実らない恋の不思議な魅力

· 2018年1月20日

実らない恋のほろ苦さや甘さ、そして魅力に陥らない人がいるでしょうか?これを聞いてまず始めに思うのは10代の恋でしょう。思春期の頃に先生に対して思いを抱いた人もいるでしょう。プラトニックな恋ではその人の笑顔を見るだけで満足出来てしまいますが、それはやがて、もっと大きな夢へと導きます。何も起こらなかったかもしれませんが、そういった恋への可能性を夢見ることは奇妙な楽しさがあるのです。

もちろん、アイドルや有名人などへの実らない恋というものもあります。これは恋の対象が自分の存在に気づいてなくとも、画面上の相手に対して思う感情です。相手に対して近く感じるのに、現実では何光年も遠い存在なのです。しかしそれでも、多くの10代や若者、大人でもこういった経験をするのです。

「恋は戦争のようなものだ。始めるのは簡単で、終わらせるのは難しい。そして、忘れる事は不可能なのだ。」-ヘンリー・ルイス・メンケン-

しかし、実らない真実の恋は火花を散らして始まり、炎のように燃え上がりますが、悲しいことに、不運と障害によって囲まれています。

実らない恋の様々なタイプ

専門家は実らない恋には基本的に3つのタイプがあると言います。1つ目は「ゴーストラブ」と呼ばれ、2つ目は「ナルシスティックラブ」、そして最後に「ディフィカルトラブ」とあります。1つ目は存在しない誰か(あなたの視点で)に対して恋に落ちるケースです。あなたは誰かを愛したくなり、その人が実際には持っていない特徴や美徳を見ようとします。これは、幼少期の頃のギャップを埋める方法として表されます。

人の影とハート

その次に実らないナルシスティックラブというものがあります。人生をかけて自分に相応しい完璧なパートナーを探すのですが、見つけることは出来ません。その恋は空っぽで、自分自身の高貴なエゴに対しての欲望なのです。

最後に、障害などによって生み出されるディフィカルトラブという実らない恋があります。これは、結ばれるのに相当苦労が必要な恋で、特定の状況が、それをとても複雑なものにしています。例えば、相手がすでに誰かと付き合っていたり、結婚している場合などがあります。また、単純に相手が自分に恋に落ちてくれないというのもあります。他にも、強い宗教観やイデオロギーの違いによって実らないものもあるのです。

このケースでは恋に落ちたパートナーが既に死んでいるものも含みます。相手はもう他界しているのに、そこにあった愛は死んでいないのです。少なくとも、しばらくの間は存在していない人に対しての愛から離れることができません。しかし、そこに他の感情的問題が関係していない場合は、これは時間と共に克服出来るようになります。

実らない恋の魅力

このような実らない恋は私達の中にいる詩人を発見する導きとなります。現実的な人はそういった経験をしませんが、そのような人達は素晴らしい経験と苦しい経験の両方を逃しているのです。その炎を燃やし続ける為には、全ての恋に少しの不可能が存在している必要があります。それを経験することで魂は燃えますが、それと同時に創造性や生と死へ衝動も駆り立てます。

目をつむる女性

実らない恋は悲劇のようなものです。少なくとも、実現へ向けて苦労する事はそのように感じるでしょう。それはあなたを苦痛で埋め、同時に相手を諦められない事と実現できないという矛盾に気づきます。それは苦しみと喜びを同時に経験するようなものです。

このような事実があっても、こういった恋にはユニークな魅力があります。それはあなたの中にある一番深い部分を試しているのです。唯一確かなことは、あなたはその恋を忘れないということです。それは冷たい記憶に変わることはないでしょう。時間と共に消えていきますが、ずっと火花を散らし、あなたの鼓動を早めます。

時に、実らない恋は負担になります。それは、あなたがその幻想を諦めきれず盲目的にすがる時に起こります。もしそれを受け入れられない時、これは酷い痛みになり、あなたを病気にしてしまう事もあります。しかし、もし真実の恋を学びたい時、実らない恋は最高の先生にも成り得るのです。