感情は食べ物のように腹部に影響する

05 12月, 2017

感情は、心地良いものと不快なもの両方あり、体が消化しなければならない食物のように機能します。 驚くことではありません。私たちが経験している感情の中には、腐った食べ物のように私たちの胃に影響を与えるものがあります。 私たちが恐怖を感じている時に胃がきゅっと結ばれるように感じたり、恋に落ちた時にちょうちょがお腹の中に飛んでいるように感じることがあります。これらは心と消化器官が慣例していることのいくつかの例です。 しかし、感情が消化器官に与えるの負の影響を抑えたり、最小限に抑えることができるのでしょうか?

“人生は動名詞であり、分詞ではない”

-ホセ・オルテガ・イ・ガセット-

なぜ感情と消化器系はつながっているのか

一般手術と消化器系の専門医であるマリオ・アロンソ・プイグ博士は、感情のせいで胃に影響が起こる理由を、脳の中で最も重要な感情の地図の一つであるライルの島と呼ばれるものが、消化管から情報を回復するためであると説明しています。

空に浮かぶ女性の顔

さらに、消化器系の責任を負い、胃の内部を覆う神経系の部分には、脳のように神経伝達物質が含まれています。 驚くべきことに、この構造は、数億個のニューロンのネットワークで構成されているため、このシステムは脳とは独立した方法で覚えて学習することができます。これらは「第2の脳」として知られています。

私たちの持つ3つの 「脳」

私たちは1つ、2つではなく3つの「脳」を持っています。 私たちが知っている頭にある脳の他に、消化管と心臓に位置する2番目と3番目の脳がそれです。 実際、気分を調節するホルモンであるセロトニンの90%が消化器系で産生されています。

これらの3つの「脳」は一緒に働かなければなりません。 プイグ博士は、3つの内の1つが壊れると、物理的なレベルで有害な影響が現れ、私たちに知らせると言います。

消化管の場合には、過敏性腸症候群、痙攣、消化器系疾患などの障害を患います。残念なことに、医学的見地からは、これらの患者が得られる助けの手段は限られています。しかし、感情面での解決策があるのです

不安を取り除く

人が不安のレベルを減らしたり、より多くの希望をもって人生を見ることができれば、消化器系は私たちの頭の中の脳と自然に同期することができます。

作り笑いでも、練習して笑ってみよう!

とても簡単なこと – ある意味単純すぎるかもしれないこと – それは笑顔です。笑顔には、不安の道を変える能力があります。なぜなら脳にすべてがうまくいっているというメッセージを送るからです。

達成するのは最初難しいと感じるかもしれません。しかし不快な状況で笑顔を創ることができれば、脳は受け取ったメッセージに適応することを義務付けられているように感じます。

デュシェンヌスマイル(Duchenne) – つまり、不本意の、または自発的な笑顔 – は、実際の笑顔と同じ効果を脳内に持っていると言われる「正真正銘の笑顔」です。 私たちが褒め言葉や良い知らせを受けたかのようなものなのです。

ピエロの口

毒性のある感情を取り除く

医療機関における相談の60%から90%は、いわゆる「毒性感情」(怒り、不安、悲しみ、怒り、恥、羨望、罪悪感、敵意、嫌悪感)によるものであり、恐怖ホルモンと呼ばれるコルチゾールによって引き起こされます。

人生のポジティブな側面を探すことは、物理的な変化を意味します。 新しい脳組織が形成され、私たち自身を再創造することができ、したがって、継続的な方法でポジティブなものに集中することができます。

感情をためるのをやめて、書き出してください

あなたの否定的な感情をため続けることは、病気をまねくかもしれません。 これは、あなたの否定的な感情に対して行動を開始する非常に良い理由です。

ポジティブ

プイグ博士が推奨する1つの手法は、書面で私たちの感情を反映させることで、その理由は前向きな左の領域、すなわち私たちの積極的な感情の根底に届くからです。

言語で否定的な感情を明確にすることによって、それらは絶対に左前頭前部のゾーンを通過しなければなりません。そうすることで、これが自動的に負の感情の強さを減少させるのです。

怒っているなら、走りに行く

私たちが怒りの感情を持っている時、プイグ博士は走ることを推奨します。走ることによって創出されたオキシトシンとベータエンドフィンが、怒りの反応が起こる扁桃体と視床下部を切り離すからです。

 

つまり、私たちの健康と幸福にとって最良のことは、否定的な感情をためるのをやめることなのです。 このようにして、私たちは消化不良や、胃や腸に関係するその他のより深刻な病気を避けることができます。

怒りを溜め込む前に、ペンをとって、紙の上で言語によって負の感情を表現することは、怒りをためることよりも健康的な選択肢であることを覚えておいてください。