愛せない場所にとどまる意味はない

· 2018年1月12日

恋人と別れることを失敗とする必要はありません。恋人と別れないように躍起になると、感情的な自主性の「失敗」が起こります。発展することない非健康的で、非生産的な恋愛関係の継続です。これは、純粋に激しく愛することができない恋愛関係です。

フリーダ・カーロが言っていたように、愛のない場所にとどまる意味はありません。重荷のように手放すことができないものを運んでいるだけだからです。運んでいるものは重くのしかかります。のしかかっているものは最終的にわたしたちを沈めます。

 

恐怖や疑念は普通でよくある感情であることを理解することが大事です。さらに、それはわたしたちの人生の中で付きまとってきます。しかし、犠牲があるにもかかわらず恋愛関係を継続させようと躍起になることは、感情的自殺に他ならないということを覚えていておいてください手

ステージの閉じ方を知る:感情的成熟のステップ

人生における特定のステージをいつ閉じるべきか決定するのが困難な時があります。多くの場合、恋愛関係はかなりの不快感ととらわれの感情の餌食となります。初めの症状は、感情的な閉所恐怖症です。恋愛関係におぼれ、飛び立つ必要があるように感じます。自治をすべて失ったように感じ、このような関係を続けていく意味が感じられなくなります。

このような状況の解決方法は(もし解決しようとするモチベーションがあるなら)、感情的対立は2つの方法のどちらかで解決します。この無意味な関係にとらわれたように感じ、出口が見つけられずぐるぐる回り続けることは簡単です。

 

「すべて解決」の魔法がないという苦しみを和らげるためには、次のステップをとることにつながる姿勢、経験、感情、期待の合流にかかっています。わたしたち一人一人が自分を精査し、状況を変えるために自分は何をしているのか、していないのかを本当の意味で定める必要があります。それと同時に、自分が何をしたいのかを考えることも大事です。

このような決定を行う瞬間には、深い痛みの形で空っぽの恐怖から脅されます。別れることの恐怖は当たり前です。だから、自分が何が欲しいのか、何をしたいのかと同時に、相手のモチベーションを考えることが不可欠です。

カップルダンス

飛び立つと決めたら、はじめは落ち着かなくなるだろうということを心にとめておいてください。壊すことを目的に作り上げた城を去ることによって、不確定さや痛みが引き起こります。そのため、さよならを言うことには勇気がいります。

避けることができる痛みは止めることができます。カップル、友情、どんな人間関係にも言えます。幻想や幻滅に終止符を打つことも大切です。他に解決策がないからです。

ドアや窓を閉め切るような「さよなら」を言う勇気が出たとき、新しいものに対する「こんにちは」を伝えるための新しいドアや窓が作られます。

時折、ヘビは脱皮をします。古い皮を脱ぎ捨てるために、ヘビは狭い石の間を滑って進みます。この石はヘビの体を押しつぶし、ひっかき、要らなくなった層を取り除くのを助けます。もちろん、これは気持ちいいものではありません。痛みを伴います。でも、古くなったものを取り除く助けになる行動です。そして、新しく新鮮なものへの道を切り開くためにヘビは脱皮するのです。

雨と花びら

皮を脱ぎ捨ててさよならを言う時、新しい始まりによって深い苦しみを感じるかもしれません。わたしたちは生まれ変わるための、成長するためのスペースを自分に与えているということを忘れないでいましょう。人生のドアを閉じる苦しみは回避できません。でも、それを行うことは自分を愛することと同異議です。

別の方法で自分の人生を思い描いてみることが大事です。勇気をもって、カギを変えてみましょう。結局は、進化の方法を理解していることが重要です。自分のニーズに合うように、自分自身に安定感を与え、人生の体温を調節しなければいけません。

時には変化を起こすことは重要です。重い石が詰まったバックパックを空にします。ふさわしいと思うものが機能していないのに継続させようとしたことによる腰痛の痛みを和らげるためです。