頭蓋内動脈瘤について

2019年10月8日
1万人に10人の人々が、人生の中で脳動脈瘤を発症すると言われています。無症状性ではありますが、この血管の病気には、頭に留めておくべき危険な要因がいくつか含まれています。

頭蓋内動脈瘤とは、脳内の動脈壁が瘤状に膨張したものです。こういった血管状態について最も厄介なのが、症状が現れにくい傾向があるという点でしょう。そのため、少しずつ、本人も気が付かないまま膨張した箇所が隆起していき、最後には破裂してしまうことになるのです。このようなケースでは、迅速に対応を講じなければ命に関わる事態となってしまいます

この病状を抱える知人がいる人も多いはずです。早期発見ができたおかげで、迅速な介入措置を受けられている人もいます。こういった介入措置の典型的な例が、塞栓術です。早期発見の恩恵を受けられている患者は、深刻な結果に陥ることなく普通の生活を送ることができる可能性がありますが、一方でそうでない患者は、脳動脈瘤による影響を受けながら暮らしていかねばなりません。

どういったケースであれ、忘れてはならない情報が一つ存在します。それは、この病気は40歳から65歳の間に発症することがほとんどである、というものです。とは言え、若者や子どもたちでさえもこの病気にかかる可能性があります。時には、遺伝的な問題や動静脈奇形によって脳内の動脈に危険な変化がもたらされることもあります。

年齢にかかわらず、誰もが頭蓋内動脈瘤を患う可能性がありますが、40歳以上の人にとっては特にその危険性が高まるということです。また、男性よりも女性によく見られる病気でもあります。

頭蓋内動脈瘤

頭蓋内動脈瘤とは?

頭蓋内動脈瘤とは、脳内の動脈あるいは静脈に見られる血管の変形のことです。血流が節の部分で溜まってしまい、結果的に血管の膨張を引き起こします。そしてこの血管は次に泡のような形に拡大します。

オクラホマ大学医学部の外科部門によって行われた研究では、脳動脈瘤の85%がほぼ同じ位置に存在していることが明らかにされました。大抵の場合、脳の基底部に見られるようです。これは、ちょうどウィリス動脈輪が存在している箇所です。

形やサイズ、そして位置により、脳動脈瘤は三つのタイプに分けることが可能です:

  • 嚢状動脈瘤(イチゴ型動脈瘤)。動脈壁に現れます。先天性ではなく、生涯を通じて発達していくものです。こちらが最も一般的なタイプです。
  • 紡錘状動脈瘤。こちらのタイプは、さらに発見と治療が困難です。泡のような形に発達するのではなく、脳動脈の広い範囲に影響を及ぼし、血栓症を引き起こす傾向があります。
  • 側壁動脈瘤。こちらのタイプは前者ほど一般的ではありませんが、若者にも発症します。遺伝的な問題や感染症、関節炎、繊維筋性形成異常症、アテローム性動脈硬化などによって引き起こされる可能性があります。

頭蓋内動脈瘤の症状とは?

冒頭でお伝えした通り、頭蓋内動脈瘤では目立った症状が現れにくいケースがほとんどです。そうは言っても、破裂した際にはいくつかの症状が現れます。その時こそ、迅速な対応が必要になります。以下のような兆候を頭に留めておいてください。これらの症状が見られる場合、動脈瘤を抱えている恐れがあります:

  • 突然の酷い頭痛。多くの人が、これが人生で最も辛い偏頭痛だ、と評しています。この頭痛はかなり深刻で麻痺させるような痛みを伴い、首を硬直させ、片目からは涙が流れ、片目を麻痺させることすらあります。
  • また、嘔吐目眩もよく見られます。
  • 光への過敏性。
  • 協調運動や動作に関わる問題。
  • 明快な思考ができなくなります。
  • 発話障害(失語症)。
  • 意識喪失。

頭蓋内動脈瘤の診断

頭蓋内動脈瘤の深刻さを評価するためには、様々な指標が用いられています。最もよく使われているのが、グラスゴー・スケール(その人物の意識がない場合)とハントとヘスの重症度分類スケールです。後者では、医師が以下のような点を査定します:

  • 頭痛の度合いと首の硬直度合い。
  • 眠気と精神混沌の度合い。
  • 片側不全麻痺(顔あるいは身体の側部の麻痺)が見られるかどうか。
  • 昏睡状態、最も深刻で最悪の予後状態。

この病気にかかっていた人が家系にいる場合、専門家は健康診断と診断検査を受けることを勧めています。頭蓋内動脈瘤が破裂してしまう前にその存在を特定するための最も一般的な方法が、以下の二つです:

  • CTスキャン
  • 脳血管造影法

一方で、この病気に関しては嬉しいニュースも存在します。それは、多くの人が脳動脈瘤を抱えていることに気づくことすらなく一生を終えている、という事実です。言い換えると、全ての動脈瘤が破裂してしまうわけではないということです。破裂の可能性はそれほど高くはありません。とは言え、もちろん常にリスクはあります。

治療

頭蓋内動脈瘤を治療する際は、かなり多くの要素を頭に留めておく必要があります。まずは、すでに破裂してしまっているのかそうでないのかを考慮しなくてはなりません。

次に考えなくてはならないのが、動脈瘤のサイズ、位置、患者の年齢、そして患者がその他の神経性疾患を抱えているかどうかという点です。しかし、病状について早期に発見することができれば、治療は効果的なものになり得ます。そして、治療のために必要な手術はそれほど難しいものではありません。血管内の処置だけで十分な場合がほとんどです。以下が、一般的な治療法です:

血管塞栓術

手順は、患者の鼠蹊部から細いカテーテルを挿入し、脳の動脈まで入れ込んでいくというものです。目的の箇所へ到達したら、外科医が動脈瘤を閉塞させます。

それを行うために、外科医はステントというこれらの病理に対処するための医療機器を用います。

バイパス術

頭蓋内動脈瘤

脳のバイパス術を行う場合、患者は三日間から五日間ほど入院する必要があります。この手順では、介入方法が塞栓術よりも少々複雑です。それは、バイパスを作るために小規模な開頭術を行う必要があるためです。バイパスの最終的な目標は、その静脈あるいは動脈への異常な血流を抑え、調整することとなっています。

外科手術

最後に、かなり深刻なケースでは、頭蓋骨を切開して行う介入方法が選ばれる可能性があります。そうは言っても、切開時間は短く、介入方法はシンプルです。動脈瘤へ到達し、処置するためにチタニウム製の医療機器が挿入されます。

どういった症例であれ、動脈瘤がまだ破裂していないうちはこれら全ての治療法が効果を発揮します。しかし、常にそれほど幸運が降ってくるわけではありません。脳動脈瘤は症状が現れませんので、自分の脳内に存在しているということに気づけない可能性も高いのです。この情報を頭に入れておき、自分が罹患しているとわかった時に備えて対処法を知っておきましょう。

  • Pisklakov, S. V. (2013). Cerebral aneurysm. In Rapid Review Anesthesiology Oral Boards (pp. 130–135). Cambridge University Press. https://doi.org/10.1017/CBO9781139775380.030
  • Jacocks, MA (1999). Aneurismas cerebrales. Cirugía actual . Elsevier Inc. https://doi.org/10.1016/S0149-7944(99)00070-7