愛と責任:愛する人を大切にすることの重要性

誰かを愛する時、人はその人を大切にし、気にかけます。幸せで元気でいてほしいため、自分の行動や言葉に責任を持ちます。もしそうでなければ、すべてを失う可能性があるでしょう。
愛と責任:愛する人を大切にすることの重要性

最後の更新: 15 2月, 2021

愛と責任は表裏一体です。自分や自分の人生に関わる人を愛することには、責任を持って行動し愛する人の健康や幸せを気にかけることが含まれます。これは当たり前なことのようですが、多くの人が忘れがちなことでもあります。

その一例に、自分が抱えている問題で愛する人を責めるということがあります。あることの責任すべてを相手の肩にのせ、その状況における自分の役割に目をつぶりがちになるのです。人間関係は、それがどんな関係でも、お互いを助け合う相互関係で成り立っています。

この小さな社会的惑星では、すべてが大切です。あなたの行動、あまたが言うこと、そして言わないこともです。この小さな惑星が回り続けるためには、自分に責任を持つことを学ぶ必要があります。愛する人と共に、知性を持ち感受性豊かに行動する方法を学びましょう

「夢の中で責任は始まる」

W.B. イェイツ

愛する人 大切にする

愛と責任は互いを高める

有名な心理療法士アルバート・エリスは、人間は責任を回避したがると発言しています。悪い物事から逃げ出したり、それを人に押し付けた方が簡単ですよね。しかし、自分の人生で積極的になり、幸せや愛を求めるのであれば、自分の責務から逃げてはいけません。

ここ数年、責任や義務に関する疑問は、研究の対象として人気が高まっています。ミズーリ大学の心理学者が行った研究などは、もし私達が決断、自主性、家族や友達、パートナーとの関係を持つことに関し自由であれば、私達はこの力を発展させる義務があるということを思い出させてくれます。「責任」や「義務」という言葉には嫌になりがちです。しかし、責任と幸せは切っても切り離せないということを忘れてはいけません。

あなたの発言や行動は相手にとって意味があるため、自分の行動には責任をもとう

あなたのすること(しないこと)すべてにおいて、愛する人が気づかないことはないということを私達は忘れがちです。完全に自分に焦点を当てて過ごし、自分の行動や言葉が周りの人に与える影響を忘れてしまうのです。また、相手が自分を愛してくれているため、そういったことは気にしないだろうと思うかもしれません。しかし本当は、感情面ですべてのことが処理されろ過されているのです。

誰かを愛する時、あなたのすることや言うことは、特別に相手に影響を与えるため、愛と責任は相伴うものです。つまり、あなたは相手のウェルビーイングのために行動する責任がりあります。

自分のミスに責任を持つ

感情に長けていて大人な人は、自分のミスや誤りに責任を持ちます。起こったことを人の責任にしたり、罪悪感を人に投影しようとはしません。

何かが起こり、その責任が間接的あるいは直接的に自分にある時、前に出て状況に対処する必要があります。

何が正しく何が誤りかを意識する

責任と意識は幸せな関係における2つの重要な要素です。それぞれの状況で真実を識別し、何が起きたかを認識し、何が問題か、何が正しいかを見極め、適切に対応することが、健全な関係においてすべき行動です。

意識せず、また結果を考えずに行動し幼稚な振舞いをする人は、耐えがたいものです。自分の置かれた状況それぞれにおいてどう行動すべきか意識を高めることほど重要なことはあまりありません。

お互いの責任を持ちあう

愛と責任は、愛する人を守り、大切にしたいという真の欲求で繋がっています。相手に責任を持ち(相手はあなたに責任を持つ)ということにおいては、何より最善を尽くそうとすることを心にとめておくことが大切です。障害物ではなく助けになる努力をしましょう。心配や衝突で相手を落とすのではなく、飛ぶための翼になりましょう。

愛する人 大切にする

自分が欲しいものを知り、何が必要かを口に出す

人間関係における愛のもうひとつの要素に、人のニーズを満たすことがあります。私達の多くが、パートナーに愛される、尊重される、大切にされる、支えてもらうという同じ基本的要素を求めています。

また、何が必要で何を求めないか、何が足りないかをパートナーに伝えることも重要です。あなたが考えていることを予想してもらうのを待つのではなく、自分の表現の仕方を知ることもあなたの責任のひとつです。

愛と責任

友達、パートナー、母親、子ども、相手が誰であっても、人間関係は人生に意味や目的を与えるものです。日常的にこれを頭にいれ、本当に大切なものに焦点を当てられるようにしましょう。

人間関係に責任を持つということは、愛を探求することを意味します。これができれば、人生でこれほど豊かなものはないので、誰にとっても素晴らしいことです。相手を大切にすると、お返しにたくさんのものを得られるでしょう。このような関係があなたを成長させ、生きる意味を与えてくれます。まとめると、愛する人を大切にすることは、あなたに意味や幸せを与えてくれるものを大切にすることを意味するのです

こちらの記事もおすすめです。
カップルのなれ合いの関係
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
カップルのなれ合いの関係

「類は友を呼ぶ」これは人間関係にまつわる諺です。自分の周りの人をどう選ぶかには、無意識なパターンができていることを意味します。これは、その人と両親との感情的な人間関係、特に幼少期の関係に由来していることが多いものです。それが原因で心理学で なれ合いの関係 と呼ばれるものになりかねません。



  • Sheldon, K. M., Gordeeva, T., Leontiev, D., Lynch, M., Osin, E., Rasskazova, E., & Dementiy, L. (2018). Freedom and responsibility go together: Personality, experimental, and cultural demonstrations. Journal of Research in Personality73, 63–74. https://doi.org/10.1016/j.jrp.2017.11.007