ずっと私のスーパーヒーロー

· 2018年11月10日

ここで、逆境を乗り越え絶賛された人の話を聞いてください。どん底に落ちたときに立ち上がり、見えるものすべてが荒地の蜃気楼であるときに前にすすむ方法は、誰もが知っているわけではありません。

これからお話しする若い女性は、時に人に忘れ去られることもありますがスーパーヒーローです。

彼女の笑顔は他の誰の笑顔とも異なります。彼女のストーリーから来るその笑顔は、彼女の過去を反映します。若いにもかかわらず、深い悲しみと希望のなさがどんなものか彼女は理解しています。

幸運なことに、彼女はその過去について話し、私たちを誘惑するネガティブな感情を、自分の人生から取り除く決意をしたことについて話すことができます。

本当の彼女を知る幸運な人はあまりいません。黙っている時、実はたくさんのことを隠しているということを知っている人、彼女が笑う時、本当に心から笑っていることを理解している人は少ないのです。

自分の求めるもの、愛するものの彼女の表現の仕方を理解できる人はあまりいません。彼女の目を通して世界を見たことがある人のみ、彼女が内に何を秘めているかがわかるのです。 

まだまだ道のりは長いです。彼女は少しずつ爆発に近づいているように感じて、その破片が自分の周りの人に落ちていくのを恐れました。このような時には、彼女のケープは保護シールドに変わります。みんなと同じで彼女も恐怖を感じますが、逆にそこで強くなるのです。

彼女は自分の経験を人を助けるために利用するヒーローです。それらの経験を言葉と感情で表すことを学んだのです。学んで教えることを選んだのは、彼女自身の決断でした。

スーパーヒーローのように前に進む

戦うスーパーヒーローがいます。しかしこのお話では、ヒーローは前に進むためだけに戦います。外的な環境を利用して、内面で強くなるんです。彼女の強さは、彼女を脅かし自由を奪う偏見に屈することを防いでくれます。

蝶の羽

彼女は常に前に進みます。行き止まりに行き着いてもそれは終わりではないからです。もう一回戻って進み続ける理由があります。勇気、強さ、闘士の魂のある彼女はスーパーヒーローです。彼女だったらなんでも乗り越えられます。

相手を傷つけずに彼らに頼る方法を知っているから、私は彼女を尊敬しています。彼女と残りの世界を分かつ壁の壊し方を知っているんです。

毎日起き上がって物語と強さが詰まった笑顔を向ける彼女を尊敬しています。自分を大切にするように他人を大切にできる彼女を尊敬しています。愛するものと普通の人を分ける境界線が存在しないのです。

終わりはまだ描かれていない

助けを求めるときを知っているのがスーパーヒーローです。自分では出口が見つけられないことがあります。しかしちょっとした助けとスキルで、問題への直面の仕方がわかるのです。きっと皆さんももうお分かりですよね。

パンチ

私のスーパーヒーローは、小さいくても強い軍隊を持っています。彼女には守るべき宝があります。力を失う時、常に誰かがそばにいて助けてくれるのです。

マラソン選手がサイドラインから水を渡してくれる人が必要なように、彼女が疲れたとき、彼女の軍隊がすぐに駆け付けて力を貸します。自分たちのスーパーパワーを使って、彼女が自分の力を取り戻すまでサポートします。

エンディングはまだ描かれていません。自分で描くものです。戦う意思を失ったとき、わたしたちは生きることをやめます。匙を投げたいという誘惑は、長く耐えるためのエネルギーより大きなものです。

私のヒーローは自分にケープがあることを忘れて、新しいものを作りました。簡単ではなかったけれど、挑戦を乗り越えるストーリーを作り上げました。そして、彼女はそれを今プライドを持って世界に見せつけます。

逆風の時に、目標に向かって進むことよりプライドを生み出す行動はあまりありません。ちょっとした火が勇気を出すための十分な力を与えてくれます。

私のスーパーヒーローへ。あなたを守り、あなたの進む一歩一歩を喜んでくれる軍隊を持っているあなた。あなたの世界や持っているもすべてを与えてくれてありがとう。あなたが作ったケープはキラキラと輝き、虹よりも美しい色を放っています。