ヴィルヘルム・ライヒと性的関心に対するアプローチ

2019年4月6日
ヴィルヘルム・ライヒは、従来の精神分析法は効果的ではないと考えていました。そのため、彼は自身の患者を違った方法で治療していました。抑圧が凝縮していると彼が考えていた、随意筋への刺激を通じた治療です。この理論は、生体エネルギー学の基礎です。

ヴィルヘルム・ライヒは、精神分析においては非常に重要な人物です。さらに、彼は生体エネルギー学の前駆者と考えられていました。ライヒは、研究者であり作家です。考えを議論することを好みました。 性に関する理論と社会主義革命の関連を常に確立していた、マルクス主義者です。

ヴィルヘルム・ライヒの説を正当だとする人もいますが、ライヒを精神の錯乱した人だと思っている人もいます。ライヒが、様々な段階を経ているためです。非常に知的で、生産的でしたが、他人にとっては風変わりで衝動的な人でした。

しかし、ヴィルヘルム・ライヒは、自分らしさの光で輝いた人物です。性に関する彼のアプローチも、防衛機制について彼が信じていたことも、多くの心理学者及び心理分析学者によって一部研究されています。

「人間の感情と思考の創造を牛耳っているのは、性的なエネルギーである。」

-ヴィルヘルム・ライヒ-

ヴィルヘルム・ライヒ
ヴィルヘルム・ライヒの複雑な生い立ち

ヴィルヘルム・ライヒの子ども時代及び思春期は、トラウマ的なものでした。オーストリア=ハンガリー帝国の小さな村で、1897年の3月に誕生しました。彼の家族は、田舎の出身です。ユダヤ教徒でしたが、あまり敬虔ではありませんでした。大人になって、ライヒは『青春の情熱(原題:Passion of Youth)』を執筆し、自らの人生の初期について語っています。

ヴィルヘルム・ライヒの初めての性的接触は、家の使用人とです。ライヒは、常に父親と母親のけんかを目の当たりにしていました。母親は、若いころ浮気をしています。ライヒが母親の浮気を知った時、怒りを感じて、すべてを父親に話しました。 これによって、大きな家族間の争いに発展します。

浮気に関連した争いと思われることが原因で、ヴィルヘルム・ライヒが14歳の時に、母親が自殺しました。その数年後に父親が他界して、ライヒは兵士になることを決意します。実際、第一次世界大戦に出兵しています。

彼の経済状況はかなり不安定であり、学校に行くために多くを犠牲にしました。しかし、最終的に、医者、神経精神学者、精神分析学者になります。

二人の裸の男性の絵
ヴィルヘルム・ライヒとフロイト

ヴィルヘルム・ライヒとジークムント・フロイトは、1922に年に出会いました。ライヒが学生の頃です。フロイトは、ライヒが素晴らしい人間であると信じていました。ライヒは、精神分析に魅了されます。そして、フロイトの取り巻きのひとりとなりました。

しかし、いくつかのことでフロイトと意見を違えるようになります。まず、人間は性的欲求を抑圧しなくてはいけない、というフロイトの説に納得できませんでした。ライヒは、自由な性的欲求の支持者です。

ライヒは、彼が「オルゴン」と呼んでいた生命のエネルギーのもののような存在を主張していました。この「オルゴン」とは、「オーガズム」と「オーガニズム(生体)」を合わせた言葉です。彼の意見では、エネルギーを自由に発散しないがために、人は問題を起こします。自由連想法という従来の精神分析法を否定し、代わりに筋肉の刺激を通じて人を「解放」する、新しい治療法を提案しました。これは、抑圧が筋肉に蓄積し、そこからそれを解放しなくてはいけないという考えから来ています。

「体の中のエネルギーの流れに門戸を開いたら、世界の流れに門戸を開くことになる。」

-ヴィルヘルム・ライヒ-

ヴィルヘルム・ライヒ研究
当惑させられるような最後

ヴィルヘルム・ライヒは、性格分析と筋肉治療によって名をはせました。最初は、人々は本気で彼の理論を信じていました。彼は、労働階級は性的に抑圧されており、そのために服従的である、と指摘しています。

最終的に、ライヒは精神分析やマルクス主義の枠から除外されました。急進的で厳格であるがために、彼の信者がその理論を拒むようになっていったためです。

30年代後期、彼の本をすべて焼くよう命令したナチスから逃れるために、ライヒは渡米します。アメリカでは、オルゴン・エネルギーを集め、自由に循環させることを助ける機械を開発しました。実際、この機械をアインシュタインに見せますが、使い物にならないと一蹴されてしまいます。 数年後、ライヒがこの機械を売り始めると、人々は彼を詐欺師だとして責め立てました。1956年、牢獄の中で59歳の若さでライヒはこの世を去りました。

「人々が『神』と呼ぶものが存在していることは知っている。しかし、皆が思うような形で存在しているわけではないのだ。神は、根本的な宇宙のエネルギーだ。体の中の愛、品位、自分自身の中と内側の自然の認識だ。」

-ヴィルヘルム・ライヒ-

  • Reich, W., & Moratiel, S. (1993). La revolución sexual: para una estructura de carácter autónoma del hombre. Planeta-De Agostini.