションをあげ、問題を解決することでこれらのことが可能になります。つまり、メンバーに発生した問題に対する解決策を見つけさせるということです。自己管理能力を促進することが13番目のキーポイントになります。

「偉大な指導者たちはほとんどの場合、誰もが理解できる解決策を提供できるように議論や話し合いをし、疑いを晴らしていく優れたまとめ役なのです。」

-コリン・パウエル-

これらのことを可能にするためには、グループ内の対人関係の問題にリーダーが対処する必要があります。チームメンバーの間でパフォーマンスに影響を与えるような問題が生じたら、リーダーはそれらをすべてコントロールしなくてはいけません。言い換えれば、14番目のキーポイントは、良い社会環境を作り出すことだと言えるでしょう。

最後に、重要なキーポイントを忘れてはいけません。できるリーダーというのは、グループ内の問題を明らかにし、それに対する効果的な解決策を見つけることができる人なのです。