心理的虐待者を特定する5つの特徴

· 2018年2月15日

心理的虐待者は必ずしも識別するのが容易ではありません。 人々が私たちを傷つける唯一の方法は、誰かが物理的に私たちを攻撃することだけではないのです。問題は、手を出さずに私たちに害を及ぼしたり、圧力をかけたりできるような人が周りにいることです。しかし、彼らは物理的に私たちを攻撃する人たちと同じくらい、あるいはそれ以上のダメージを与えるのです。

男性優位主義、いじめ、差別…弱いと考える人を虐待することを正しいと感じることには、無数の理由があります。 それは不平等を表現する最強の方法の1つです。そしてもちろん、今日の社会に存在する成功と競争に関係しています。

「心理的な暴力によってあなたの心が侵される限り、あなたは自分が完全に役に立たずであると感じるでしょう」

-アナ・イザベル・グティレス・サラウツ-

私たちはどこでも心理的虐待者を見つけることができます。 私たちの家族生活、人間関係、大学、仕事、そして友達の中…。 逃げ道がないかのように彼らはそばにて、避ける方法はありません。 しかし、私たちは性格の特性から彼らを識別することができます。 だからこそ、警戒し、その人の真の意図をどのように解釈するかを知ることが重要です。

心理学者をはじめとする専門家たちは、その評価方法について完全に同意していません。しかし、心理的虐待者は精神的な病気を患っているわけではないことは確かです。 ほとんどの場合、彼らは単に相手よりも力を持っていることを実証するために損害を引き起こします。 そんな彼らを定義する顕著な特徴があります。 ここでそのうちの5つを見ていきましょう。

木の枝の羽が生えた男性

1.不寛容さと心理的虐待者

虐待者は違いがあることを認めません。 彼らの世界が唯一の世界であり、他の人々には価値を置いていません。 交際関係においては、いつもパートナーを自分よりも劣っていると考えています。 彼らは、男性優位主義やフェミニズムが間違った限界に達したケースです。

彼らは社会が自分を扱う方法に従って他人を扱います。 意見が合うならその人にアプローチします。しかし自分の身分を特定してくれる人だけにアプローチするのです。 そうでなければ、彼らとの距離を維持したり拒否します。 この心理的虐待者は社会的偏見の影響を受けています。 そういうわけで、彼はしばしば差別的であり、他の人には無礼であると見なされます。

2.柔軟性の欠如

虐待者は真実を所有しているかのように考え行動します。 他人の意見を気にしません。 自分の考えを押し通す傾向があります。合意を試みる時も、自分の視点が正しいと思うので一歩も譲りません。

心理的虐待者は、自分がすべての状況のマスターであり常に正しいと考えています。 他の人の違った意見は全て間違っていると考えます。 彼はいつも目立ちたい、人々を操ってでも注意を集めたいネガティブなリーダーです。

3. 白黒はっきりさせたがる

燃える傘をさす女性

心理的虐待者にとっては、白と黒だけが存在しています。 彼は他のどんな種類の色合いも受け入れません。これは、彼だけが正しくて、他人は単に間違っているとして考慮に入れないようにします。また、彼は自分の間違いを認識することもできません

この虐待者は、「愛と憎しみは紙一重として捉えるもの」とまとめられています。 彼は人生を2つの極端なものとして認識し、それらが一緒になって激しい結果を生み出すことができると考えています。 彼にとって、物事は良いか悪いかのどちらかです。 真実または嘘、勝つか失うか…。 そのような人生を理解する方法に従って反応するのです。

4.過敏症

彼らは感情を管理するのに苦労する人々の一種です。 彼らは失敗すると、再出発が難しいと感じます。 反対に成功すれば、自分自身だけの力で天国に到達したと信じています。 極端なものはすべて悪質であると知恵は言います。 しかし、心理的虐待者は過激主義を好むように見え、自分自身にもそれを適用するのです。

彼らは自己批判をする方法を理解していないと同時に、自身を厳しく、しかし表面的に判断するのです。 彼らは簡単に落ち込んでしまう傾向があります。 そしてしばしば周りが救えないほど難しい深さに落ちます。

これは自尊感情が低く、永遠の不安状態に陥り、自分を犠牲者にする傾向があるためです。

5.魅力と心理的虐待者

顔の半分が虎の男性

彼らは被害者の信頼を得ながら、世界で最も素敵な人々のように行動することがあります。 周囲の人々がこの虐待者の真の意図を発見することは困難です。 心理的虐待者はアカデミー賞にも勝る役者なのです。 彼らのカリスマは人々を驚かせ、どこにいても誰もが彼らのことを大好きなのです。

彼らがマスクを外して本性を表しても、他の人(特に被害者)は、彼らが虐待を受けていると信じることを拒否します。そして彼らの失望はとても大ききすぎて、おそらく多くの人がこの人が心理的虐待者であるというひどく恐ろしい真実を受け入れることはありません。

これらすべての特質にもかかわらず、心理的虐待者はしばしば苦しみに満ちた人生を歩みます。彼が受けなければいけない最悪の刑罰は本当に誰も愛することができないということです。 そういうわけで、彼らの日常生活は孤独と空虚であふれています。 虐待者は、最終的には、彼自身の虐待の犠牲者なのです。

画像提供:クリス・ミセッティ―、ツリーシスターズ