あなたが気づいていないかもしれない、5つのパートナーからの言葉の攻撃

26 3月, 2018

「暴力は無能な人にとっての最後の避難所です。」これは有名な作家アイザック・アシモフの賢明な言葉でした。

残念なことに、多くの無能な人々が言葉で攻撃する高い技術を得るに至ります。彼らのような人は見つけにくく、その結果、非常に危険です。

交際関係において言葉で攻撃することは残念ながら独特なものです。 時には愛は、全く持って正当化するべきでない言葉や態度を正当化してしまうのです。

しかし、それらは見つけにくかったり、あまりに一般的過ぎて気が付かないことも多くあります。次に深く見てみましょう。

言葉の攻撃は見つけにくい

交際関係で相手の意図を読むことは簡単ではありません。 実際、私たちが確信していても、常に間違いを犯す可能性があります。

私たちの誰も、他の人が何を考えているかを完全に確信できないからです。 言葉や表現に隠された、私たちが気が付きにくい言葉の攻撃があります。 ここでいくつかの例を見てみましょう…

あなたの家族のことをジョークにする

パートナーが相手を馬鹿にすることは珍しいことではありません。これは、家族や相手の生い立ちを批判することで実践されます。

特に貧しい家庭に育った人や、両親が多くの資産を持っていない場合に挙げられます。 しかし、批判と言葉による攻撃は、このような場合に限ったものではありません。

「貧困は最悪の暴力である」
-マハトマ・ガンジー-

この種の攻撃は非常に侮辱的なことがあります。 どんな正当化や根拠もなしにレッテルを作り上げ、それをいつでも使用するになります。 それらの暴力は怒っているとき、社会的な集まりがあるとき、または何らかの不都合な瞬間に使用される可能性があります。

他の人の魅力について話す

他の人の魅力について話すことは必ずしも攻撃的ではありません。しかし、時間がたつにつれて繰り返すのは本当の問題です。 彼らがパートナーの自尊心を弱体化させようとしているのであれば、それは本当の言葉による攻撃になります。

他の人の魅力を見ることは問題ではありません。それについて絶えず話していて、自分のパートナーを他人と比べることが問題なのです。

結果として、その言葉の暴力を受けた人は劣等感を覚えたりすることがあります。

他人を風刺する

ユーモアや風刺としてパートナーを言葉で描写することがあります。時には、私たちは彼らの心を読むことができるように行動することがあります。

ここで問題なのは、時間の経過とともこれが繰り返されると、あざけりに変わることです。もちろん、それは彼らのパートナーに大きな影響を及ぼし、自尊心を低下させるでしょう。 実際、彼らは真実の自己をパートナーの描く像と混同するかもしれません。

感情的ブラックメール

感情のブラックメールは、気づきにくい言葉の攻撃のもう一つの例です。しかし、大きな傷を残す可能性のある攻撃です。

この方法のコミュニケーションは非常に微妙です。それは、この攻撃を実行する人は、周りの人に「すべてをやらなければならないのは自分たちだ」と思わせるからです。関係を良好にする責任があるのは自分たちだと思わせるのです。

操られた脳

感情のブラックメールをする人の話には特定の目的があります。人を操作しようとする人は、すべてが良好で正しく機能しているように見せるため、周りの人間がどのように働いているかについて話すのです。

こうすることで、被害者は起こったこと全ての責任は自分にあるんだと考えるようになります。これが交際関係でない間柄で起こった場合は、本当にめちゃくちゃになります。

ガスライティング

ガスライティングは、有名な映画のタイトルからその名をとった心理的虐待の一種です。 この場合、言葉の攻撃によって、相手が自分の精神的能力、知覚、記憶を疑うようになります。

嘘や操作によって、彼らは相手に甚大な心理的不快感を与えます。それらが不安と自分に価値がないような感覚を助長するのです。

したがって、それを検出するのは本当に複雑な状況です。 だから、心理学者は関係外の誰かから第三者の意見を得ることを勧めます。さもなければ本当に深刻な問題が生じる可能性があります。

「私たちが心を開いたら、多くの労力と血が救われるだろう」
– ジョゼフ –

これらの言葉による攻撃がどれほど「明白」であっても、私たちの目からであれば、それを認識することは必ずしも容易ではありません。 だから、私たちの関係に注意を払い、特にコミュニケーションの方法に注意を払いましょう。そうすれば あなたは自分自身の苦痛を救うことができるでしょう。