ユリ・ゲラーと集団を騙す話

2019年4月8日
ユリ・ゲラーは、周囲の人を巻き込む集団イリュージョンを行った手品師です。彼は人の興味の惹きつけ方や暗示の力を理解していました。

「ユリ・ゲラー」は、哲学の新たな波が大流行していた70年代、とても人気がありました。当時、人々は、あらゆる超自然現象を受け入れていました。実際、このような話を求めていました。超常的なものはすべて人気があったのです。

ユリ・ゲラーは、当時の集団的ムードを利用します。彼が公衆を操った行為は伝説的でもあります。世界中の何千、何万もの人が彼のパワーを信じ、彼は、幅広く成功した大富豪になったのです。さらに、今でも世界中に支持者がいます。

「脳が漏れ出す穴が頭にあるのと、開放的な心をもっていることには、大きな差がある。」

-ジェームス・ランディ-

ひとりの人がたくさんの人を騙すことができるとは理解しがたいことです。ユリ・ゲラーは、最も有名な手品師のひとりですが、根拠のない信念を巻き起こしたのは彼だけではありません政治や宗教の指導者の多くも同じことをしています。また、セールスマンさえも、可能性のある顧客を操ります。彼らは人を騙し、数えきれない人々を騙しつづけるのです

 

ユリ・ゲラーとは?

1946年、ユリ・ゲラーは、イスラエル、テルアビブで生まれました。4歳の時、空に大きな稲妻を目撃し、それがエネルギーと共に彼を直撃し、意識を失ったと彼は言います。その後、昼食を食べに家に帰ります。食べるためにスプーンを手にすると、素手でそのスプーンを壊してしまいました。

ユリ・ゲラー

11歳の時、家族と共にキプロスに引っ越します。そして、17歳までそこに住みます。後にイスラエル軍に入隊し、スカイダイバーになります。第三次中東戦争に参戦し、負傷します。その後、彼はモデルになりました。

モデルの後、イスラエル周辺の小さなナイトクラブでマジックショーを始めます。有名になるまで、時間はかかりませんでした。他の手品師と違い、ユリ・ゲラーは、自分には霊力があると言います。スプーン曲げや、離れているところから時計の針を進めたり止めることで、特に有名になります。

 

有名人

ユリ・ゲラーが有名人になるまで時間はかかりませんでした。世界中のテレビ番組にゲストとして呼ばれました。すべての番組でスプーン曲げや時計のトリックを披露します。また、ゲラーは、彼の「授かりもの」テレパシーを披露します。アシスタントに何か絵を描くよう指示し、その絵を見ることなく、完璧にその絵を再現します。

皆が彼に驚かされました。彼の人気は高まり、有名になり、CIAすらも例外ではありませんでした。機密解除されたCIA文書によると、アメリカの諜報機関は、彼のパワーをテストするため、施設に招待したと言います。彼を部屋に閉じ込め、何千マイルと離れた場所にいるCIAスタッフによって描かれた絵を再現するよう言います。テストは終わり、彼は超常的な力があると結論づけられ、CIAのために働くようになりました。

テレビのユリ・ゲラー

彼の評判や人気に関わらず、手品師でイリュージョニストのジェームス・ランディは、彼を信じていませんでした。彼は、疑似科学神話や広まっている詐欺を明らかにする機関、「サイコップ」の一員であり共同創設者です。

ランディは、スプーン曲げは簡単で、子どもでもできると言います。ゲラーと子どもの違いは、ゲラーが使うマーケティングが集団的イリュージョンを生み出すところです。

 

ペテン師の終わり

1973年、ジェームス・ランディはジョニー・カールソンが彼の番組にユリ・ゲラーを招くよう仕向けました。ランディは、異なる状況で、ゲラーにいつもと同じことをさせます。まず、ゲラーがいつも持ち歩いているスプーンを使わせません。新しいスプーンを渡しました。そして、再現する絵を描く人をゲラーに選ばせません。

結果、ゲラーは、「超常的」と呼ばれる力を示すことができませんでした。どのスプーンも曲げることができず、絵を再現することもできません。彼はプレッシャーがかかりすぎ、力を遮っているのだと主張します。後にゲラーはランディを訴えますが、ランディは反訴を提起し、何年もたった後、勝訴します。

ユリ・ゲラーとスプーン

ゲラーの「パワー」が失敗したのはこの時のみではありません。ビックベンを止めると言ったことがありましたが、何も起こりませんでした。また、マドリードのプエルタ・デル・ソルに関しても同じことを言いましたが、ここでも、彼は何もしませんでした。それにもかかわらず、多くの人がゲラーと彼のパワーを信じています。実際、今でもテレビに出演し、超自然的パワーがあると主張します。