あなたの愛撫は私の魂を活性化する

· 2018年2月13日

愛する人の愛撫は、私たちの魂を元気づける力を持っています。 それは、私たちの恐怖を抑え、隠された不確実性を明確にし、障壁を壊し、私たちの体に心地よい感覚を作り出す海の温かい呟きのようなものです。 賢明な手を通して、肌を癒して魂に達することができるような愛撫があるということです。

愛撫の芸術をマスターするには、とりわけ、感情の世界において、優れた職人であることを私たちに要求します。 信じられないかもしれませんが、音楽のような感覚や快楽といった特性は脳を起源に持っているからです。 誰が私たちを愛撫する権利を持っているかを私たちに伝えるのは脳であり、どんな種類の愛撫が私たちに大きな健康をもたらすものなのかを処理するのも脳なのです。

心地いい愛撫、抱擁、眼差しは、根が木に必要なように、私たちにとって必要なものです。 それらがなければ、私たちはゆっくりと枯れてしまいます。 私たちが念頭に置いて置くべき興味深いことは、私たちのDNAには、生き残るために身体的接触の必要性をコード化されているようだ、ということです。 新生児は、例えば、抱き合ったり、抱きしめたりしなければ、健康的に成長することはできません。 私たちも大人になると、愛する人たちとの絆を強めるために、このような愛のジェスチャーが必要です。

愛撫は私たちの肉体的喜びのためだけではありません。 それは、私たちの感覚から確立され、私たちの脳に安全性を与えてくれるものです。 そこには、私たちが考慮すべき特性が隠されているのです。

皮膚のない抱き合う二人

あなたの脳が欲しがる毎日の愛撫

雑誌「サイコロジー・トゥディ」に掲載された非常に興味深い記事によると、愛は「他の人間との安全で豊かなつながりの探索」という非常に控えめな方法で定義されていました。この愛という人とのリンクを通して、人々は自分自身を養い、恐怖を沈めてお互いを守るために感情的に団結します。

出産の瞬間から誰もが、愛情が存在する安定した人間関係を築く必要性があります。 そして愛撫は、皮膚や感覚を突き抜ける単なる言葉を超えることができる高性能な言語の一種とみなされています。 愛撫のおかげで人間関係の結合が強化され、脳は十分な量のエンドルフィンを私たちに供給してくれるのです。

では、愛情の欠如や愛する人からの肉体的接触が十分なされていない場合、神経レベルではどうなるのでしょう? 次のように2つの明確な考えにまとめることができます:

パートナーが愛情、愛撫、ハグをしなかったりと、愛する人からの感情的表現が少ない場合、その人との「断絶」が起こり、脳は一種のパニックを経験します。

・身体的な接触や感情的な言葉の表現が少ない場合、孤独を感じます。また、心が最初に脅威として理解する複雑なストレスの状況を生み出します。 身体的な接触がないことは、愛情の欠如とみなされます。 脳内のストレスの状態を作り出すのは、その愛情の欠如がもたらした魂の中にある深い隙間なのです。

水の中でつなぐ手

愛撫のもつ芸術

脳は人間の接触の喜びを伝え、日常の食べ物のように渇望します。 幸福と喜びと安全を生み出す身体的接触は、私たちに多くの意味を持つ大切な人によって提供されなければならないため、単に「触れる」だけでは不十分です。誘惑とつながりを再確認できなければいけません。そして彼らは感情を操る方法を理解している必要があります。

私たちが肌を愛撫するとき、同時に他人が自分の欲求を目覚めさせるようなものなのです。 皮膚は、500万の神経にリンクされた地雷のようなものです。 とても魅力的に感じませんか?だって、そのおかげでわたしたちは皮膚上を探検し、私たちの欲求を目覚めさせることができるからです。これらのメカニズムが、素敵な愛撫、私たちの魂を活性化させるものを生み出すことができるのです。

女性の背中に映る花、蝶、鳥

私たちの感情につながる魅力的な肌の地図

脳は人同士の接触に驚くほど反応します。 それはとても純粋で、本能的で、ほとんど魔法のようなものなのです。幼い頃から誰かが泣いたら、抱擁で慰められると泣き止むことが理解できるでしょう。 愛撫が苦しみを和らげ、肩や背中をさすられることでその人とさらに近づくことができ、励まされるのです。

The Journal of Neuroscience(神経科学のジャーナル)」に掲載された記事によると、愛撫は私たちの脳にとってまるで音楽のようなもので、誰がそれを提供しているのかによって、私たちのどのような感情を誘発するのか等が決まります。

愛する人同士にとって最も楽しい愛撫は、毎秒1.3㎝~10㎝の愛撫だそうです。 これは微妙で完璧な愛撫であり、「機械受容体」を活性化させ、脳に響きのあるメッセージを送ります。快楽のメッセージのようなものです。

脳は、私たちが人と触れることで人々と 「つながる」ことを許してくれます。 愛撫はまた、恐怖、欲望または悲しみの感情的な検出器なようなものです。 なぜなら、愛撫は脳の深い領域である感情にアクセスできる鍵のようなものだからです。

愛撫は、学位を必要としない「科学」を毎日練習することの重要性を思い起こさせる魅力的な主題です。 愛撫の芸術をマスターすることは、常に私たちの指先のみで行うことができるのです。