ズートピアに学ぶ忍耐力と人間的成長

· 2017年11月22日

子供の映画に分類される『ズートピア』ですが、この映画から大人が学ぶことは数多くあります。

この映画の主人公は、ズートピア警察署で働くという夢を実現するために、両親からのサポートが得られないにも関わらず努力をして夢を実現させた、新米警官である小さなウサギのジュディ・ホップスです。

観客はこの映画には現実社会の類似点が多く存在していることに気づくでしょう。忍耐力や人言的成長といった大切な価値を学ぶのに役立つ鏡の反射のような働きをするこの映画は、私たちに多くのことを教えてくれます。

ズートピア:現代社会を映す鏡

ズートピアの登場人物である動物たちは、私たちが暮らす現代社会の中の社会グループを反映しています。それぞれの動物には仕事があり、特定の社会的なグループに類似するように設定されており、多くの人がなりたいと望む仕事を反映しています。

映画と現実社会のどちらにおいても、社会の中で自分と異なるグループに対しては先入観を持つ傾向があります。偏った考え方や見方は、その考えを持つ人とそう考えられる相手の両方に影響を与えます。

ズートピアは映画の中で、先入観を取り除くことで、誰でも自分のいけるところまで夢に向かって進むことができると私たちに教えてくれます。

ズートピア2

主役のジュディーは家族に理解されず、彼女の同僚は彼女を信じなかったけれど、これらはジュディーをさらに成長させるきっかけとなりました。

「人類は人間の精神力ほどに強靭なものを作ることはなかった」-バーナード・ウィリアムズ

不動心と確固たる信念を持つことで、自分が考えるよりも遠くまで進むことができます。そして他人との違いは、多くのことを学ぶチャンスであるとジュディーは私たちに教えてくれました

忍耐力が人間的成長の鍵となる

目標を達成する最も効果的な方法は障害物を取り除くことではないでしょうか?

この映画では、外的な障害物や内面にある障害物の両方にどう対処するかが描かれています。他人との違いは私たちをより成長させるチャンスを私たちに与えてくれる貴重な機会であるため、人と違うことを恐れてはいけません。

映画の始めから終わりまでジュディーが私たちに教えてくれるように、多様性を受け入れる時に忍耐力や寛容さが生まれます。先入観を取り除き、忍耐力を身につけることが大切です。

自分よりも大きく強い動物たちが他にも多く存在する中で、小さなウサギであるジュディー・ホップスが警察官になるなど誰が考えたでしょうか?

相違点があっても、少なくとも、多様性溢れる世界が平和であり続けるように尽力することはできる。」‐ジョン・F・ケネディ‐

私たちが皆同じでないのは素晴らしいことです。他人を理解することで、そうでなければ知ることができなかったような小さな違いや細かな点を楽しむ、新たな発見と共有のチャンスが与えられます。

ジュディーのような大きな夢を持つ

忍耐力を持ちながら、他人との相違点は人間的な成長や目標達成を妨害しないと理解し、ジュディーのように夢を諦めずそこに向かって進み続けることが素晴らしい人間になるためには大切です。

努力と忍耐力が私たちを夢や目標の達成へと近づけます。

ズートピア3

あなたが誰であろうとどこの出身であろうと、あなた自身の内面が大切です。さらに大切なことは、自分が抱く大きな夢をつかみ取るためには、愛を持って行動しながら自分の目の前に広がる旅への希望を持つことです。

「私たちが怖いと思うことは恐怖心そのものだけだ」‐ズートピア

大人も子供もズートピアから学ぶことはたくさんあります。大人は最も基本的な価値観を忘れがちであるため、子供の目を通じた世界を見ることで、自分たちが考えるよりもより近い視点で自分たちの世界や自分自身を客観視することができます。