私達みんなに恩恵をくれる宝ー祖父母

2019年5月30日
子供の頃に祖父母と一緒にいることが楽しかった大人は、より効果的で適応性のある社交スキルや感情スキルを発達させることができることが分かっています。これによって、より良い感情的な絆を育むことができ、より健全で幸せな社会生活を送ることができるとされています。

あなたは、祖父母の大切さやその存在が多くの家族に与える影響について立ち止まって考えてみたことはありますか?いつも側にいてくれると思って頼りがちな存在が祖父母です。祖父母が私達に差し伸べてくれる助けはとてもユニークなものです。また、孫や子供に与えてくれる恩恵は、私達の想像をはるかに超えるものでもあります。

祖父母は、家族の中で重要な役割を担っているだけではありません。社会的にも、祖父母の知恵や、彼らのおかげで築き育むことができた絆から恩恵を受けています。この記事では、祖父母が授けてくれる恩恵の全てを見ていきましょう。

「誰しも完全に人間となるには、祖父母と孫の両方に手を差し伸べられる必要がある。」

―マーガレット・ミード―

両親にとっての心理的恩恵

つい最近まで、父親は家の外に働きに出て、母親は家事を行うのが規範でした。最近では、こうした役割は変化しています。父母が共に職場、そして家事にも介入しています。

そのため、今の親が二人して捧げる時間の総合計が、彼らの母親に費やしてもらった時間の合計と同じになることはまず考えにくいでしょう。こうした状況下で、祖父母の多くが手を貸し、両親どちらも不在の場合には孫と一緒にいたりしています。両親は、自分たちの子供がこれ以上となく頼れる人の手にあることから安心するでしょう。

祖父母は親にとっては信頼できる支えとなっている上に、自らの経験からアドバイスをすることもできます。子育ての方法について疑問が沸いた時には特にそうです。加えて、祖父母は家族の生活における日々の困難に共感することができます。最後に、彼らは家族間で起こり得る衝突の仲介役として貴重な役割を果たしてくれることも忘れてはいけません。

「子供の成長にヒーローが必要なように、祖父母は子供の成長のビタミンとして必要なのである。」

―ジョイス・オールストン―

祖父母の恩恵

孫にとっての祖父母の心理的恩恵

孫として、祖父母と一緒にいることを楽しむことができた人は、彼らが自分の人生に遺してくれた一生の思い出があることを知っています。とはいえ、それは主観的な感情というだけではなく、実に客観的な感情でもあります。一方で、祖父母は両親ほどルールをもって厳しく接することはないため、孫と過ごす時間はより楽しさに焦点が当たっています。

そうすることで、祖父母が孫といる時、孫は愛情と時間という、成長を刺激する二つの最も価値ある贈り物を受け取ることができるのです。孫は安心し、自分の話を聞いてもらえていると感じます。と同時に、祖父母は大好きな人であり、自分のことを愛してくれる人と遊びながら、楽しい時間を過ごすことができます。他方で、祖父母と接することで、祖父母の体験に対する尊敬や配慮などの価値を育むことになります。

こうした恩恵は、幼少期が終わっても続きます。子供の頃に祖父母と一緒にいることが楽しかった大人は、より効果的で適応性のある社交スキルや感情スキルを発達させることができることが分かっています。これによって、より良い感情的な絆を育むことができ、より健全で幸せな社会生活を送ることができるとされています。

「もちろん最も満足のいく人生経験は孫になること、あるいは祖父母になることだ。」

―ドナルド・A・ノルバーグ―

祖父母にとっての心理的恩恵

この特別な関係はみなに恩恵を与えるだけではありません。任されている役割のおかげで、祖父母は自分が役に立ち、大切にされ、忙しいと感じることができます。孫と時間を頻繁に過ごす人は、孫と直接接触のない人や孫のいない同年代の人よりも、自尊心が高くなります。

祖父母 恩恵

孫が祖父母といる時のように、祖父母もまた自分は気にかけてもらっていると感じるのです。また、子供は祖父母が若い頃の話に興味を持つことが多いため、祖父母も自分の話を聞いてもらえていると感じます。このようにして、家族のつながりが強化されていきます。

また、それだけでなく、孫との関係は祖父母にとって新しいことを学んだり、新しいテクノロジーを使おうというモチベーションになったりしますこうしたことが祖父母に世の中の出来事についていく姿勢を持たせます。祖父母は家族全員にとってユニークで貴重な宝です。彼らとの時間を楽しみましょう!

画像提供:ロッテ・メイヤー、ウィリアム・スティット、クリスチャン・ニューマン