あなたの子供たちにさよならを言う時

17 2月, 2018

あなたが最も愛する人々へ別れを言うことは、簡単ではありません。それがあなたの子供の場合もっと難しいでしょう。親として、ある時点で子供たちが巣立たないといけないことはわかっていて、そんな状況に対処する準備が整っていても、実際にそれが起きるとすべてが変化し、私たちの世界が崩壊するような気分になります。

子供たちが去ったときに悲しみを感じるのは普通です。 私たちは彼らが小さい頃から彼らの責任をとり、人生についてできる限りのことを教え、彼らが必要だった時いつでも助けられるようにしていました。しかし、この現状は変わるでしょう。 今、彼らは自分たちの人生を築き、独立していくのです。

多くの親がこの現実を受け入れることを拒否し、子供たちと深刻な葛藤を引き起こします。 さようならを言うことは難しいですが、両親は自由が彼らにとって良いことであり、人生のサイクルの一部であることを理解しなければなりません。 これを理解できないとき、我々は空の巣症候群というものに直面するのです。

さようならというのがつらい時

空の巣症候群は、悲しみと孤独でいっぱいの感情です。 両親は子供たちの出発に直面することができず、生活の中で不安を持ち始めるでしょう。 多くの両親は子供の旅立ちを受け入れる準備ができていると思っていましたが、そうではないのです。多くの人は、心の中でこの現実を受け入れることを拒否するのです。

旅に出る女性

今日、このような状況を抱える両親の数は拡大しています。 若者は巣を離れるのにもっと時間がかかり、一部の人は巣を離れないでしょう。 経済状況や両親と一緒に生き続けることの快適さは、両親が将来子供たちが自立する必要性を感じなくなるとともに、彼らの子供たちが永遠に両親と一緒にいると信じていることを意味します。

複数の子供がいる場合には、子離れが難しくないこともあるのは事実です。 一人は去っても、もう一人は両親の近くに残ることがあるからです。 一方、子供が1人しかいない場合、彼らの自立はより苦しいものになるでしょう。唯一の子供を失いたくはないのです。たとえ長期間遠く離れて休暇を過ごしているだけでも、あなたはすでにある種の恐怖を持っているかもしれません。

両親と子供の間に健全な関係があるときは楽である

両親との関係における絆の強さもまた影響力を持つでしょう。 例えば、シングルマザーと子供との関係は、他の場合よりも親と子供が依存する可能性が高いでしょう。この場合、母親は子供に多くのことを頼りにしており、子供なしでは自分の人生を想像することはできません。

子供が独立することは失うことではない

両親が子供の独立を大げさに見てしまうと、この状況を克服することは困難でしょう。 両親にとって、子供たちが巣を離れようとしているという事実は、彼らを失うことを意味します。しかしそれは大きな間違いなのです。 子供たちは単に両親がやったのと同じように、彼ら自身の人生を構築しようとしています。自分の家族を築いたからといって、彼らを失うわけではないのです。

もちろん、両親の近くの家に住むことと、別の国に住むことは同じではありません。それにもかかわらず、多くのは、子供が家にいないということは彼らを永遠に失ってしまったと感じています。だからこそさようならは、損失とは同義ではないというビジョンを持たなければいけないのです。

黄色い服の親子

あなたが誰かと夫婦関係にある場合、この状況を克服するのははるかに簡単でしょう。 例えば旅行をすることで、あなたの大切な人との夫婦関係にもう一度集中し、今までできなかった経験をすることができます。 子供たちにあまりにも集中しているので、夫婦関係を気遣うことを忘れる多くの親がいます。 これは子供たちが旅立つ今変えることができるのです。

あなたが一人で、子供にあまりにも頼りすぎている場合、子供が飛び立とうとしているのに翼を切ったり、彼らが家を去ることに罪悪感を感じさせないでください。 あなたも友人と出かけて、他人と話をし、人生を楽しみ、旅行し、新しい人に会いましょう。そしてあなたの子供が自分の人生を生きられるようにするのです。 あなたも若いころ同じことをしたのを忘れないでください。あなたが最も愛している人である子供が旅立つのに障壁を置くのはいいことではありません。

子供たちの健全な独立を可能にするためには、状況を受け入れることが非常に重要です。

私たちは子供を自宅に残そうとするべきではないでしょう。 彼らが独立したければ、それを邪魔したり、気分を悪くしたりしないでください。 それはあなたにとって公正でもなく、あなたとの関係もそれによって悪化する可能性があります。

さよならを言うのは難しいですが、それは人生の法則なのです。 遅かれ早かれ、人はすべて新しい経験を生き、成長し、場合によっては自分の家族を形成するための旅に出ます。さようならは喪失または放棄の同義語ではなく、孤独を意味するものでもありません。 さようならは移動し、変化し、変容し、成熟しているという意味なのです。