アントニオ・ダマシオ:感情の神経学者

· 2018年3月17日

人々はアントニオ・ダマシオを「脳の魔法使い」と呼んでいます。そして彼が、精神プロセスを新しい形で理解してくれたことに感謝しています。

彼は南カリフォルニア大学で神経科学、神経学、心理学の教授を務め、2005年にアストゥリアス皇太子賞を受賞しました。彼の感情や意識のメカニズムに関する研究は、大きく取り上げられました。

多分あなたはすでに彼の名前を知っています。 もしかするとあなたは何年も彼を見ていたかもしれないし、偶然に彼の本の1つを見つけたかもしれません。

彼の最もよく知られている本の1つ、「自己が心にやってくる:意識ある脳の構築」は、私たちがすでに知っている脳というこの魅力的な器官について、考え方を大きく変えるような本です。

私たちの脳は、アントニオ・ダマシオにとって謎とは程遠い存在です。 実際には、彼が非常にはっきりと解明している明確な実体です。 ここから彼が素晴らしい科学者であり、偉大な教育者であることは明らかです。

「感情と気持ちの違いを理解することで、愛情の本質を研究するための障壁が取り除かれました。」

-アントニオ・ダマシオ-

私たちの脳には、社会そのものと人類としての本質があります。 彼は彼の多くの作品で、「脳の機能をより深く理解して初めて私たちはもっと幸せになることができるでしょう」と繰り返し言っています。

脳

アントニオ・ダマシオ:違う種類の神経科学者

神経科学者にはさまざまな種類があります。 しかし、ずっと前から、機械的な、還元主義的な種類の学者が多すぎました。 彼らは、例えば、日々の私たちの思考、反映、決定は、脳の特定の領域における特定の神経のグループの単純な結びつきの結果であると言うような科学者です。

では、それはどこで私たちの意識に適合するのでしょう? すべてを調整できる特定の領域はあるのでしょうか? 感情や気持ちはどうですか?どこで生産されますか?

従来の科学者の多くは上記の質問に笑いを浮かべていたでしょう。

しかし、今日ではアントニオ・ダマシオのように還元主義的アプローチをわきに置いた、インスピレーションを与えてくれる人がいます。彼らの新しいアプローチは私たちが意識や感情のような概念の重要性を理解するのに役立ちます。

意識は、まず頭脳の特定の部分にはありません。 意識はすべてに存在するプロセスであり、他から独立した存在なのです。

実際に、ダマシオ自身によると、バクテリアやアメーバのような単細胞生物でさえ、意識が少しはあるのです。 それらは彼らの完全性を維持するために働くので、生き残ることができるのです。

したがって、すべての生物、すべての生き物はある程度の意識を持っています。 そして、それらは彼らの環境に適応して発展します。

一方、私たちは巨大な進化の飛躍を遂げました。 私たちの意識には、記憶、想像力、創造性、論理的な推論のような次元が含まれています。

野原に立つ女性

アントニオ・ダマシオ:感情と気持ち

アントニオ・ダマシオについて話すときに、神経科医でもある妻のハンナ・ダマシオを忘れてはいけません。彼らは研究で肩を合わせて働きます。一緒に彼らの発見を大衆にもたらすという目標に向かって努力しているのです。

多くの患者のおかげで、ダマシオ夫婦は大量のデータを収集しました。そのデータを用いて、彼らはいくつかの重要な仮説を立てました。

そのうちの1つは、感情は実際には化学反応と神経反応のグループの特有のパターンであるということです。 アントニオ・ダマシオはそれを「体細胞マーカー」と定義しました。

この名前をもって、彼は私たちにはどのように感情的な痕跡があり、私たちを反応させるのかを指していました。 それは特定の行動に影響を及ぼすか、あるいはどのようにして特定の決定を下すのか、他の決定には影響しないのか、などということです。 さらに、彼によれば、情動は感情の前に来るのです。

感情対気持ちの例

例を挙げましょう。私たちが道を歩いているとして、誰かの叫び声を聞いたとします。私たちが瞬時に感じるのは身体的な反応です。私たちの心はスピードアップし、麻痺し、瞳孔が広がり、瞬時に気持ちや恐怖感を感じるでしょう。

感情、それはダマシオにとってに属し、一連の特定の化学的および有機的変化を誘発するものなのです。情動の後に来る感情は、私たちの考えとはるかに深い関係があるものなのです。

「情動や感情はぜいたくなものなのではなく、私たちの精神状態を他の人に伝える手段です。 しかし、それらはまた、私たちが決定を下すためのガイドでもあります。」
-アントニオ・ダマシオ‐

二人の脳と神経

アントニオ・デマシオは、情動や感情をさまざまなものとして見ることを学ぶことが非常に重要だと考えています。そして、情動がどのように先に来るのかを見てみる必要があるといいます。

たとえば、ストレス、引き継ぐ否定的な感情、それが引き起こす身体的不快感または病気、そしてそれらの精神状態が私たちにしていることについて考えてみましょう。 私たちはより多くの悲観的で柔軟性のない考え方を持ち始めます。また、私たちは日々の問題から抜け出す方法を見つけようとするのをやめるでしょう。

したがって、私たちの目標の1つは、ポジティブな感情を育成することです。 そして、私たちの体をケアをする必要があります。 私たちは、肉体的にも精神的にも安全であり、平和も保つ必要があります。

それは私たちが皆経験できることです。いくつかは、瞑想やリラクゼーションを実践することによってそれを行うことができます。落ち着いた身体とは、リラックスした心を意味します。

参考文献

ダマシオ・アントニオ(2003): Looking for Spinoza. Joy, Sorrow, and the Feeling Brain. Random

House.ランダムハウス、ニューヨーク

ダマシオ・アントニオ(2010). Self Comes to Mind: Constructing the Conscious Brain. ビンテージ、ニューヨーク