人間の成長に関するアインシュタインの名言5選

2018年8月10日 in 好奇心 0 シェア済み
アインシュタイン

皆さん、もちろんアルベルト・アインシュタインをご存知ですよね。20世紀でもっとも偉大な科学者です。相対性理論で有名な彼ですが、実は人の成長に関する数々の名言を残したことを知っていますか?この記事では、私たちにインスピレーションを与えてくれるアインシュタインの名言をいくつかご紹介します。

科学者として大きな成功を収めたアインシュタインは(ひょっとしたら、半分作り話かもしれませんが)、子供の頃はあまり成績の良い学生ではなかったようです。彼は自分を表現したり、他人の気持ちを理解したりするのが苦手な人でした。言語の発達も遅く、3歳まで言葉を発さなかったそうです。そして思春期に入り、彼を取り巻く環境はさらに悪化することとなります。

例えば、アインシュタインは高校でもあまり他の学生に馴染めなかったようです。当時の彼を知る人たちは、ジョセフ・デゲンハート教授が彼に「君にはろくな人生が待っていないだろう」と言うのを聞いたと証言しています。それにも関わらず、アインシュタインはやる気を失わずに、相対性理論の発見という素晴らしい功績を残しました。彼の理論には多くの人物が反駁しようとしましたが、現在でも物理の基本的な理論として使われています。

ここからは、そんなアルベルト・アインシュタインが残した、おそらく彼自身を励ます意味もあったであろう、人の成長に関する名言をご紹介します。

「生き物はみな天才だ。しかし、魚を木登りで評価したら、魚は自分がバカだと思い込んで一生を過ごすことになる。」

アルベルト・アインシュタイン

二通りの生き方

「私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。」
シェアする

この言葉は、人生に対する姿勢を考え直させてくれます。あなたは、周囲で起こる様々な出来事の被害者のように自分を捉えていませんか?自分には人に影響を与えることはできないと決めつけていませんか?ときに私たちは、物事をネガティブに捉えてしまい、その後ろに隠れている可能性を見失っていることがあります。

現代社会は、私たちの目を霧で曇らせてしまいます。それは、何かが不足しているからではなく、周りにものがありすぎるからです。私たちは、財やサービスを手に入れることで足りないものを補おうとしますが、実際はいつまでも満足することがありません。常に何かが足りない、もっと欲しいと思ってしまうのです。これは、人間誰でもどこかで持ち続けている感覚なのではないでしょうか。

分かれ道

一度、新しい価値観や他人の人生観を受け入れてみましょう。最初から拒否せずに、様々な角度から物事を見る努力をしましょう。そうすることで、ものの見方がいかに将来の方向性を決定づけるかに気づくはずです。

「意識の自動操縦」から抜け出す

「自分自身の目で見て、自分自身の心で感じる人はとても少ない。」
シェアする

私たちは睡眠中、はっきりとした意識のない、いわば「自動操縦」の状態にありますよね。この名言は、私たちが起きているときの意識に関するものです。多くの人は、自分の考え方は先天的なものか、教えられたものであり、その思考・行動パターンが自分の人生の方向性を決定づけると思っていますが、それは正しくありません。

自動操縦状態の思考回路から抜け出すのは簡単ではありません。しかし、座禅や瞑想などを通して正しく訓練すれば、本能や無意識的な行動パターンにコントロールされたロボットのような状態から抜け出すことができます。それにより、自分の内面とより深く繋がることができるのです。

「なりたい自分になるためには、今の自分を手放す覚悟が必要だ。」

アルベルト・アインシュタイン

何もしないことの恐怖

「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待することである。」

アルベルト・アインシュタイン

何度も同じ石に躓いても、何も生まれません。よく人間は自分の習慣や姿勢を変えることなく、何かが変わることを期待してしまうきらいがあります。まるで、何も起きないのは、見えない力が原因であるかのように。ただ運が悪かっただけだ、きっと誰かのせいだ、などと言って現実から目を背ける人も少なくありません。

被害者面をして文句ばかり言うことに慣れてしまっている人もいます。例えば、「今の仕事は向いてないんだけど、新しい仕事が全然見つからない」「嫌なところがある彼氏だけど、いつか変わってくれるはず」などと言って、結局愚痴ばかりこぼしている人たちです。アインシュタインに言わせれば、これは「狂気」なのです。

何かを変えたければ、自分で変えていくしかないのです。居心地の良い「いつも通り」を抜け出して、何か新しいことをしてみましょう。同じことを何度繰り返しても、何も変わることはないのですから。

湖を眺める男性の後ろ姿

失敗とは、諦めてしまうこと

「失敗とは、諦めてしまうことである。」
シェアする

この名言は、私たちが普段当たり前のように見過ごしている「失敗」について考え直させてくれます。失敗から何かを学んだわけですから、そこで降参する必要はないのです。失敗から新しいことを学習することで、人は次に進めるのです。

人間は失敗を「ここで諦めた方がいい」「自分には向いていない」というメッセージのように受け止めてしまいます。もしアインシュタインも同じように考えていたら、今の私たちは彼や彼の後継者たちの恩恵に授かれていないでしょう。つまり本当の失敗とは、自分の努力を過小評価して諦めてしまうことなのです。

「天才とは、1%の才能と、99%の努力である。」

アルベルト・アインシュタイン

考え方を変える力

「我々が創り出した世界は、思考のプロセスである。思考を変えずして世界を変えることはできない。」
シェアする

私たちは、過去の経験というフィルターを通して現実を見ています。そのため、同じ現実でも人によって楽観的、もしくは悲観的に映るのです。自分次第でものの見え方は変わるわけですから、今の状況に文句をつけるのはあまり意味がないことになります。

これを踏まえれば、一方的に与えられただけで、自分で変えることはできないと思っていた物事に対する見方が変わるのではないでしょうか。全ての変化は自分自身から始まります。いつもは使うことのないパワーが、私たちには秘められているのです。

宇宙と女性の顔

何か苦難に直面している人に、とにかく前に進め、と言っても難しいかもしれません。しかし、ここでご紹介したアインシュタインの数々の名言は、きっとそのような人たちの背中を押してくれると思います。ここでもう一度、一つひとつ読み返して、自分の生き方に反映させてみてはいかがでしょうか。より豊かな人生がきっと皆さんを待ち受けていますよ。

あなたへおすすめ