体重を減らす7つの心理テクニック

体重を減らす7つの心理テクニック

最後の更新: 18 1月, 2018

体重は多くの人にとって悩みの種でしょう。本来そうあるべきではありませんが、実際、私達の社会は見た目を重要視し、それを個人の価値というものに変えてしまいました。しかし、魅力的かそうでないかというだけで、この人は誰かより優れている、劣っていると決めつけることは出来ません。

この美の基準や他人から受け入れられなければいけないという先入観は、理想の体型を持ちたいが為に陥る食欲不振や過食症などの多くの心理的障害の原因となっています。

「一つ注意すべき側面は、理想的な見た目に固執したり、体重の増加に執着するのは良い方法ではないですが、あなたの体を気にしなかったり、手入れを怠るのも良い事ではないのということです。」

肥満の後ろにはいつも感情が隠れています。あるケースで、人は食べ物を精神的な絆創膏として使うことがあります。どうやって解決すれば良いかわからない問題をそれでカバーするのです。

奇跡のダイエットなんてものは忘れましょう。それらの多くは最終的に嘘に変わります。このようなものにあなたはお金を無駄遣いし、思っていた結果が出なかった際にやる気を奪います。また、あなたの健康に対し危険なものにも成り得ます。

体重を落とす唯一の方法は、プロによって作られたその人だけの食生活と一緒に、健康的なエクササイズを行う事です。それが一番シンプルで、一番難しい解決策です。もっとこの方法について知りたいですか?心理学がその手助けをしてくれます。

ジョギングする女性

心理的観点から見たダイエット

心理学とは自分をコントロールするテクニックを提供する決まりのようなものです。肥満は衝動的な食べ物への執着や十分な運動をしなかった結果であり、人が体重の増加に気づくとやる気を失い、衝動に身を任せてしまう事はよくあります。

このサイクルを壊すには、まず、行動を起こす準備をすることです。自分は本当に変わりたいという気持ちを明確にし、全ての活力をそれに向ける準備をするのです。それは簡単なことではありませんが、その目標が達成できた時を想像してみましょう。

小さい食器を使う

私達は基本的にお皿が空になるまで食べてしまいます。それは単純に食べ物がそこにあるからで、もう空腹でなくても食べてしまうのです。もし痩せたいのであれば、今使っている食器を片づけて、小さい食器を使いましょう。そうする事で、自分自身に適量の食事を用意することが出来るのです。

もちろん、おかわりしてしまえば一緒ですが、キッチンへ戻り、またお皿に入れて、また食べるという一連の行動は、食べ過ぎていると考えに繋がるのです。

買い物に行くときは空腹時を避ける

空腹時に買い物へ行くと、あなたはおそらくカロリーの高いチョコレートやお菓子などを買うことになるでしょう。食後、又は、おなかが空いていない時を狙って買い物に行くと、あなたの胃ではなく、脳が買い物を手伝ってくれます。同様に、家でもこのような食べ物を避ける事が出来れば、その誘惑に抵抗する事が簡単になります。

買い物する女性

低カロリーのみの食生活はしない

もちろん高カロリーの食事は勧められていませんが、あなたに満腹感を与えない低カロリーの食生活も良いアイデアではありません。食事を終えた後にまだ空腹感があると、後で高カロリーの食べ物を欲してしまうのです。空腹を避けつつ、健康的な食事を摂りましょう。

感情の抵抗力

人はよくネガティブな感情を覆う為に食べ物で解決します。嫌な気持ちになる度に、冷蔵庫やキッチンへ行き、食べてしまうのです。食べる事で、嫌な感情は沈む、良い気分に感じるのです。問題は、一時的に気分が良くなった後、今度は罪悪感を感じ始めるのです。

あなたは感情をコントロールし、感情はあなたの一部だと受け入れる事を学ばなければいけません。そして、罪悪感によってそこから逃げないよう努力をするのです。

食事を1日6回に分ける

このアイデアは空腹感を避ける為にあります。低カロリーの食生活が良くないように、1日に数回しか食事をとらないのも良い方法ではありません。食事との間に軽いものを挟むことは良い事なのです。食事を6回に分けることで、空腹時の感情と誘惑された時の感情のギャップを無くすのです。

特定の食べ物を禁止しない

禁止した食べ物は全て欲望へと変わります。どんな食べ物でも禁止するのはやめましょう。これはどんな食べ物でも好きな時に食べていいという自由なルールではありません。しかし、最低1週間に1回は自分を甘やかしてください。そうすることにより、その欲望は頭から離れ、誘惑される事も無くなるのです。

食べ物について合理的に考える

あなたの脳や舌が喜ぶ食べ物は大抵健康的ではありません。あなたが選んだ食べ物について合理的な対話を自分の中で行う事は良い戦略です。

食べ物について考える女性

例えば、もしソーセージのサンドイッチが食べたい時、自分に「これは不健康な食べ物で、質の悪い肉を砂糖と混ぜて加工したものだ。そして、これは一時的な喜びしか私に与えない。」と話してみましょう。それでもあなたは食べたいと思いますか?

これらの方法に伴い、日々の運動や水分補給、良い人達に囲まれる事、挑戦する事、そして、効果のある解決策を見つける事を忘れないでください。もし今回紹介したテクニックを日々の生活で実践することが出来れば、今難しく思っているものは、あなたが気づく前に未来の習慣になっているはずです。