私たちが使うべきでない5つの表現

· 2018年3月31日

表現の中には憎悪のために作られたものがあります。これらは、怒りの瞬間や何かを破壊しようとする際に、ほぼいつも使われる言葉や表現です。


問題は、大抵の場合その目的を達成してしまうことです。このような言葉は人々を傷つけ、破壊します。 そしてこのような発言をする人は、ほとんどの場合、権威について誤った感覚を持つ人です。

どんなに大きな意見の相違があっても、決して使うべきではない表現があります。 なぜでしょう?なぜなら、これらの言葉は暴力的なメッセージだからです。

通常の意見の相違や衝突から生まれた攻撃性について話しているわけではありません。私たちが話しているのは、さらなる暴力と破壊生み出すだけの攻撃です。

「3時間の喧嘩で何かを達成することは可能である。しかし、同じことが愛情でいっぱいの言葉なら3つで達成できただろう。」
-孔子-

あなたがこのような表現を使うと思う場合は、その動機が何なのか良く考えてみることが大切です。その裏にはただの怒り以上の何かがあるはずです。

馬鹿…とその同義語

「ばか」、「愚か」、「のろま」など、何百万とある同義語を使うのを止めるのは一仕事かもしれません。

リラックスした、冗談の文脈を除けば、これらの言葉は侮辱です。怒って、または軽蔑的なトーンで使う場合は特にそうです。

キルトの服を着たパイプを吸う男性

それは人の本質に対する攻撃です。それらは他人の精神的能力を認めるもしくは、失格としようとする行為です。そのため、これらのラベルは批判と呼べる範囲を大きく超えています。

負け犬

これは最も広く使われている表現の1つです。 特に映画で「負け犬」という言葉が侮辱として頻繁に使用され始めてからです。競争の激しい消費者主義社会では、成功という言葉には明確な枠があり、非常に狭い意味を持っています。

オープンな視点を持つことは、この表現がめったに意味をなさないことを認識するのに役立ちます。何かを得ることもあれば失うこともあるからです。誰も普遍的に成功していないように、誰も絶対に敗者ではないからです。

しかし、これらの種類のレッテルを他の人に貼ることは、非常に特殊な目的を持っています。 それは、その人の人間的・社会的価値を剥ぎ取るようなラベルを貼ることです。

役立たず

この種の表現は、権力の立場から表現すると真に暴力的になります。例えば父親、先生、政治家などが発したときです。

これらは、この表現が最大の破壊力を発揮する条件です。 しかし、どのような状況においても、人がこれらの言葉を他人に使うのは嘆かわしいことです。

男性にたかるカエル

誰かを「役に立たない」と認定することは、彼らのすべての行動を疑うことを意味します。それは絶対的なレッテルです。それは、その人について普遍的な何かを言おうとしているのです。

そして、この表現は人々を破壊し、彼らを価値のある人間のカテゴリから消滅させることを意味します。 この言葉を別の人に使う建設的な方法はありません。

あなたには無理

これも、決定的な表現の別の例です。深く攻撃的なだけでなく、全くの嘘です。誰かが何かをすることができない、と予言できる水晶玉を持っている人などいるのでしょうか?

この世の歴史は「できない」と人々に言われ続けてそれを覆した人であふれています。

私たちが知らないことは、どれくらいの試みがこれらの言葉によって妨げられたかということです。 人間は絶えず変化しており、私たちの生活はダイナミックなものであるはずです。

今日できないことが、明日はとても簡単になるかもしれません。 一方で、そんなはずがないと他の人に言う権利は誰にもありません。

それは直接的な侮辱でないがために、最も酷い表現の1つです。 誰かが「奇妙」というのは、一体何と比較してなのでしょう?

誰かを「異なる」ものとして定義するために使用している枠組みは何ですか? また、「奇妙」がとても悪いのはなぜですか?奇妙だと何が問題なのでしょう?

女王の顔と蓄音機から飛び出る傘

これらの種類の表現は、人間の尊厳を奪い取ろうとします。 「奇妙」であることは、実際には美徳です。 珍しいものは日常よりも貴重なものではありませんか? だから問題はその人が変わっていることではありません。

人々はこれらの言葉を使用して他人をマークしたり除外したりします。他の人に蚊帳の外にいるように感じさせたりするのです。

もしあなたが制御不能な怒りを抱えるているなら、何が起きているのか理解する必要があります。 言葉は、いったん発せられると取り戻すことができないことを忘れないでください。 そして、そのダメージを修復することは、不可能になることもあるのです。

破壊的な表現は、さらに深刻な衝突を招く可能性があり、解決することはさらに困難なのです。