5分間でうつの症状を改善する方法

5分間でうつの症状を改善する方法

最後の更新: 20 3月, 2018

うつ病の症状は明らかな場合もあれば、そうでない場合もあります。 時には、個人も周囲の人も、その人がうつ病を患っていることを知らない場合もあります。

これは、特に子供と高齢者に起こります。 また、 誰もが必ずしも真実ではないとしても、一時的に悲しい、落ち込んだ人に鬱だというラベルを付けるという、逆の状況もあります。

うつ病について話すとき、私たちは正常な悲しみの限界を超えた精神状態について話しています。これは一晩中続くような状態ではありません。

実際、多くの場合、うつ病を完全に明らかにするには数年かかります。精神新生理学的要素をはじめとしたさまざまな原因が考えられますが、それらが絶対であるとも限りません。

「悲しみの鳥があなたの頭上を飛ぶのを止めることはできないが、あなたの頭に巣を作るのを止めることはできる。」-中国のことわざ-

典型的なうつ症状には、悲観、悲しみ、過敏症、疲労またはエネルギー不足が含まれます。また、無力感と自己イメージの拒否もあります。

投げやりな思考、責任や保護の必要性に関連した思考や気持ちもうつ病の症状として挙げられます。

鬱の女性

あまり明らかではないうつの症状

鬱の症状にはあまり明らかでないものもたくさんあります。それらの症状は一般的に、状況を「事前に意識的に」判断する人々に見られがちです。

そのような人々は、何かが正常に機能していないと認識することはできます。しかし、彼らは何が問題なのか正確に特定することはできません。

彼らがしているのは、それを無視したり隠したりするような行動を起こすことです。

1つのうつ病の症状は、食事や睡眠の習慣の乱れです。 例えば、人々が食べ物について過度に嫌悪感を抱いていて、食べ物を選びすぎている時などです。

または、混沌としたスケジュールを持つが故に、通常食べるべき量や回数よりも少ない食事しかしないことが挙げられます。逆に、無限に食べることによって空虚を埋める人々もいます。

うつ病を持つ人々の別の隠れた症状は、自分に幸福が訪れると予測することに不快感をもつことでしょう。

また、社会的行動になると、彼らはみんなと仲良くなることができますが、誰かと本当に親密になることは避けます。彼らは他人と多くの時間を費やすことはなく、いつも一緒に行かないという言い訳をします。

また、別の隠されたうつ病の症状は、感情的な感受性と関連しています。この感受性は本当に極端である可能性があります。つまり、幸せになっても、ほんの少しの間しか続かないということです。

これに加えて、他の人たちが気づかないことによって、彼らは怒りを覚えます。特に意味もなく泣いたりするのです。このような行動は隠されたうつ病を意味するかもしれません。

5分間のテクニック

2007年、エセックス大学の研究者らは、自然が気分に及ぼす影響を評価するための実験を実施しました。

それは、自然の中にいることが私たちの態度を向上させるという考えから来たものでした。しかし、彼らはその影響が初期の仮説で推測したよりもはるかに大きいことを発見したのです。

専門家は、わずか5分で自然との接触がうつ病の症状を最大70%まで抑えることができたと結論付けました。

私たちは直観的に、気分が悪いと感じたら、自分の中だけにとどめておくのは良い考えではないということを知っているでしょう。しかし森林、庭園、または自然と植物がある場所が、否定的な感情を改善する助けをしてくれます。また、5分しかかからないことに驚く人もいるでしょう。

 

蝶

今日、人々が「エコセラピー」と定義した動きがあります。自然と触れ合っていくことが、私たちのためにどれほど日々のストレスを解消してくれるかを訴えています。

いくつかの研究では、より自然にあふれた場所に短時間いることが、私たちのエネルギーを再充電してくれることが証明されています。

うつ症状が典型的であるか微妙であるかにかかわらず、自然を正式療法の一部にする価値があるでしょう。 あなたは緑の場所を見つけて、少なくとも5分間そこで時間を過ごすべきです

植物との快適な接触は、幸福感を活性化し、感情的バランスを回復させるのに役立ちます。 それは何も費用がかからず、ほとんど時間がかかりません。 試してみてください!