あなたの輝きを疎ましく思う人がいる

2018年2月11日 in 好奇心 212 シェア済み
頭が花でいっぱいの女性

あなたが輝いて、その気持ちを他の人々と共有したいという行為は、心が完全に闇で満ちている人たちには疎ましく感じられるでしょう。あなたの幸福を皆で共有したいのに、その行為があなたの明るさを消し去るかもしれないというのは残念なことです。

きっと、あなたはそのことをすでに知っているでしょう。この世には、光いっぱい輝く人と、その人の輝きを利用して他の人を盲目にしてしまう人がいることを。 後者はまた、私たちを圧倒し、最もサポートを求めているときに私たちを置いていく人の典型です。

「嫉妬は精神的な飢餓で、飢えの1000倍もひどいものです」

-ミゲル・デ・ウナムロ-

このような闇に生きる人々はあなたを必要としないことを覚えておいてください。そして、この人たちをあなたの人生の中にとどまらせることもあなたにとって良くないと理解してください。だって、真の友人とは悲しみの時にお互いを助け、あなたが目標を達成したときにあなたと祝う人たちのことなのですから。

有毒な人々は彼ら自身の毒で溺れる

明るさと暗さは自然の一部であり、それぞれを象徴する2つのタイプの人々が共存しています。彼らはお互いコミュニケーションをとり、汚染されることもあります。 これがまさに、暗闇の中に住む人々に会った時、あなたの放つ輝きが他人にとって悩ましい理由です。

ハスに紛れて湖に浮く女性

もちろん、あなたの明るさは不愉快なものではありません。しかし、一部の暗闇で生きている人には醜い魂を持ち、嫉妬が止まらない人もいるです。そして彼らの気分が良くなるためには、あなたの光と輝きを奪う必要がある人もいます。 おいしそうに見えるけれど実は毒が入っているキノコがあることはご存知ですよね? このキノコは、このように闇に住んでいる人たちと同じなのです。彼らはあなたに近寄ってきて、あなたのために側にいてくれると錯覚させますが、その時になるとあなたに毒をまくのです。

そういうわけで、有毒な友情は避けなければならず、私たちが感じる幸福を分かち合えない人は捨てなければなりません。 考えてみてください。あなたが何かを達成したことを喜ばない人は、あなたを大切に思っていないのです。

幸せになることが歓迎されているか、それとも人を怒らせているか?

私たちは、良い出来事や夢を知っている人と分かち合うことが好きです。 私たちは、人生において幸せであることを人々に表すことを楽しんでいます。 私たちは、ソーシャルネットワーク、電話、メール、歌など、何千もの方法でそれを行います。

私たちのために幸せになれない人々の顔に示された不満を理解していないのです。 私たちは、笑顔を返すか、抱き合うか、彼らが「素晴らしい、おめでとう」と言ってくれることを期待します。その時、私たちの明るさは消え、私たちが期待していた反応を見ることはできないのです。

「あなたが幸せでうれしい」-ポール・オースター-
シェアする

手に草を持った日の中の女性

正しい人なら、あなたの幸せを感じて幸福は伝染性であるとの結論に至ります。しかし場合によっては、あなたの内なる平和が他人に不快感をもたらすこともあるのです。これはあなたとは無関係であり、その人の感情の管理の仕方のせいです。

あなたの明るさを揺るがすのはその人の抱える暗闇かもしれない

面白いたとえがあります。あなたもそれに納得、または同意するかもしれません。それは「あなたの光を嫌う人は知恵の歯のようだ」ということです。理由を説明します。

親知らずの歯が表面に出てくるときのことを思い出してください。初期の段階では私たちを悩ませることはありません。しかし大丈夫だと思えば私たちを傷つけます。 私たちは嫌な気持ちになり、力が弱まる気さえします。現状をよくするための唯一の選択肢は、それらを取り除くことです – 私たちの生活をこれ以上悲惨なものにしないようにそれらを排除することです。 歯がなくなると、私たちはこの上ない安堵感を覚えるでしょう。

魂の中に冷たさを抱えているのに、それを隠す方法を見つけることができない人々は、親知らずの歯と同様の影響をもたらします。どちらも人類の一部であるため、ある時点で出現しなければなりません。 しかし、親知らずの歯は役に立たつものではなく、私たちに衛生上の問題を引き起こすことを忘れてはなりません。 あなた自身が光り輝き続けてください。そして暗闇にあなたの気分を損なわせないようにしましょう。

「笑いが伝染するなら、それを流行させよう」– パブロ・パカノスキ –
シェアする
あなたへおすすめ