予防原則とは?

2019年11月5日
予防原則の主な目的は、適正手続きの最終結果を保証することです。

予防原則は司法プロセスの一部です。これは、プロセス自体を効果的にするという非常に具体的な目的があります。課された文書に有効性を付与する効果があるのです。

主な目的は、さまざまな方法で適正手続きの結果を保証し、発生する可能性のある問題を回避することです。ここでいう予防とは、特定の目的の達成を妨げること、またはそれを妨げる可能性があるものを予測することを意味します。

予防原則

予防原則

予防原則は、法律やポリシーで明示的に言及されてはいません。国際条約やその他の声明で受け入れられたにもかかわらず、一部の国では法的に実施されていません。

しかし米国では、予防原則の概念に従っているケースが見られます。たとえば、労働安全衛生法(OSHA)では、職場で化学物質が使用されている場合、特に発がん物質リストに載っている場合は予防措置が必要としています。

すべての人は、弁護士を雇い裁判に臨む基本的な権利を持っています。誰でも弁護され、権利と利益を守ることが約束されているのです。

こちらもご参考に:
人権の擁護者エレノア・ルーズベルト

法的根拠

予防原則には、2つの法的根拠があります。ラテン語のフレーズで、“periculum in mora”、“fumus boni iuris”と呼ばれています。

“periculum in mora”は、法的危害を意味します。法的紛争を解決するのにかなりの時間がかかることから生じる可能性のある危険性を指しています。たとえば、事件に関連する証拠から逃げる、隠す、または改ざんしようとする等挙げられます。したがって、裁判の前、最中、後に迅速かつ効果的に行動することが不可欠です。

“Fumus boni iuris”は、犯人であると疑わしい人物を起訴するのに十分な証拠があるか検証することです。主張された権利が実際に存在するかどうか裁判所が検証し、決定する必要があります。不均衡または不合理な措置が個人の権利を侵害し、予防原則が逆効果になる可能性があるために行われます。

予防原則の主な特徴

予防原則

予防原則には次のような特徴があります。

  • 手段。結果を保証するメインプロセスに関してのみ正当化されます。
  • 暫定性。予防原則は最終的なものではありません。
  • 一時性。期間には期限があります。もちろん、それが基本的権利に影響を与える場合は例外です。
  • 変動性。状況が変わると簡単に修正されます。
  • 管轄権。予防原則は、裁判所によってのみ適用されます。多くの予防原則が基本的権利に影響するため、裁判官のみがそれを課すことを決定できます。

ご存知でしたか?:
アメリカ合衆国を蝕むオピオイド危機

予防措置

2種類の予防措置は、予防原則と予防アプローチです。また、強制的および断続的のいずれかに分類することもできます。

強制的

予防原則は、司法プロセスの有効性を保証するものです。これらは、調査対象の個人に適用され、さらに犯罪を犯した疑いのある容疑者にも適用されます。

具体的には、主要な予防原則としての拘留に言及しましょう。司法当局が容易にアクセスできるようにする目的で、自由を奪われます。

このように、予防原則は、訴訟手続き中に展開することができます。法的な目的で最も超越的です。また、予防措置は、訴訟が個人に関するものなのか資産に関するものなのかによって、個人的、専有的なものに分けることができます。

裁判所書記官は、裁判官が最終判決を下す際に、問題の人物または資産が確実にそこに存在するようにします。個人的な予防原則では、犯罪者がいることを保証しします。所有権のあるものは、資産または訴訟中に関連する可能性のある資産に該当します。保釈保証人や差し押さえはこれらの例です。 2つの最も重要な個人的な予防措置として、公判前の拘束と保護観察が挙げられます。

また、予防原則は、犯罪または犯罪が繰り返されるのを回避させる役割があります。その目的は、社会的統制と安全を確保することです。これらは最近非常に人気があります。

断続的

対照的に、断続的な予防原則は特定の権利に影響を与え、制限します。場合によっては、予防措置の一部となります。これは、裁判前の拘留に対する代替提案となるためです。また、法的手続きで被害者を保護するためでもあります。

  • Montero Aroca, J., Gómez Colomer, J.L., Barona Vilar, S., Esparza Leibar, I., Etxebarría Guridi, J.F., Derecho Jurisdiccional Penal III, Tirant Manuales.
  • Ley de Enjuiciamiento Criminal, LECRIM, https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1882-6036
  • Artículos 489 a 501 LECRIM, Capítulo II, de la detención.
  • David Ortega Gutiérrez, Profesor Titular. Universidad Rey Juan Carlos. Diciembre 2003. Sinopsis artículo 24 CE, http://www.congreso.es/consti/constitucion/indice/sinopsis/sinopsis.jsp?art=24&tipo=2