アルプラゾラム:働きと副作用

· 2018年9月6日

不安やパニック障害、極度のストレスの治療にアルプラゾラムがよく処方されます。ソラナックス、コンスタンという商品名を聞いたことがありますか?大変効果的な精神薬ですが、耐性・依存のリスクがあるため、十分な経過観察を必要とします。

商品名は知っていても、注意事項までは知らない人が多いでしょう。まず、これは、中時間作用性ベンゾジアゼピン系の薬です。即効性があり、不安やパニック障害を抱える人に有用です。

アルプラゾラムはソラナックスなどの名前で知られるベンゾジアゼピン系の薬で、不安の治療に有効です。

アルプラゾラムは、抗うつ作用、筋弛緩作用もあります。抗不安薬であるため、うつ病のだけの治療に使われるものではありません。うつと併発する不安や神経症の治療に使われます。

薬理学的に効果的で有用なことは事実ですが、副作用も無視できません。

悲しむ女性

アルプラゾラムとは?

ソラナックスやコンスタンの有効成分がアルプラゾラムです。一般的に、一錠につきこの成分が0.5mg含まれます。その他の成分は、ラクトース水和物、微結晶性セルロース、コーンスターチ、安息香酸ナトリウム(15%)を含むドキュセート(85%)、二酸化ケイ素コロイド、ステアリン酸マグネシウム等です。

1960年、アップジョン(現ファイザー)は、バルビツ―ル酸系に変わる薬として初めてアルプラゾラムを合成しました。依存性が強く、重篤な副作用をもつ薬です。パニック障害の治療薬として認められたのは1981年になってからです。それが成功のきっかけとなり、現在世界中で最も処方されているベンゾジアゼピン系の薬です。

アルプラゾラムの処方

ナタリアは6年間アルプラゾラムを服用しています。常に飲み続けているわけではなく、反応や思考に影響を与えるほどの不安に襲われた時のみ服用しています。パニック障害やその他のストレスにより仕事に支障が出る時、また子どもの世話ができなくなる時です。

突然の父親の死が彼女に大きなショックを与え、今も立ち直れません。彼女の主治医は、ある条件付きで、この薬を処方しました。それは、状況が危機的な場合のみ服用すること、飲み続けないことです。これはアルプラゾラムが有効に働く、数ある状況の中の一つの例です。どのような症状に使われるかを見てみましょう。

  • 不安障害
  • パニック障害
  • 心理的ストレスや適応症候群
  • 不安―うつ病
  • 社会恐怖症

アルプラゾラムのメカニズム

薬は消化管で吸収されます。生物学的利用能は80~90%で、すぐに機能します。肝臓で代謝され、尿を通して排出されます。1日3回0.25~0.5mg処方されるのが一般的です

ベンゾジアゼピン系の薬のメカニズムはどれもほぼ変わらないということを頭に入れておきましょう。GABA受容体に作用します。アルプラゾラムの構造は特徴的です。三環系抗うつ薬に似ています。これらは不安を軽減し、同時に鎮痛作用、催眠作用、抗けいれん作用があります。ベンゾジアゼピン系の薬は非常に強力であり、すぐに消失します。

錠剤

副作用

アルプラゾラムは、他の薬物、特に精神薬と同様の副作用があります。12週間(中断期間を含む)以上続けて服用してはいけません。

医者や専門家が経過を観察する必要があります。そして、他の薬物を治療に加えるか、量を減らすか、アルプラゾラムを中断すべきか(逆効果になる場合もある)を判断します。

この薬の副作用を見てみましょう:

主な副作用

  • 眠気
  • 頭痛
  • 便秘
  • 下痢
  • ドライマウス

より重篤な症状

  • バランスを失う
  • 食欲増大・減少
  • 疲労
  • 記憶障害
  • 混乱・注意散漫
  • 吐き気・嘔吐・下痢
  • 性欲の変化
  • 月経不順
  • 尿閉
頭を抱える女性

禁忌

アルプラゾラムが向かない患者もいます。健康に関わる専門家が注意すべきケースがこちらです:

  • 狭隅角緑内障の患者には使えない
  • 呼吸器疾患・腎不全を抱える人の不安にはアルプラゾラムは使えない
  • 妊娠・授乳中の女性は避けるべき

最後に、アルプラゾラムは不安の治療に効果的で有用な薬物療法ですが、唯一の方法ではありません。同時に心理療法を受けることが、問題の元を解決する最良の方法でしょう。

参考文献

Salazar, M.; Peralta, C.; Pastor, J. (2011). Manual de Psicofarmacología. Madrid, Editorial Médica Panamericana.

Caplan, JP, Epstein, LA, Quinn, DK, Stevens, JR, y Stern, TA (2007). Efectos neuropsiquiátricos del abuso de medicamentos recetados. Neuropsychology Review , 17 (3), 363-80. doi: http: //dx.doi.org/10.1007/s11065-007-9037-7

Gómez, M. (2012). Psicobiología. Manual CEDE de Preparación PIR.12. CEDE: Madrid.