感情的に泣く:涙が魂をきれいにする

· 2017年11月7日

黙って、一瞬のうちに、そして孤独の中で泣く人がいます。 しかし、私たちの悲しみ、欲求不満、緊張を排除して前に進む唯一の方法は、感情的に泣くことなのです。 本物の安らぎは、壊れた声と、落ち着いた海に注ぐように涙を流して泣くことでのみ得られるのです。

精神生物学の専門家は、笑い声や泣き声ほど人間らしい行動はほとんどないことを示しています。 実際、これら二つの感情表現には多くの共通点があります。 それは、どちらも「持続」の要素を含んでいることです。つまり、笑いや泣くことが始まると、簡単に収まらないのです。 さらに、どちらも私たちの気分を良くするという同じ目的を達成しています。

魂は痛みを和らげるために泣く必要があり、涙を流すことで安らぎを得る

一方、感情的に泣くこと(本物の安らぎを生む種類のもの)は、社会的に欠陥があると思われています。 逆に、政治的なスピーチや、誇りや美の熟考によって興奮した時の控え目の泣き声が最も受け入れられやすいです。

たぶんこのような理由から、私たちのほとんどは「声を出して泣くこと」を避けています。私たちにとって、暗い隅を見つけてそこで泣くことは快適です。なぜなら、自分がそれほど強くないことを、他の人に聴かれる、見られる、そして発見されたくないからです。

しかし、精神科医や神経生物学者は、独りの時も他人と一緒の時も、本物の安らぎを得るためには慈悲深く、自由でなければならないといいます。 特定の「自己制御」が意味することはすべて、緊張とストレスの要素を作り続けます。 人々のは泣くことが必要なのです。

枝先の水滴

感情的に泣くことは多目的な行動である

ほとんどの赤ちゃんは生まれたとき泣きます。しかし、その泣き声には涙が欠けています。涙腺が涙を分泌させる脳のメカニズムがまだ成熟していないからです。しかし、彼らの泣き声は、必要な生物学的機能をすでに果たしています。泣くことを注意、ケア、慰め、愛情を得るために使うことによって生存を保証するのです。

さらに、私たちが成長し成熟するにつれ、私たちの泣き声は、全てを必ず使わずとも、赤ちゃんのように面白いさまざまな機能を果たしていきます。

まず、泣き声の目的の1つは、ストレスや不安に起因する体内の毒素を排除することです。私たちは否定的なことが起きてから悲しみを感じるのかというと、必ずしもそうではありません。時には、私たちは単純な疲労から泣き叫び、それは非常に健康的なことなのです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の精神科の研究によると、泣き声は警告機能も果たすと説明されています。 それは私たち自身の意識の目を覚ますようなものです。 私たちは挫折感を抱き、対応しなければならないものに圧倒される時があります。

しかし、わたしたちが涙を出すという単純な事実は、洗練された生物学的メカニズムを動かし、何が起きているかをよりはっきりと見ることを可能にします。

泣く男性の影

研究者は感情的な泣き声は、例外的な進化の革新であると私たちに説明します。 「涙が落ちる」という問題だけではありません。神経栄養性の機能を完全に活性化させる真の深遠な泣き声。これらは、ニューロンの可塑性を促進することができる一種のタンパク質なのです。

言い換えると、それは「私たちを修復する」ということです。新しい学習を促し、私たちがより創造的になり、私たちが周囲にもっと良く適応できる新しい行動を実現するのを助けてくれます。

泣くこと、脆弱性、慰め

仕事の責任は、私たちが一人の時間を持つ必要性を高めます。医者、看護師、消防士、警官…私たちの多くは、日々のストレスを和らげるための瞬間を探します。しかし、時にはそれらの瞬間では十分ではなく、本当の 「修復」にはまだ至りません。ストレスが少しずつ蝕んでいき、私たちは過負荷、行き詰まり、不安を感じています

同じことが私たちの毎日の問題、つまり私たちが周りに話していないこと、私たちが受け入れられない惜別、そして私たちが隠そうとする痛みのなかで起こります。私たちが助けを求めるのはなぜそんなに難しいのでしょう?感情的に泣くことは、なぜ私たちを他の人たちに対して傷つきやすくするのでしょう?

かたつむりとタンポポの種

手を貸す方法を知ることは、私たち全員が習得すべき芸術

ここで明らかなのは、誰もが手を貸す方法を知っているわけではないということです。私たちは 「なぜあなたは今泣いているの」「それは大したことではない」などと言って、その人をブロックしてしまいます。 そしてそれが否定的な感情と抑うつを強めるのです。

感情的な安らぎを容易にする必要がある場合は、適切な人物を探すことをお勧めします。 誰もが価値あるものではなく、私たちに近さ、傷ついているものを取り除く能力、私たちを苦しめているものに対する最善の戦略を持っているわけではありません。 良き友人やもちろん心理学者が、このプロセスの最良のガイドになってくれます。

誰かの前で感情的に泣いて自分自身を解放することは、弱点や脆弱性を反映するものではありません。強い人が緊張、恐れ、悲しみを和らげるために必要なステップです。彼は修復して助けを得ることができるように一から自分自身を再建するためにそれを行うのです。

手を貸すと言えば、単にハグを与えるだけではありません。 「全部なんとかなる」ということでもありません。この救いを容易にし、それをどのように提供するかを知ることは、直感的なことです。意見を押し付けることや評価せずに私はあなたのためにここにいると言う方法を知っているということです。これは近くにいながらも個人を尊重するということです。

結局のところ、真に感情的な救済の瞬間を許すことはとても複雑です。それでも単独で、または他人同伴をもって、時々感情を許して解放することが必要です。魂の叫びを排除することは、生物学的かつ心理的に必要なことなのです。私たちは、「表現された感情は克服された感情である」というキアナ・モリーナの古典的な言葉を忘れてはいけません。