スモーリー博士と瞑想による遺伝子の変化

27 7月, 2020
瞑想によって遺伝子を変化させることは可能だということが証明されています。最終的な結論を出し健康に対する効果を定めるのにはまだ早いですが、重要な進歩がみられているのです。
 

スーザン・リー・スモーリー博士は、瞑想により遺伝子を変化させることは可能であると主張します。これを主張しているのは、実は彼女だけではありません。スモーリー博士は、この分野にまつわる幅広い知識を持つ重要な人物の一人なのです。

スモーリー博士は遺伝医学博士号を持つ人類学者です。マインドフルネス・アウェアネス・リサーチ・センター(MARC)の施設長で、瞑想による遺伝子の変化について語った第一人者でもあります。研究により、瞑想を行う人の少なくとも15の遺伝子で変化が見られたと彼女は言います。

新たな経験により、脳が変化する力である神経可塑性は、遺伝子レベルで影響を受けるとスモーリー博士は訴えます。また、瞑想による遺伝子の変化において興味深いのは、自発的な経験を通し、深い修正を自己誘発するところです。

予備調査

少し前まで、個人が生まれつきもっている遺伝子情報は、変えることができないと考えられていました。これは出生の時から決められた最終的なプログラミングであると考えていたのです。しかし時間とともにこの認識は改められてきました。最近では、遺伝子情報は非常に柔軟性が高く、さらにこれはどの年齢にも当てはまることが分かっています。

柔軟性、そして後に瞑想による遺伝子の変化の研究となった調査プロジェクトを手掛けたのは、モントリオールにあるマギル大学のマイケル・ミーニーです。彼とその研究チームは、生後1週間目に母親のケアを充分に受けなかったげっ歯類の脳で遺伝子の変化を認めています。

これにより早期からの慢性的なストレスにつながります。また、この変化があったメスは、自分の子どもにもケア不足な行動をとります。

一方、愛情を持った母親に育てさせると、子どもは正常に成長します。これにより、遺伝子には柔軟性があり、また精神的な経験は遺伝子に変化をもたらすということが証明されました。

瞑想による遺伝子の変化に関する研究

さらに、ウィスコンシン大学マディソン校で行われた瞑想の研究から、非常に衝撃的な結果が得られました。その結果は、瞑想による遺伝子の変化を課題としたパイオニア的研究のひとつで、非常に価値あるものです

この研究では、2つの集団の身体的変化の分析が行われました。一方は瞑想を行い、他方は瞑想とは関係のない静的な活動を行います。

その結果、瞑想を行った人達は、遺伝子RIPK2とCOX2に変化がみられました。これらは炎症のプロセスに関わる遺伝子です。

そして、インスティチュート・オブ・バイオメディカル・リサーチ・バルセロナ(IIBB-CSIC-IDIBAPS)で、明らかに変化を与えた分子の分析が行われました。その記事の主な著者であるPerla Kalimanは、瞑想によるゲノムの後成的な変容を探知したと指摘します。しかしながら、最終的な結論を出すのはまだ早いと彼女は言います。

ストレスと瞑想

慢性的なストレスに関し、専門家は、気分や精神障害に加え、多数の慢性疾患との関連性を指摘します。また、脳や全身の老化もこれと関係します瞑想の効果の中でもっとも証明されているもののひとつが、ストレスの解消です

研究によると、ストレスにより遺伝子に後成的な変化が起こり、また、瞑想によりこれを逆行させることが可能であると仮定できると言います。

また、スモーリー博士は、「集中している」状態の人は、前頭葉がより活発になり、静けさの感覚に影響を与えると主張します。そしてこれを続けると、ストレスの遺伝子パターンが変化します。

 

さらに遺伝子の後成的な変化は、遺伝要因を「鎮める」ことができるということを知っておくといいでしょう。そのため「運命」は、DNAによって決まるのではないと専門家は結論づけます。

例えば、癌の素因となる遺伝子を持つ人も、遺伝子の後成的な変化により、その遺伝子を「鎮める」ことができる可能性があります。したがって、これらの研究や可能性をもつ結論は、重要なものなのです。

Fitzgerald, P. ¿Puede la meditación cambiar tu cerebro y afectar tus genes?