あなたの人生を変える7つの質問

2017年11月2日

時々、私たちは質問を尋ねる方法がわからず、答えを見つけることができないことがあります。私たちが深い話題について大きな質問をしても、最終的にはそれがどこにもたどり着かないことも多くあります。たとえば、「私の人生にはどんな意味がありますか」という質問は、その一例でしょう。

大きな質問をすることは大きな答えを得ることにつながりますが、「大きな質問」と「不正確な質問」の間には違いがあります。後者は、同時に多くの要素が関与し、制限に欠けているので前者の質問よりも応えるのが難しいのです。

「時には生きることなく何年も過ごすことができますが、突然、私たちの一生が一瞬に集中することがあります。」

-オスカーワイルド-

そういうわけで、質問を正式に管理することは、正しい答えに向かっていく一つの方法です。以下には、あなたの生きている道、正しい道を歩いているかどうか、あるいは止まって別の方向へ出発する時であるかどうかをを評価するための7つの質問を示します。これは何らかのテストではありませんので、時間をかけて回答してください。

1.10年後に死ぬと言われたら、人生で何を変えますか? 

死に至る経験は多くの人々の生活を変えます。 これは理由がないわけではありません。 一般的に私たちは永遠であるかのように生きています。 死は将来私たちの持つ唯一の確かなことであるにもかかわらず、私たちは死を完全に避けています

三つ目の女性

いつかすべてが終わることを思い出すことによって、私たちのために本当に重要な事柄がより明確に現れます。 そういうわけで、あなたがこの質問に正直に答えることで、あなたを幸せにするものの新しい順位を作り上げることができます。

2.あなたは新しく生まれた子供にどんなアドバイスをしますか?

答えを出す前に、この質問について深く考えてください。 この応答は、あなたが生まれてからあなたが学んだことの多くを凝縮させるでしょう。 それはあなたの経験とあなたが人生で達成したものの結論になります。

興味深いのは、あなたがその “知恵のカプセル”について考えたとき、今あなたがしなければならないことと、その新生児に与えるアドバイスが一貫していることです。 あなたはすでにそれを始めていますか?それとも今始めるべきではないですか?

3.もしカレンダーがなかったら、あなたは何歳だと思いますか?

年齢は非常に相対的な問題であり、私たちが何歳になるかは、毎回チェックボックスを付けるようなものです。 厳しく言えば、生まれてからは、子供、青年、大人、老人が私たちのなるべき姿であることが決められています。

しかし、ほとんどの場合、私たちの存在で優先されるのは年齢だけです。 あなたは実際には何歳ですか? あなたはなぜその年齢であると感じますか?というのが正しい質問です。

心のカギ

4.あなたの人生の最大の間違いは何でしたか?それをどのように解決しましたか?

間違いに直面したときの私たちの立場は、私たちが誰であるか、そして私たちがどのように存在しているのかを明らかにする要素の一つです。 間違いや解決方法は、自分自身をよりよく理解するための重要な鍵を提供してくれます。

あなたの人生の中で最大の間違いが何だったのかを理解することによって、あなたの主な弱点解決につながる道を見つけることができます。 大変な時に直面したときに使う傾向がある行動を視覚化することができます。

5.あなたが本当はしたいけれど評価されるのが怖くてしていないことはなんですか?

他の人の視点や意見は、行動に対する強い条件となり得ます。時にはこれは健康的であり、私たちが住んでいる環境にある程度適応できたことを示しています。

しかし同時に、条件付けの背後にあるものは、評価されることに対する大きな恐れです。私たちが信じていることへの尊重ではなく、他の人が言うことに対する恐れに基づいて行動します。この質問への答えは、あなたの抑圧されていた気持ちに近づくことができるでしょう。

 

胸を射られた女性と赤いドレス

6.あなたが一生覚えているであろう、今年行った5つのことはなんですか?

この質問では、あなたが目標に沿って本当に生活しているか、またはそれが些細なことで失われてしまったかどうかを判断できます。 関連する目標とは、大きなプロジェクトに関わるものではなく、あなたの人生の本質を伴うものです。

このリストをそれなりに簡単に作ることができれば、確かにあなたは熱心に生きています。 一方、あなたがそれらの5つの事実を容易に見つけられないなら、あなたの行動している様子を振り返る時かもしれません。 あなた自身について少し忘れてしまっている可能性があります。

7.どの仕事があなたを幸せにしますか? あなたがその仕事していないとしたら、それはどうしてですか?

誰もが自分が好きな業界で働くという目標を持つべきです。 仕事は私たちの生存だけでなく心の健康の柱の一つです。 これが私たちの幸福の大部分を仕事から引き出すことができる理由です。

あなたが本当に愛していることを本当にやっているかどうかを考えなければならないかもしれません。 あなたは本当に好きな分野で働いていますか? あなたはあなたが望む職場で働くことができる道に沿っていますか? あるいは、やりたくない仕事から抜け出し、その状況を変えることをあきらめてしまいましたか

アリスとウサギ