自己愛を持って依存を断つ

2017年11月9日

私は自己愛が「それは価値がないものだ」と声を上げるまであなたを愛していました。私は最後の時を迎え入れ、心にある鎖を外し、あなたと同じ背丈になるように履いていたヒールも手放しました。そして私は、あなたは私が生涯かけて愛したい人ではない、一日もひと時も愛するべき人ではないということを知りました。わたしはこんなにも価値があるのに、あなたはわたしに自分自身が価値のないものだと思い込ませた、と感じたのです。

あなたの方が価値があるわけでも、わたしに少ししか価値がないわけでもない」という言葉は、疑いもなく個人に革命を起こすようなものであることでしょう。 私たちの尊厳を揺るがす自尊心と向き合う勇気を再確認することができる行為です。しかし、自己愛と依存に線を引くための精神的、感情的な強さを持つことは簡単ではないことを認めなければなりません 尊厳とあきらめの間のことです。

「自己愛が傷つくことはあっても、決して殺されてはいけない」

-アンリ・ド・モンテルラン-

 

「自己愛」という言葉は今非常に人気があり、それらの書籍、マニュアル、授業に至るまで、「自分自身を愛していなくては、誰も健全な関係を築くことができない」という呪文のような言葉を繰り返しています。 それを念頭に置いて、最初にそれを達成するための公式のようなものを知っていれば、自己愛を最も適切な方法で適用することができるのです。

自己愛は、本を通して、あるいはそれを反映して得ることができるわけではありません。 それは受動的な存在ではありません。 自己愛は、行動を通して成長する自分自身の絶対的な評価であり、同時に、これらの行動をもっては肉体的かつ感情的な健康を築くことができます。 それはまた、うまくいくときもあればそうでないときもある、動的な次元です。

私たちはこのことをよく覚えておくことを勧めます。

妖精の踊り

私はあなたにすべてを与えた

天文学者は、宇宙において、人間の感情的な関係に非常に似ている現象が常にあると言います。 その例の一つが、望遠鏡から見たヘネシー 2-428と呼ばれる星雲です。その特異な美しさと独特な謎は魅力的ですが、現実には、この星雲は星の人生の最後の段階にある2つの古い星の結合である白い醜い融合体なのです。

星が4時間おきに周回することを、カップルの例として考えてみましょう。 彼らは信じられないほど美しい舞踊のようなものを形成しますが、遅かれ早かれ彼らは別れます。 何らかの形で、我々も天体と同じような力の依存を展開します。 愛と呼ばれるものがほこりほどにしか残っていないにもかかわらず、私たちはそれらを養うのです。 私たちの自尊心が糸でぶら下げられ、風に逃げられるほど強い重力波で、私たちはその不健全な愛の周りを回ってしまうのです。

星の光

おそらく、その愛はそもそも価値のないものだったのかもしれません。しかし、私たちがその依存について理解するまで、目を開いてきちんと見ようとしないでしょう。しかし、宇宙の星は自分自身の個性、自己愛、私たちの個性のようなもので、自分たちの光を消すことはないということを心に留めなければいけません。

自己愛のためのレシピ

私たち自身の骨のような具体的なもので自己愛を視覚化してみましょう。それは私たちをサポートし、強さ、抵抗する力を与え、私たちの日々の愛にまつわる問題を乗り越えるために、調和のとれた正しい動きをもたらしてくれます。たとえばもしその骨の脛骨や大腿骨が折れている場合は、松葉杖や車椅子が必要になります。そして私たちは誰かに依存してしまいます。

この個人的な問題は、非常に重要なサポートを必要とします。それにもかかわらず、時にはうまくいくこともいかないことも、磨耗し、裂傷し、その結果として痛みが生じることもわかっています。そのため、レシピを構成する要因を「良好な状態」に保つことが重要です。

 

少女と鳥の絵

自己愛を統合するための柱

最初の柱は、間違いなく個人の一貫性です。これは多くの人が勇気を必要とすることで、それを守り適用することは実は少ないのです。一貫性とは、私たちが何を感じているのか、私たちが何をしているのか、考えていることを表現しているのかの相関関係を維持する必要があるということを意味します。

場合によっては、必要なものを自分の望むものよりも優先させた方がよい場合もあります。たとえば、今あなたはある人との交際を終えたところだとします。孤独と苦痛があなたを絶望に陥れています。あなたが緊急で求めているのは、それらの空隙を埋めることができる人を見つけることです。それで…実際あなたはそれを本当に今必要としていると思いますか?

限界を設定することは健康なことです。私たちはしばしば興味深い言葉である「フレネミーズ」(友を装う敵)を用います。これは、私たちの周りにいる、友人を装っているけれど、実際には有害で、敵である人々を指します。これらの人々との関係と接触をやめることが必要です。

中途半端なことやろくでなしを受け入れずに意思を持って生きてください。自己愛には決意が必要で、心の恋や昼間の談笑、夜の涙も必要ないのです。また、「これらの条件を満たすことができればあなたを愛している」ということはあり得ないのです。

意図的に生きることというのは、幸せになるためには、決断を下さなければならない天体の周りを不規則に周回して、崩壊と消滅を遅らせることではないと理解することです。私たちが本当に値するものを引き付けるために、輝き、光、声、勇敢で価値のある心を身に着けることを学びましょう。

画像提供:Yoshii Chiee、Kris Knight