哲学の原点を探る

· 2017年12月27日

ミレトスのタレスは、多くの人によって哲学の父とみなされています。 「水はものの原則であり、要素である」というのが彼の有名な言葉の一つです。ここから、水が彼の考えの中心的な役割を果たすことがわかります。 しかし彼は、哲学の中心にある彼自身の役割についても考えたのでしょうか? 

この哲学の中心地への旅の中で、その起源を探るために様々な思考を巡り、時に暗く時にまぶしい道のりを私は歩んでいくことになります。 幸せ、悲しみ、憎しみ、怒り、思いやり…これは私たちの心と私たちの存在に意味を見出そうとする、人間の心の哲学的な行動です。

「哲学とは、魂が存在するという主題についての黙想的な対話である」

-プラトン-

哲学の起源に関する論争

哲学的思考の起源を求めることは決して簡単なことではありません。 実際、これは歴史の中で多数の論争につながった問題なのです。 さらに、ギリシア人はミレトスのタレスを紀元前7世紀の最初の哲学者とみなしましたが、なぜそうなったかはあまり明確でありませんでした。

哲学者の像

当初、ギリシャ人は哲学を合理的な考え方と捉えていました。 このように考えれば、超自然的要素に目を向ける必要はなかったからです。 彼らはまた、矛盾を単純に排除することを評価し、常に論理を主要な要素として提案してきました。

ギリシア語の哲学の定義を見る時、ミレトスのタレスは歴史の中で最初の思想家であったと言えるのでしょうか? タレスの前にも偉大な思想家がいたが、彼らの教訓がタレスの時代にまで到達しなかったという可能性はないでしょうか。タレスの前に別の人物がいた可能性はゼロなのでしょうか。

哲学の起源についての仮説

今日、哲学の本当の起源については、2つの考え方があります。 ある人はオリエントの転換点に起源があると信じています。また他の人はそれが古代ギリシャにあると考えています。

オリエントにみる哲学の起源

オリエンタル思想を支持する派は、ギリシア人が哲学の発信者であることを立証しました。 この思想家グループは、最初のギリシャの哲学者がバビロニアとエジプトに旅行し、数学と天文学を学び、後に彼らの文化に広がったといいます。

このような科学は、皇帝時代にアレクサンドリアの哲学者によって支持されました。しかしギリシャの思想に公然と反対していたので、それがあまり信じられていなかったように感じるのです。

キリスト教の弁解者もこの理論を支持しようとしました。しかし最終的には、欧米の学科が対立の目的のため、作成された仮説を破棄しました。

しかし、歴史的研究の大多数は、バビロニア天文学が一般に占星術と占いに分けられる可能性があることを示しています。同時に、エジプトの数学は抽象化に必要なレベルが欠けていたのです。なのでそれは決して土地を測定する実践的な目的を超えたことはないのです。

ギリシャの哲学の起源

ほとんどの20世紀に生まれた現代思想派は、哲学の起源がギリシャの世界にあることを証明しています。 実際、これを目の当たりにするように、様々な有名人がいます。

J.バーネットによる哲学の起源

バーネットは、哲学がギリシャ人の天才の賜物として根本的に現れていると信じています。 彼はこれを「ギリシャの奇跡」と呼んでいます。彼にとって、前例と推測要素はすべて消去されているのです。 彼にとってそれは単に非常に才能のある文明だったのです。

読み途中の本

F.M.コーンフォードによる哲学の起源

コーンフォードは哲学の誕生を宗教的思想に置き換えます。このような信念に関する神話のすべては、実際に合理的な推測に適応した世界を表しています。

J.P.ヴァーナントによる哲学の起源

ヴァーナントにとっては、合理性が基本要素です。聖職者階級の欠如、知恵の存在、自由の探求、執筆、そして知識の必要性が常に優勢だったことが哲学の誕生につながったといいます。

「希望はすべての人に共通する唯一の良いものです。 何も持っていない人もまだ希望を持っている」– ミレトスのタレス-

人類文明は何千年も前から始まっています。そのため哲学の真の中心を確立することは複雑な作業です。 記述の証拠が欠如していることが、この哲学の起源を探すことをとても困難にする一方で、すばらしい刺激的なものにもしてくれます。 どのような場合でも、理由と思考は、起源、世界、真実を探求する上で基本的なものだということを教えてくれます。