良い成績は仕事の成功を保証するものではない

· 2017年11月15日

あなたは有名人で学校での成績が不十分だったという人を聞いたことがありますか?仕事で成功を手にした人が、学業的には優等生でなかったと考えることは不可能に思えたりします。しかし、これはかなりよくあることなのです。実は、幼少期に得た成績は成功とはあまり関係ないのです。

スティーヴン・ホーキングは8歳の時に読むことを始めた。

 

アップルの創始者であるスティーヴ・ジョブズとマイクロソフトの創始者であるビル・ゲイツは正確には優秀な生徒ではありませんでした。ノーベル文学賞受賞者であるヨシフ・ブロツキーについては何が言えるでしょうか?ブロツキーの教師はブロツキーの授業課題や成績を良くするためにもうどうすれば良いのか分からなかったといいます。おそらく、知能と偉大なアイデアというのは学校での優秀な成績とは何も関係がないのです。

 

あまり優秀でない生徒の成功

成績で突出していなかった多くの成功者達は、世界というものが本当はどういうものなのかということを私達に教えてくれています。親や先生は私達に成績が良くあるようにと要求します。そうすることで多くの扉が開かれ、行きたいところに行けるようになるという理由からです。しかし、それは最悪の生徒は成功できないということなのでしょうか?そして、悪い生徒というものはそもそも存在するのでしょうか?

近年、学校での教授法はあまり変わっていません。生徒達は試験で良い成績を得る以外に何の役に立つか分からないような日付や名前を覚えさせられ続けています。その結果として、授業で多くの時間をキョロキョロしたり、退屈したり、居眠りすらしたりして過ごしてしまうのです。

こうした活力や動機の欠如は、多くの良い生徒が完璧に学業から離れてしまう原因となります。

考える子供

ほとんどの生徒が欲求不満に陥り、本当にしたい仕事を得られるには不十分だと考え、夢を叶えられない言い訳にします。しかし、そうでない生徒は、アイデアについて考え、実現するとは思えなかったとしても最後までそのアイデアを見届けます。もしそのアイデアが彼らを動機付け、好きになったのならば、それを実行すればよいではありませんか。自分を信じればよいではありませんか。

アルベルト・アインシュタインの教師達は、アインシュタインが質問に答える前に考えすぎてしまうといって文句を言いました。こうした行動から教師達はアインシュタインはのろまだと思ったのです。

私達は皆が勉強に向いているようにできているわけではありません。なぜなら、私達は往々にして好きでない事を学んでいるからです。どのようにして教わっているかということが私達に限度を設け、自分が本当に興味があることを学べるようになることを阻害しているのです。成績が悪いということは他の皆と比べて賢くないということではありません。ただ自分が本当に何で動機づけられるのか、自分は本当に何を学びたいのかということがまだ分かっていないだけなのです。

成績というのは不可、可、良、優良と分類し自分に付ける単なる数字だということに気づいて下さい。テストや試験でよい結果を出すことはあなたをより賢い人間にするわけではありません。それはあなたが教師が望む通りに最適な方法でテストを完遂させる方法を知っていたというだけなのです。

 

学校における創造性の欠如

この時点で、もしノーベル賞の受賞者や優秀なブランドの創造者である人が、良い成績を取っていないにも関わらず成功しているのであれば、あなたもそうすることができるということに気づいていることでしょう。唯一欠けていることと言えば、自分のポテンシャルを活用できる創造性の刺激でした。

しかし、創造性は学校では十分に生かされていません。どの生徒も同じように学習していますが、どの生徒も同じではないのです!ある生徒は視覚記憶に長けていたり、またある生徒にとっては歴史がもっと簡単だったりします。生徒の多くは、創造性と天賦の自由な支配をもっと与えられるべきです。

小さなパイロット

学校での創造性の欠如と、時代遅れの学業プログラムに従うべきだという主張がありながらも、吉報となるのは成績が悪いということは頭が悪い人ではないということであり、また、成功するチャンスが少ないということではないということです。

反対に、学校であまり目立たなかった人が教室を出た後に創造性を活用して自らのデザインや発明によって世界を変えることができている人のようだったりします。

チャールズ・ダーウィンの教師は、ダーウィンが一般的な学力基準未満で家族にとって不名誉だったと言っていた。

もしあなたがこうした人なのであれば、今、あなたはもうそこに障害はないということが分かるでしょう。障害を怖がるように教えられてきましたが、もし望まないのであればそうしたものは存在しないのです。おそらく、学校を後にした途端、教えられてきたこと全てが役に立たなかったり、あなたには合っていなかったということに気づいたことでしょう。おそらく、自分の書いたものが差別されてしまったり、絵が評価されなかったりしたことでしょう。おそらく、何になりたいかときかれて「モデル」や「宇宙飛行士」と答えて、頭がおかしいのではないかというような目で見られたことでしょう。

子供のアイディア

しかし、頭がおかしかったのは、あなたのことを信じていなかった彼らの方です。もし何かを達成しようとする意志があるのであれば、どんな年齢の生徒、特に先が長いその年頃の生徒に対して少なくともできたことは励ましてあげることだったでしょう。今後あなたが挫折したり、間違いを犯したりすることは本当のことです。負けを認めるような時もあるでしょう。しかし、道中には貴重な時も、素晴らしい学びの経験となるような時もあるのです。

さあ、時間をただ無駄にしていると感じながら毎日学校に行くであろう子供のことを考えてみて下さい。彼らは本当の機会を手にし、それぞれのポテンシャルを伸ばしてくれるような賢くて良く設計されたカリキュラムを受けるべきではありませんか?あなたに子供がいてもいなくても、教育とは皆の責任です。ですから、その設計もまた皆の責任なのです。