突然の別れから学ぶこと5つ

2019年4月7日

恋人との別れは、心が痛いものです。特に一方が相手を深く思っていた場合、より辛くなります。愛は人生に多くの美をもたらしますが、苦悩ももたらします。これはコインの裏と表のようです。ひとつだけを手にすることはできず、また、その対応法を知らなければ、あなたは内側から砕けてしまいます。

しかし、中には愛や人間関係、愛着の強さに関する非常識で不合理な信念を捨てられる人もいます。その信念とは、大抵の場合私達の文化や慣習によりできたものです。また、このような信念に、愛は苦悩ももたらすという考えを受け入れるスペースはありません。結局、ブッダが「無知が心理的苦悩の根源だ」と言ったことの現れです。

多くの思想家や精神の専門家は、正しく考えること、気分を落ち込ませないことの重要性を研究し、強調しています。人間関係の世界についても同じことが言えます。私達は愛について無知なのでしょうか?確信を持っては言えませんが、そうかもしれません。はっきり言えることは、私達は、愛や人間関係に関することを学び、うまく対応できるようになる必要があるということです。これについて、詳しく見ていきましょう。

 

愛に苦しむ

人は、愛に苦しみすぎているというのは、悲しい真実です。相手がどんなに完璧か口にする人もいますが、心の奥底では疑問をもっています。二人の未来について小さな恐怖を抱えています。

泣く女性

自分とは合わない人と付き合った、あまり欲求がない関係、突然の別れを経験した人は多いでしょう。愛はとても敏感なものです。愛ほど美しく、人生に不可欠なものはありません。誰かを愛さないことは、生きていないことだと言う人もいるほどです。

そのため、突然の別れがおとずれた時、計画が地平線の上で消えてしまったような感覚に陥ります。死んでしまいたいと考えます。絶望と不信に襲われます。混乱し、麻痺したように感じます。空虚感が押し寄せます。

 

愛の合理化?

愛を「理解する」のは不可能だと言う人がいます。ロマンスに論理はなく、感じて、楽しむものです。真実は、真実なのです。感傷的な態度は、ただあどけないだけでなく、危なくもあります。

人間関係に関してつくられた非合理的で、非現実的な信念が「恋の病」の一因です。愛に関する間違った考えが、人間関係に苦しむ大きな原因となっています。

愛を合理化すべきでしょうか?答えはイエスですが、私達の酔いを覚ますだけで十分です。愛はただ楽しめるものではありません。愛をあなたの信念や価値観に取り入れる必要があります。あなたがそれを構成、調整し、親しくなり、あなたの神経との距離を縮めなければなりません。羽の落とし方ではなく、飛び方を教えるのです。

 

突然の別れから学ぶこと

愛を「理解」できれば、当然、別れを「理解」できるでしょう。別れの原因はたくさんあります。別れが迫っていると分かっていれば、心の準備ができます。しかしそれが突然の場合、どうでしょう?

人生でおこる最もつらいことの一つではないでしょうか。それでも、起こることすべてに、何か学ぶことがあるはずです。突然の別れから大切なことを学び、自分を成長させましょう。例えば、次のようなことがあります:

永遠に続くものはない

とてもシンプルな真実です。人生における事実です。すべてに始まりと終わりがあります。終わりが早く来るものと、終わりまで長くかかるものがありますが、すべてにいつか終わりが来るものです。欲望の消失、異なる目標、コミュニケーションの問題などが別れの原因になりえます。もちろん、一生一緒にいるカップルも中にはいます。それでも、どちらかが亡くなれば、魔法も終わりです。これは避けられない事実です。

突然の別れ

すべてをコントロールすることはできない

相手との間に起こるすべての物事をコントロールしようとする人がいます。いつも気を付けていれば、別れは避けられると思っているようです。しかし、そうはいかないのです。どんなに強く思っても、変えられないことがあります。相手が別れたいと思えば、あなたが何をしようと、相手は去っていくのです。

パートナーがいなくても生きられる

パートナーのいない生活は、パートナーのいる生活と同じように、選択肢としてあるだけです。どちらも有効な選択肢です。どちらも良い所と悪い所があります。パートナーがいることの良い点は皆さんご存知でしょう。最後に、パートナーがいないということは、愛を永遠に拒絶するということではありません。

「愛には、様々な方法がある。あなたの健康は、誰かにゆだねるべきではない」

人生は予測不可能(思っているほど予測できない)

これは、コントロールしようとする感覚に関係しています。突然の別れを迎えた時、人生のすべてを予測することは不可能だと気づきます。将来の計画を立てることはでき、また、立てるべきですが、予測不可能なことが起こることも忘れてはなりません

心で思っているほど、悪いことはない

物事を客観的に見ることはとても良いことです。突然の別れはそんなに悪いことでしょうか?人生で本当に悪いこととは何でしょう?パートナーがあなたの元を去ることは、それほど悪いことではありません。悪いことと言えば、病気の末期、戦争、愛する人の死です。これらは、悪いことと呼べるでしょう。

パートナーがあなたの元を去ると、人生の意味を失ったような気になるかもしれません。底のない井戸にはまり、このまま前へ進めないのではないかと心配するでしょう。はじめは、本当にそのように感じるかもしれません。それでも、少しずつ状況は回復し、一番上まで這い上がれると約束できます。