有害な仕事をしていませんか?7つの危険信号

2019年5月3日

家に帰り、仕事から頭を切り替えられないように感じますか?上司や終わらせなければならないプロジェクトについて夢をみませんか?明日作らなければならない資料について考えることを止められないでいませんか?もしかしたら、自分が有害な仕事をしていないか、考える必要があるかもしれません。

ほとんどの人が、休みを待ち遠しく思うことがあります。これは危険信号ではありません。自然なことです。しかし、仕事のことを考えるとほぼいつもネガティブになるのであれば、それは心配です。あなたが有害な仕事をしている警告サインとはどんなものでしょう?

 

四六時中つながっている

週末や休みの日、家に帰ってから、仕事のメールを確認していませんかテクノロジーから自分を離し、今を楽しみましょう。あまりに仕事に焦点を当てすぎるために、貴重な時間を逃しているかもしれません。

日々の生活に浸っていると、重要なことを重要だと思わなくなることがあります。仕事のために生きるのではなく、生きるために仕事をすべきです。もし、24時間、仕事の奴隷になっているのであれば、何かを変える必要があります。

少しずつ依存から離れましょう。上司に話しましょう。会社にいない時、メールを開かない、また、仕事が終わるとすぐに携帯の電源を切ってみましょう。睡眠の質が向上します。

有害な仕事

 

悪い職場環境

皆と仲良くすることは不可能ですが、誰とも仲良くできないといことはありえます。当然、他の人と比べ、より仲良くなる同僚がいるのは普通です。一緒にいることを好まない、あなたに問題をもたらす人がいるのも普通です。しかし、ネガティブな人、腹黒い人、陰気な人、嫉妬する人に囲まれるのはよくありません

悪い職場環境は、トップレベルの会社さえもダメにしてしまいます。これは、些細な問題ではありません。はたから見ると理想的に見える仕事も有害な職場に変えてしまいます。精神的吸血鬼から逃れましょう!

 

終わりのない仕事

大きな課題は、数年も続くべきではありません。重要なタスクやプロジェクトを終えても、責任やタスクが減らないのであれば、何かがおかしいです。あなたに知らせず、誰かがあなたにタスクを増やしたのかもしれませんし、休憩が必要だと訴える必要があるかもしれません。

何か月もかけた非常に重要なレポートや大きな商談を終えた時、一息つく時間がすぐそこに見えているべきです。少なくとも呼吸を整え、また、プレッシャーに耐えられると感じるほどの休憩です。それは、あなたが管理職であっても、下の方であっても関係ありません。誰もが時々、ストレスの少ない期間を必要とします。特に、数か月の大きなストレスを抱えた後は、それを必要とします。

 

意地悪な上司

あなたの仕事は誰にでもできると言うのが、意地悪な上司です。従業員をバカにします。彼らの責任の下で、人との会話に興味がありません。至る所であなたの評判を落とし、しょっちゅうあなたに向かって怒鳴ります…

その通りです、あなたの上司は意地悪です。完全に無視することはできないため、精神的限界を設定しましょう。それが鏡になります。上司の言葉を反射させ、あなたの中に沈みこませないようにしましょう。

レゴの職場

 

違いの拒絶

職場で、性別、年齢、宗教的、セクシュアリティによる差別があれば、あなたは有害な仕事をしています。状況が本当に耐えられないものであれば、行動する時です。上の人や人事部に伝え、動いてもらいましょう。残念なことに、状況は変わらない、または、悪化するかもしれません。その場合、法的なアドバイスや助けを求めた方が良いかもしれません。

資料の偽造を頼まれた、セクシャルハラスメントの被害にあったり目撃した、職場で暴力があるといった場合は、あなたが有害な仕事をしているだけでなく、その行為は犯罪です

 

欠勤の日常化

大切な予約、病気、不測の事態などで、仕事を休むことは、当然誰にでもあります。しかし、全体的に、職場の欠勤率が高ければ、これは仕事が有害である明らかな危険信号です。

身体的不在だけでなく、精神的不在も含みます。身体的不在とは、毎月3日以上出勤していないことです。二つ目は、その人が職場にいても、ほとんどの時間、仕事ではない活動をしている精神的欠勤という形です。

パソコン

 

仕事の保証がない

職員で昇進の機会が与えられず、その道もない会社に勤めているのであれば、その会社は、あなたの仕事の保証をしてくれていないのかもしれません。会社の関心に焦点を当てすぎているのでしょう。顧客基盤を高めたり、お金を使いたくないのかもしれません。これにより、従業員のニーズを見落としています。

さらに、職員の福利厚生を司る人や部署がないと、問題は大きくなります。この場合、あなたが主導権を握り、前へ進みたければ、自分の不服を示し、解決策を提案しましょう。

あなたが有害な仕事をしているかもしれないと思っても、仕事を辞める前に、状況を直そうと努力した方が良いでしょう。対話や契約を通して、解決策を求めましょう。何度か試し、それでも変わらない場合、転職を考えるべきです。

 

参考

  • Hobbs, P. T. G. (1970). Motivation to Work. Journal of the Society of Dyers and Colourists. https://doi.org/10.1111/j.1478-4408.1970.tb02928.x
  • Rashid, S., & Rashid, U. (2012). Work Motivation Differences between Public and Private Sector. American International Journal of Social Science. https://doi.org/doi: 10.1111/cge.12749
  • Daniel, T. A. (2009). Tough boss or workplace bully? HR Magazine.
  • Sverke, M., Hellgren, J., & Näswall, K. (2002). No security: A meta-analysis and review of job insecurity and its consequences. Journal of Occupational Health Psychology. https://doi.org/10.1037/1076-8998.7.3.242
  • Loi, R., Ngo, H. Y., Zhang, L., & Lau, V. P. (2011). The interaction between leader-member exchange and perceived job security in predicting employee altruism and work performance. Journal of Occupational and Organizational Psychology. https://doi.org/10.1348/096317910X510468
  • Hobbs, P. T. G. (1970). Motivation to Work. Journal of the Society of Dyers and Colourists. https://doi.org/10.1111/j.1478-4408.1970.tb02928.x
  • Rashid, S., & Rashid, U. (2012). Work Motivation Differences between Public and Private Sector. American International Journal of Social Science. https://doi.org/doi: 10.1111/cge.12749
  • Daniel, T. A. (2009). Tough boss or workplace bully? HR Magazine.
  • Sverke, M., Hellgren, J., & Näswall, K. (2002). No security: A meta-analysis and review of job insecurity and its consequences. Journal of Occupational Health Psychology. https://doi.org/10.1037/1076-8998.7.3.242
  • Loi, R., Ngo, H. Y., Zhang, L., & Lau, V. P. (2011). The interaction between leader-member exchange and perceived job security in predicting employee altruism and work performance. Journal of Occupational and Organizational Psychology. https://doi.org/10.1348/096317910X510468