あなたが忘れられなくても私は気にしない:別れた理由

· 2018年4月21日

あなたが私を思っていても私には別れる理由があって、これ以上悩むことは出来ません。私がドアを閉めた時、不公平な愛の物語を捨てました。それは決して感謝の無かった関係で、私が幸せになろうとしているのを妨げた関係なのです。

あなたの仮面を壊さないように動かそうとしたとき、破片になって私の上に降りかかりました。なぜなら、私はあなたのエゴの後ろで誰かがあなたを傷つけていると思っていたからです。挑戦するたびに私は汚れました。それは果たされなかった約束を全て思い出させました。

あなたが私を思っていることは知っています。でも私は去りました。なぜならそれが長すぎると感じてしまったからです。あなたの欲求を満たすだけだったこの恋は間違っていました。それはゲームのようなもので、私はプレイすることさえも出来ず負けてばかりでした。そのゲームは「私達」のものだと思っていたのに。

あなたを傷つけないようにドアを閉めました。私は立ち上がらなければいけなかったのです。そして、あなたが理解していないゲームの道具になることを辞めたのです。ドアを閉めたのでもう私には関係ありません。

別れへの間違った幻想

閉ざされた扉の向こうには、希望が隠されています。しかしそれは、相手がついに「目を覚まして」、当たり前だと考えていたことに気が付いてそれを悔やむ、という私たちの願いを裏切ります。

このような行為は私達の自尊心や自己愛を妨害します。私達は自分の100%を彼らに与え、彼らの疑念と不満を我慢してしまいます。

別れた後に相手があなたの必要性に気付いた時は勝利を感じます。しかし、相手が悔やんでいるのを知ることは本当の勝利ではありません。本当の勝利はあなたの全てを与え、何も得られなかった時に永遠にそのドアを閉ざすことです。

一方、その関係に終わりの無いセカンドチャンスを与えたり、相手が変わるかもしれないと期待する事に勝利はありません。永遠の別れを告げることは冷たい行為ではありません。これは自尊心なのです。

切れそうなロープ

私達は自分がそれに値しないかのように、相手のためなら自分の心の平穏を無視することがあります。遅すぎる「ごめん」何も変えることなく、自分の内面が侵食されるまでそれを続けます。

変化の無い「よりを戻そう」という言葉にYESと答えるのは、ロシアンルーレットのような関係にYESと言っているようなものです。

愛は尊厳の放棄を意味するものではない

「私が知っている愛と結婚を真実のものにするルールがあります。もしあなたが相手を尊敬しなければ、あなたは多くの問題を抱えるでしょう。もしあなたが妥協する方法を知らなければ、多くの問題を抱えるでしょう。もしあなたが自分の事を腹を割って話さなければ、あなたは多くの問題を抱えるでしょう。そして、もしあなたが人生の共通の価値観を持っていなければ、多くの問題を抱えるでしょう。価値観は同じでなければいけないのです。」
-ミッチ・アルボム-

羽の船

お互いがお互いの自由を尊重する独立した平和な愛は、搾取と感情的な孤立だけが存在する愛とは違います。それは自由な愛ではなく義務なのです。

ですので、関係を終わらせる時は何があなたをそうさせたのかを考えてみてください。あなたは理由があって決断をします。過去を恋しがらないでください。これからも一番になることのない物語を繰り返さないようにするのです。

もし相手があなたを本当に求めているなら、彼らはもっと前に何か行動を起こすべきでした。あなたが持っている時間は今なのです。