わたしたちは星屑:輝くために生まれてきた

· 2018年2月25日

自身の著書『宇宙との連帯 -異星人的文明論(原題:The Cosmic Connection)』のなかで、カール・セーガン博士は人間は素晴らしい星屑という名の物質でできている、と説明してます。

わしたちのDNAには、夜空に輝く美しい星を形作っているものと同じ物質が含まれています。わたしたちは輝くようにできているんです。

この詩的な言い回しは、実は70年代から使われ始めました。インスピレーションに溢れた歌『Woodstock』を書いた、歌手のジョニ・ミッチェルです。「星屑のように、金のように輝く」よう人々に促しました。

 

しかし、その後カール・セーガンによってこの考え方に科学的な根拠が与えられました。彼は、わたしたちの体内のなかの細胞、小さな粒子にいたるまで、すべて宇宙的な歴史があることを証明しました。

「あなたは地球からできているから、謙虚でいなさい。星からできているから、気高くありなさい。」
-セルビアのことわざ-

とても壮大な考え方です。とてもワクワクする考えでもあります。毎年、さらなる研究がこれを証明し続けています。アリゾナ大学のクリス・インペイ氏は、2010年に炭素を含むすべての有機物はかなり古い時代の星によって作り出されたと明かしています。

それに、地球上の基礎要素のすべてが同じ起源をもつとしたら、わたしたちの体の97%はこの古代の星からの物質でできていると仮定できます。

すばらしいことですね。わたしたちは輝くようにできているのです。世界を照らすように。しかし、わたしたちは輝くことを忘れてしまったのでしょうか?わたしたちが星でできているなら、もっと幸せなはずではないでしょうか?

手のひらの中の宇宙

わたしたちは星屑だけど、暗闇に生きることもある

夜が深まるほど、星はより明るく輝くように見えます。時々夜の空を見上げ、無限とそこにあるインスピレーションに思いをはせます。

 

サイクル、動き、静かな音楽、宇宙的な美しさを備えた星たちは、人類にとってのよりどころです。農業から、科学、スピリチュアリティーまですべてそうです。

しかし、本当の魔法はここにあります。わたしたちは、星は遠くにあり自分たちより優れたものとみるように自分自身を制限しています。わたしたちは、同じ大きな全体の一部であることを理解するべきです。わたしたちの存在のすべてのかけらに、 星の物質が含まれているのです。

そう考えることは簡単ではないですよね。もちろんです。人として、わたしたちは暗闇の中を航海しがちです。永久的な不幸の沼、自己愛の種がこれ以上成長しない砂漠です。

これは難しい事実です。人類の暗い側面のシンプルな例として、最近巷を賑わせているうんざりするようなゲームがあります。『青い鯨』と呼ばれるものです。

この病的なゲームは、ロシアのSNSVKontakteから2013年に発祥しました。50の課題を順にこなしていくシステムで、今では世界中に広がっています。

様々な複雑な理由で、これらのテストはたくさんの十代の若者を引き付けています。このゲームによって、自己破壊、自傷行為、ゆっくりと破壊の道をたどっている若者がたくさんいます。最終的に、勇敢な行為だとされる自殺をすることでゲームに勝つまでです。

くじらとつき

このサディスティックなゲームのクリエーターは、たった21歳のPhilipp Budeikinです。彼によれば、「社会に何の価値もない生物のゴミのような奴らがたくさんいる」から、このバーチャルチャレンジを作り上げたそうです。

ロシアの心理学者たちは、彼と彼の信者は、根の深い部分でイデオロギー的な部分とサイコパス的な部分の間を変動しているとみています。最も重要かつ心配なのは、どれだけの人がテクノロジーを通じて影響を受けたかということです。コンピューターや携帯電話などの機器です。

希望もなく生きている、若い精神、壊れやすいこころを持った人たちがいます。エネルギーも、人生に必要な光も、自尊心もありません。

自分のため他人のため、輝きましょう

自分の人生の最も幸せな瞬間を考えて、その記憶を楽しんでください。見知らぬ人に笑いかけてください。自分の好きな音楽のプレイリストを作ってみてください。フルーツを食べてみてください。歌の歌詞のように話してみて下さい。想像上の動物を書いてみてください。形のある雲を探してみてください。新しい友達を探してみてください。

「我々は星に思いをはせる星屑だ。」
-カール・セーガン-

このようなアイディアも同じようなチャレンジゲームです。「ピンクの鯨」ゲームと呼ばれています。世界中の若者のために50のタスクが用意されています。

ポジティブになり、青い鯨にとってかわる対抗策を若者にもたらしてくれます。現在、290,000のフォロワーを誇り、何千人もの若者が最後のタスクを終えています。その最後のタスクとは、命を救うことです((いじめのターゲットになっているクラスメートを助けるなど)。すばらしいことですよね。

星を集める少女

わたしたちの多くは希望を持っています。わたしたちの多くは他人を助けたいを思っています。時々輝き方を忘れてしまうけど、いつも輝き方を思い出させてくれる誰かがいます。

他の人の魂に触れ、わたしたちの宇宙がどれだけ美しく大きいかを見せられるほど素晴らしいことはありません。

絵:Little Oil