反省:成長と感情的自由の鍵

· 2019年1月31日

反省は、はっきりしていると思われることから自分を離して、当然に思われることに疑問を投げかけてみることを促します。こうすることで、わたしたちは自由な生き物であること、決断を下すことにおいて自立している人間であることを思い出すことができます。自己成長の様々な側面が、内面的な自己とのつながりを促進します。反省することで、自分の人生に何を求めるのか、何から幸福を得るのか自分自身に尋ねることができます。

多くの自己成長の師が、反省の意識を「心理学に忘れられた技術」と呼んでいるのは驚きでもありません。これはとても簡単に説明できます。私たちの社会では、自分に起こったことを悪運や他人のせいにしてしまうことが簡単にできます。私たちは勇気、心の許容をもって、自分に起こることの多くは、回避可能か不可能かにかからわず、自分の行動の結果であるということに気づかなくてはいけません。

「人生はとても明快だ。しかし、人は人生が複雑であると言い張るものだ。」

-孔子-

みじめに感じたら、パートナーが私を幸せにする方法をわかっていないせいだ。信頼できる友達がいないのは、みんなが自己中だからだ。何度も試験に失敗したら、先生のせいだ。不満や苛立ちから自分を解放できないのは、世界がわたしの価値を認めていないからだ。

起こることの原因を見つけたり、責任を押し付ける相手を見つけるべきだと人が言うのを聞いたことがあるかもしれません。友達、親戚、クラスメイト、同僚かもしれません。家庭内の機能障害問題も、反省の技を失ったことが原因です。人間関係の失敗や対立も、この技術を失うことから起こります。

特定の状況に疑問を呈することができない場合、人は不満を感じます。その人が自分自身の感情を理解したり、間違いから学んだり、自分の行動に責任を持ったりすることができない時、この思考の欠如が一つの結果をもたらす精神状態に行きつきます。その結果とは、「不幸」です。

ろうそく
反省:幸福を手に入れるための内面への旅路

私たちの多くは、人生のどこかでこんなことを自分に言い聞かせたことがあるはずです。「旅に出なくてはいけない。」「どこかへ行って、自分をより良く知るための自分の境界線を越えなくてはいけない。」しかし、少しずつ、私たちは真の自分を見つけるために物理的にどこかへ行く必要はないとと気づくはずです。どこへ行っても結局は同じです。知識は自分自身の中にあって、反省からやってくるものなのです。

同じように、この能力は一日で手に入れられるような代物ではありません。異なる窓を通して自分の現実を見る自己成長の過程です。 自分の視界が開けるような挑戦的な疑問を投げかける場所です。こうすることで、自分自身を含む、自分を取り囲むすべてに疑問を呈します。反省は、誰もが切符を手にしている自己成長という旅の動力です。

変に思われるかもしれませんが、私たちはこれを上手くいかせているわけではありません。

反省は成功への鍵

「成功」について話すとき、自分自身が社会において特権を持つ地位に就くことだけを示しているわけではありません。成功は幸福であり、自分の人生において幸福の創造者になることです。ダニエル・ゴールマンの研究によれば、反省は適切な心の知能を養うために重要です。

心理学者が「内省的意識」と定義するものも理解しなくてはいけません。これは、私たちの誰もが訓練して強化することができる「メタ認知」能力です。それは、理解してうまく使いこなすために、自分の通常の精神・感情状態について考えることを意味します。

反省能力が高い人は、自分の衝動を制御できる人です。計画し、十分な社会意識のある人です。人生は絶え間ない学びの過程で、周りのすべてを感じ取る準備ができていなければならないということを理解してます。

このタイプの人は、健全で役立つ内面的な対話を行うことができます。毎日治癒してより良い人に成長するために、間違い、短所、不安、不快感を見つけ出すことができるのです。

鍵

一方、イマヌエル・カントが純粋理性批判で述べていることも覚えておく価値があります。このケーニヒスベルクの思想家によれば、人を取り囲む外的なものは、内面的な自己の反映です。私たちの内面のイメージは、低い自尊心、厳格な思い込み、反省能力の欠落によって特徴付けられ、それらすべてのネガティブな特徴が、外的な世界を抑圧的で灰色にしてしまうのです。

高い反省力を育てる鍵

これは目的以上で、必要性であるべきです。高い反省力を育てることは、私たちが求める人間、つまり「自由な人間」になるために、努力と意志をつぎ込むべき日々の目標です。生まれ変わり、意識への目覚め、マトリックスの映画で学べるような「洞察力」のようなものとして見ていくべきです。絶え間なく他人を喜ばせる必要はありません。私たちには、なりたい人になるための声があり、適切なツールがあります。これを達成するために、次の部分に努力しなくてはいけません。

1. 教養を深め、自分の家族の歴史を知る

自分自身を知るために、自分のルーツを知ることは良い方法です。変わったしつけや特定の教育法によって、今の自分や自分の認識の仕方が影響を受けていることがあります。

2. 自分の欲求、動機、感情

人間には社会的な衝動があります。親密さへの欲求、社会グループに属したい、なんらかの目標を達成したいという欲求があります。

自分の動機を理解したら、たくさんの感情も理解できるようになる。さらに、これら多くの欲望が、自己成長を促してはくれない単純な絆であることを発見することもある。

 

脳
3. 自分の自己防衛メカニズムを理解する

人の防衛メカニズムは、自分のアイデンティティーが侵された場合、あるいは自分に関する認めたくない情報にさらされた場合に発動します。これらの反応を引き起こした理由や、自分が使う防衛法を意識することで、自分の深い恐怖、短所、欲求などの客観的な情報を手に入れることができます。

4.強みと弱みを掘り下げる

人には、良いところも悪いところも、徳も欠点も、光と影もあります。それらの異なる側面を意識して掘り下げることは、反省力を育てる重要なツールとなり得ます。

5. 自分の人生の目的とは

目的のない人生は、ただ存在することです。目標のない精神は繁栄することなく、不満で、起き上がるための動機も理由もありません。自分の人生を定義する目的の一覧を作ってみましょう。なぜこれらが重要なのか、これらを達成するためにすべきことを掘り下げてみましょう。

「継続的にイライラしたくなかったら、自分でどうにかできないことを願うことをやめましょう。」

-エピクテトス-

花
6. 自分の周りの「文化的・社会的な幻想」を意識する

反省は、批判的な視点で行わなければ意味も理由もありません。自分が生きる社会がどのように影響しているでしょうか?流されているだけでしょうか?他人がどう思うかを気にしているでしょうか?自分の本当の欲求を追い求めるのではなく、うまくなじめることを優先しているのでしょうか?

7. 反省を毎日の習慣にする

反省のために、毎日30分ほどを確保すべきです。人生の重要なこと、感情的・精神的状態、まわりのものに注目しましょう。マインドフルネスを行って、日記をつけて、散歩して、絵をかいて、静かな場所で沈黙を楽しみましょう。

毎日少しずつ自由になれるように、反省を日々の意識的な習慣にしましょう。表面的なもの、恐怖、コンフォートゾーンの暖かさは置いておきましょう。自分を再び見つけられる幸福を育ててください。ないがしろにして、ものをすぐに手放してしまっていた自分を見つめなおしましょう。

Genie, Daniel (2017). “Triple Focus”. Zeta PocketDyer. Wayne (2010). “Your wrong areas” DeBolsillo. Jung, Carl (2010). “Memories, dreams, thoughts” New Collection.