2つのカギで記憶を改善させよう

· 2018年10月22日

記憶は、わたしたちを驚かせ続ける不思議で興味深い心理的プロセスです。もの、事実、個々に起こった状況を意識できる能力は、素晴らしいものです。この重要なプロセスの研究が進み、記憶には2つの重大なカギがあるということがわかりました。

記憶できる能力のお陰で、人は自分の存在の全体象を保つことができます。過去の記憶を現在へとつなげ、未来のために種を植えます。それだけではなく過去の出来事を思い出す能力は、わたしたちの人生に継続的なタイムラインを与えます。そのため、記憶を失うことや、思い出す能力を失うことは、人の人格を大きく変えてしまうのです。

 

「記憶は精神の見張りである。」

-ウィリアム・シェイクスピア-

記憶は学びの基本であり、蓄積された情報と新しい情報をつなげてくれます。学習することとは、記憶への単なる事実の吸収です。新しい情報を学びたいとき、2つのカギが重要になります。鮮烈な印象と感覚的な認識です。本記事では、これら2つをさらに詳しく見ていきます。

記憶の局面

すでにお話ししたように、記憶は同化のプロセスに重要です。これによって新しい経験を吸収します。すべての経験は、似たような状況に陥った時思い起こされる印象を残します。過去の経験がネガティブであれば、それを思い出すことで適切な対応を取ることが可能になります。

 

頭

記憶には4つのステージがあります。

  • 記録は、認識、格納、思い出すときのための知識の作成のプロセスです。
  • 格納は、しばらく記憶を保存し保ちます。すべてを意識的に思い出すことはできませんが、精神はすべてを格納しているようです。
  • 思い出すことは、格納された記憶を思い返すことです。状況によって、自動的あるいは故意のプロセスになります。
  • 認識と特定は、人が覚えていることのコンテクストのなかでの特定の詳細を認識するプロセスです。

確立された科学によれば、鮮明な印象や感覚的な認識によって記憶が作られ、格納され、覚えられ、処理されます。

1つ目のカギ:鮮明な印象

鮮明な印象は記憶や連想の領域に属しています。そのイメージ、出来事、経験の鮮明さ、激しさは、効果的に記憶する決定的な要因になります。

風船

鮮明な印象のカギは、認識した時の行為や状況が激しければ激しいほど作り出される記憶は強くなります。このケースでは、印象は特定の出来事が人に及ぼす効果です。

例えば、驚きは鮮明な経験です。予期しない出来事は、激しい認識、感情、理由付けに関連しています。激しく強い印象で認識したものは、はっきりとした記憶になります。

2つ目のカギ:感覚的な認識

2つ目の記憶の重要なルールは、感覚的認識です。肌、つまり触った感覚から得るものが最も強い印象を残します。その次が匂いと味です。早い段階で発達するすべての感覚が、生き残りのための基本となります。

このような理由から、感覚的認識に関連する出来事は、覚えられている可能性が高いです。触れるもの、味わうもの、匂うものが記憶奥深くまで入って行きます。だから、実際の経験から学ぶことは、考えや理論から学ぶより効果的なのです。

手つなぎ

この2つだけが記憶の局面というわけではないですが、最も重要なものです。このプロセスによって時間が経っても深く思い出しやすい記憶になります。新しことを学ぼうとしているなら、これらのカギをいかして目標を達成しましょう。