スピリチュアリティでストレス管理

2019年1月17日

近年、スピリチュアリティがストレスの管理に役立つということを様々な研究が示しています。多くの人が、スピリチュアリティと聞くと宗教を連想するようですが、宗教的でなくてもスピリチュアリティを持つことはできます。また、スピリチュアリティと宗教性の両方を保有することも可能です。

このような意味で、宗教というのは、自分たちよりも高貴な力に対して、団体として共有する信仰や行いです。一方で、スピリチュアリティーとは魂との個人的な関係です。多くの場合、この「魂」は神などの高貴な力を意味します。あるいは、人間と形状学的現実のつながりでもあり得ます。

だから、霊的にいることなく宗教的にいることも、宗教的でなく霊的でいることも可能です。宗教に関係なく、スピリチュアリティーを実践する人もいます。

スピリチュアリティーは、大脳皮質を厚くして鬱から守ってくれるとする研究もあります。2014年のコロンビア大学の研究では、定期的に瞑想や霊的・宗教的行いをすることで、大脳皮質の一部が厚くなることを発見しています。このような活動が鬱から守ってくれるのもうなずけますね。

階段
スピリチュアリティーを実践することでストレスを管理

霊的な人は、様々な方法でスピリチュアリティーを表現します。例えば、祈ったり、宗教的な会合に出たり、自分の信念を共有する人と会ったり、瞑想したり、自然、音楽、芸術に思いをはせたりします。

例えば、宗教的な人は祈りを神とつながるための方法と考えています。祈ることで、落ち着き、安心感を得て、地に足がつきます。これによってストレスを軽減することが可能です。瞑想も同じようなメリットがあります。例えば、血圧を下げて、免疫システムを向上させます。さらに、ストレス制御もできます。

祈りと瞑想は、内面的な平安をもたらす。

霊的な人は、感謝をして、その感謝を表現することができます。感謝によって、ストレスが軽減されます。

ストレス制御に効くスピリチュアリティー

スピリチュアリティーは、様々な方法でストレスに対処する助けになります。平安の感覚を生み出します。それに、自分の精神的・肉体的状態との繋がりを再構築できます。

私たちは、たくさんの時間を仕事に費やし、次から次へとアクティビティーをこなします。時に、同時に様々な行為を行うこともあります。また、他人の話を聞いたり、自分の精神が様々な思考でいっぱいになった時に自分の気を紛らわすのに多くの時間を費やすこともあります。

スピリチュアリティーを実践することで、毎日の混沌の中で息をつく時間を見つけることができます。瞑想、祈り、自分の周りで起こっていることへの感謝の時間を過ごすことは、現実の理解を助けてくれます。

手

スピリチュアリティーは、不確定感を制御する助けにもなってくれます。すべてをコントロールしようとすることは、いらだちの源になります。単純に不可能だからです。だから、自分自身を開放することで、少しだけ楽になります。

また、スピリチュアリティーは、ポジティブなことやネガティブな出来事の感じ方を格段に改善してくれます。表面的に経験して、被害者意識を感じたり自分を責める代わりに、自分の置かれた状況から学ぶようになります。

スピリチュアリティーがつながりの感覚を改善してくれることも否めません。大きなものの一部であるかのように感じられることで、悲しさや孤独が和らぎます。最もストレスの大きな状況も、自分が一人ではないと思えば、より小さく簡単に処理できるように感じられるかもしれません。

スピリチュアリティーによって目的の感覚を得る

霊的な活動から得られるつながりの感覚と意味の感覚で、自分の先を見ることができます。さらに、これによってコミュニティーや宇宙に対する自分の責任感が現れます。

これによって可能になる見方の変化のお陰で、スピリチュアリティーはストレスを制御する助けになります。霊的な行いによって、越えられないと思っていた障害をもっと対応可能な挑戦に変えることができます。スピリチュアリティーによって、人生におけるより重要なものに集中することもできます。