ヴィルヘルム・シュテーケルと精神分析学における彼の観点

· 2019年3月15日
ヴィルヘルム・シュテーケルは、ジークムント・フロイトや精神分析学と変わった関係にありました。多くの重要な精神分析学の概念に携わったにもかかわらず、その学派から追放されることになったのです。

ヴィルヘルム・シュテーケルは、あまり有名な精神分析学者ではありません。精神分析学の基礎を築くのに大きな役割を果たし、多くの重要な概念を生みましたが、彼の仲間の多くとは違い、有名にはなりませんでした。

1868年、シュテーケルは、現ウクライナ、ボイアニーで、貿易の分野で成功を収めていた正統派ユダヤ教の家族の元に誕生しました。シュテーケルは、オーストリア、ウィーンで医学を学び、一般開業医として開業します。しかし、彼の大きな関心は、人の心とセクシャリティでした

彼は、精神病理学的現象に情熱をもち、1895年、「On Coitus in Childhood(子供の性交について)」という本を出版しています。これに、フロイトが注目します。シュテーケルは、直感的で賢く、力強い書き手だとフロイトは考えました。

「何かのために気高く死にたいというのが幼稚な大人の印で、何かのために謙虚に生きたいというのが成熟した大人の印だ」

-ヴィルヘルム・シュテーケル-

 

ヴィルヘルム・シュテーケル、フロイト、精神分析学

シュテーケルは、自分の精神分析が必要だったため、フロイトの元を訪れました。勃起不全だったため、8週間(48回)に渡りフロイトの治療を受けました。この治療では問題そのものは解決しませんでしたが、不安をコントロールする助けとして効果がありました。

彼は、強迫的に自慰行為をし、「Auto-Eroticism: A Psychiatric Study on Onanism and Neurosis(自己エロティシズム:自慰行為と神経症についての精神学的研究)」という本まで書きます。この本は彼の死後に出版されました。セクシャリティに強くひきつけられていたようです。

後に、彼はフロイトの患者から弟子になります。シュテーケルは、フロイトの理論をよく聞き入れます。フロイトが夢判断」を出版した時、シュテーケルは素晴らしい批評を書いています。また、シュテーケルはこの本の重要性を評価した数少ない中の一人で、それにより、フロイトも彼に好意をもち、敬意を払うようになります。

シュテーケルと精神分析学

 

激しい関係

ヴィルヘルム・シュテーケルは、1902年の大きな精神分析学的発見のすべてに関わります。1908年、「Conditions of Nervous Anxiety and Their Treatment(神経的不安症の状態とその治療)」を出版します。また、フロイトはこの本の序文を書き、シュテーケルを友人としています。

しかし、シュテーケルは非常におかしな振舞いをし始め、フロイトの忍耐力を試すほどになります。結局、フロイトはその無礼さと「不作法」に耐えられなくなったのです。

シュテーケルは恥じらうことなく、自慰や彼の症状について話します。これにフロイトは全く同意できませんでした。さらに、ウィーン精神分析学会で、シュテーケルは起こってもいないことの話すらしたのです。フロイトはシュテーケルの精神分析をしていたので、何が真実で、何がそうでないかを分かっていました。

関係が破綻したのは、シュテーケルが名前と運命の関係に関する記事を書いたときです。患者の名前が、彼らの仕事選びや生活のその他の場面にどう影響したかを語りました。フロイトは、患者の名前を出したことを批判しました。それに対しシュテーケルは、これらはすべて自分がでっち上げたものなのだから関係ない、と返答しています

 

シュテーケルの追放

その後、フロイトは、職業的、個人的な輪からシュテーケルを追放することにしました。さらに、シュテーケルは「絶対的な不作法者だ」という手紙をフロイトはカール・ユングに送っています。

フロイトは、シュテーケルにウィーン精神分析学会誌の主任を辞めるように言いますが、それを拒みます。しかし、フロイトはシュテーケルの同僚に距離を置くよう仕向けます。これが、彼らの関係の終わりの印となりました。

シュテーケルは自伝で、フロイトは自分のアイデアを多く盗んだと言っています。中でも特に、死の欲動と不安の概念は彼のもので、フロイトがそれを盗用したのだと主張しました。

精神分析学の議論好きなその他の人物と異なり、ヴィルヘルム・シュテーケルは新たな学派を始めようとはしませんでした。彼は、フロイトの精神分析学の基本理念に忠実でした。2度結婚し、2人の子どもをもうけましたが、1940年、自ら命を絶ちました。

https://lamenteesmaravillosa.com/wilhelm-stekel-y-su-perspectiva-del-psicoanalisis/