かつて泣かされたものに笑顔を向ける時

10 12月, 2017

私たちの人生には多くの瞬間があり、その中には辛い思いをした瞬間や、自分の思い通りに行かずに落胆した瞬間もあるでしょう。またある特定の状況と関わりのある瞬間だけではなく、一瞬にして二人の関係が変わってしまった人間関係に関わる瞬間などもあります。できる限り注意を払っているにもかかわらず、すべてが変わってしまう瞬間があります。

また、背後から不意打ちで殴りかかるように、気づかないうちに私たちの時間を利用する人がいます。その結果全てのダメージを自分が受け、全ての怒りの感情を背負い、自分がくだらない人間だと考え、自分を利用する友人と自分のどちらも守ろうと頑張りますが、最終的に傷つくのは自分だけという結果に陥ります。

 

できる限りダメージを最小限に食い止めようと努力している時でさえも、良識のかけらもない人があなたを騙そうとしていることに気づくと、怒りや恨みの感情だけではなく、自分がなんの価値もない馬鹿げた人間だと感じるなど、これまでの人生で感じたことがないような感情や衝撃が襲います。

これらの感情に負けそうな時も、日常生活を完璧に送ることはできますが、不安なのはこの感情がいつ消え去るかということです。突然、一日、またはある日突然、「自分が自由だなんて本当にありがたい」と感じる時に、感情は消え去ります。

怒りの感情に別れを告げ、公正さとユーモアを自分の内面に取り入れましょう。自分自身を自由に解き放つことこそ価値があると気づく時に自由になることができ、自然と微笑みがやってきます

人生での落胆は将来のデトックスだ

落ち込んだり裏切られた時の気持ちや精神状態を正常に保つのは簡単なことではありません。また、同じことで何度も口論を続けるのも精神状態に悪影響を与えます。

習慣や情けによる不快な状況を長引かせることは、終わることのないストレスの無限ループと呼ばれる状態に突入することを意味します。

毒のある人というのは、実は存在しませんが、毒のある関係や、二人の関係が「毒」を持つことがあります。そのような関係に陥った時、毒のある関係を認識して終わらせることは簡単ではありませんが、分別を持って対処することが大切です。

親切でありたいと考えていても、悪い人に優しく接していて裏切られることがあります。将来的には、誰かにダメージを与えられる前に、その人が何か悪いことを考えていないかどうかというサインを察知することができるようになります。

誰かが忍び込む前に音を立てずにドアを閉める方法を学ぶ必要があります。また同時に、他人があなたに対して同じように対処する可能性がありますが、彼らにもあなたに対してそう対処する権利があることを理解してください。

嵐の中の木

人生においてうまく物事を進めたいと考えたことはありますか?

40年間の結婚生活に終止符を打つ、幼馴染とも友人関係を終わらせる、初めて手にした仕事を辞めるなどこれまでチャンスだと思ってきたことが罰のように感じます。

しかしこれらの行動を取る時に注意を払わない人は、裏切りや卑怯な手段に出ます。彼らに騙されることなく、公正で美しい心を保ちましょう。もちろん彼らに接すると腹が立つこともありますが、その感情はいつしか消え去ります。

誰かに利用されて消耗してしまうように感じたら、回り道をしてはいけません。退屈な関係を長引かせず、自分に最適な方法を見つけてください

 

怒りや無関心の後、笑顔が訪れる

相手の成功をあなたが気にする必要はありません。冷血な人でも人生で幸運が訪れることがあります。自分が今いる場所と、自分が将来的に望む場所を思い描いてください。その後、他の人が陥っている誘惑を目にすると、現在自分がいる道がどれだけ価値があるのか認識することができます。

たとえ心が落ち込んでも、必要な別れは自分の繊細さを維持するのに役立ちます。人生において長く付き合ってきた人々や習慣との関係を絶つことは簡単ではありません。自己同一性を失ったように感じ、その痛みは終わりなく続くように感じるでしょう。しかし悲しみや痛みはいつか消え去ります。

かつて私たちを悲しませ、自分が感情を殺してしまったものを、これまでとは違った方法で思い出していると気づく時に、人生における変化が良い方向に向かっているのか、また悪い方向に向かっているのかがわかります。

女性と蝶

自分の存在を奇妙に感じる必要はありません。私たちは自分の手を見つめ、足の重さを感じながら自分の存在を実感します。誰にも助けを求めず、また誰も助けの手を差し伸べない状況でも、私たちは真っ直ぐと背筋を伸ばして地面に立っています。

目の前にある可能性の光を見つけることは誰にでも可能です。誰の許可も必要ありません。他人の目には「負け犬」のように映るとしても気にする必要はありません。

自分の内面の戦いに勝つかどうかが大切です。自分が一人の時でもまた誰かといる時でも笑顔でいられるように努力してください。怒りを乗り越えた時、真実の自分でいられることを誇りに思い、真の自分との調和を心から実感しましょう。

たとえ困難な状況に置かれて、誰かに裏切られてしまった時も、自分自身に対して心が穏やかでいられる時に出る微笑みが真の微笑みです。誰かに裏切られたという事実に落胆しても、決して自分自身に落胆することのない人が笑顔を保つことができるのです。

本記事では辛い状況をどのように対処するのかをご紹介しました。誰かのことをバカにして笑わない人の笑顔はいつまでも続きます。自分にダメージを与えた人や物事を離れて観察すると、実は彼ら自身が自分の内面に深い闇を抱えて自分自身にダメージを与えていることに気づくでしょう。