暗黙の了解で起こりえる悪影響

22 11月, 2018

中途半端なコミュニケーションをとるのはよくありません。残念ながら、物事を中途半端なままにしてしまう社会的・文化的メカニズムがたくさん存在します。例えば、「暗黙の了解」です。社会は言葉とそれが使われる方法を調整します。それは善い行いを促進するためであったり、日々の使用を簡易化するためであったりします。

自分の考えがはっきりしていないから、コミュニケーションがうまく取れないときがあります。これらのケースでは、内面的なコミュニケーションの失敗が、自分を表現することを難しくしてしまっています。

「話すならはっきり話しましょう。口に出す前にしっかりと考えてください。」

– オリバー・ウェンデル・ホームズ・ジュニア-

人間関係も、この不運なコミュニケーションのダイナミクスに影響します。この人には話せて、あの人には話せないということがあります。すべての世界の権力者が、人を黙らせる権利があると主張します。そして実際にそうします。コミュニケーションのすべて、またはその一部を制限したりするのです。しかし、これによって間違いや混乱を招きます。

暗黙の了解の悪いところ

暗黙の了解は、片方または両者がこれ以上の説明が必要なく明確に同意していると思い込む間接的なコミュニケーションの形です。例えば、「誰かがドアをノックしている」とあなたに言ったとします。もちろんその意味は「ドアを開けてください。」だと理解できるでしょう。実際に口に出された言葉から、表現されなかった行間を読むことができるはずです。

2人の男性

日常の状況においても、暗黙の了解はうまくいかず、誤解を生み出すことがあります上記の例の続きで言えば、「誰かがドアをノックしているよ」という表現は、文脈によっては別の意味にとることができるのです。

「誰かが来たから話題を変えるとき」とも取れますし、「待っていた人がやっと来た」という意味にも取れます。あるいは、「気を付けて、ドアの前に誰かが待っているのはおかしい。危険な証拠だ。」という意味にも取れるでしょう。

自分では明らかだと思っていても、実際には不明確な表現をした場合、相手の言ったことを正確に解釈するには、両者が完全に調和した状態でなければなりません。

状況が複雑でなければ、誤解はただのばかばかしい話で済むでしょう。しかし、要求や欲求となると、壊滅的な状況となり得ます。これはよく起こることなのです。相手に何かしてもらいたくても、それを口に出しません。相手は分かるはずだと決めこみ、自分の望むものや必要なものをなぜ分かってくれないんだろうと思案します。しかし、誰もが自分のことを理解して、何を考えているか推測できるわけではありません。こうやって対立は生まれます

暗黙の了解

同意というのは、2つまたはそれ以上の間に交わされる約定です。もちろん、自分自身と約定を交わすことも可能ですが、ここでは社会的な同意を見ていきます。この同意の中で、いずれの当事者も特定の方法で行動することを約束します。関係する人たちが、特定のふるまいが共通の目標を達成すると信じたときに合意します。

向き合う頭

しかし、相手に直接聞いていないために何も確定していないのに、同意しているものだと思い込んでしまうミスを起こすことがあります。例えば、自分が相手の誕生日を覚えているからといって、相手も自分の誕生日を覚えていてくれると思い込みます。あるいは、常に自分より相手を優先させて、相手の人も自分に同じようにしてくれると期待します。

人は他人とどんな約定を交わすこともできます。しかし、現実には同意がないのに約定を交わしたと思い込むことはよくないことです。上記の例のように、相手にお返しをするかどうか、といった場面でよく見られます。しかし、さらに複雑な状況でも起こりえます。例えば、「私は人生でかなりの苦しみを経験してきたのだから、あなたはこれ以上物事を複雑にするべきではない。」と思ったり、「僕の方が優れているから、キミが非難する権利はない。」と思ったりすることです。どちらの場合も、かなり悪影響です。

直接的で明確なコミュニケーションを促進することが一番です。ある程度誤解があることはどうしようもないですが、メッセージが間接的で圧迫され隠されていると、リスクは増幅します。そのため、はっきりさせることで対立を防止できます。

会話