非暴力コミュニケーションのメリット

2018年8月1日 in 心理学 0 シェア済み
ハート

効果的にコミュニケーションすることは簡単とは限りません。はっきりしたメッセージや正しい解釈よりも仮定や誤解のほうが多くあります。だからこそ、マーシャル・B. ローゼンバーグ氏は非暴力コミュニケーション (NVC)と呼ばれる共感的コミュニケーションを生み出しました。

ローゼンバーグ氏は、もっと協力的で私たちの価値感にあった方法でお互いにコミュニケーションするのに必要なスキルを教えるためにこのツールを作成しました。 起こりえる対立や誤解を避けることに加え、感情的対立を解決するのに役立ちます。非暴力コミュニケーションを行えば、従来のコミュニケーションをする必要はありません。共感的コミュニケーションは、お互いの理解に基づいたアクティブリスニングを行う助けになります。

アサーティブなパーソナリティー

アサーティブネスは、受け身と攻撃性のちょうどいい中間点です。個人的な意見を述べ、他人を尊重し、境界をひくためのスキルです。心理学者のマーシャル・B. ローゼンバーグ氏は、人間関係を改善するためにこのツールを使うことを推奨ししています。

アサーティブな人の最も一般的な特徴は、他人の責任に対しても優しさがあるというところです。つまり、他人を非難したりネグレクトしたりせず、無関心を決め込まないということです。彼らを受け入れ、理解しようとします。それゆえ、アサーティブネスは非暴力コミュニケーションの重要な一面と言えます。

アサーティブな人は、他人の限界、ニーズ、欲求、意見を受け入れる。

会話

非暴力コミュニケーションの貢献

誰かの立場に立って考える能力である共感力も、このタイプのコミュニケーションの一部です。言語的・非言語的コミュニケーションの能力も重要です。

共感的コミュニケーションは、話し手と聞き手の間のこころからの本物の関係性を構築することを目指しています。このようにコミュニケーションすることのメリットを以下にご紹介します。

満足のいく人間関係

非暴力コミュニケーションは、メッセージを簡潔で正しく正確に表現することに重きを置きます。目的は理解の改善です。そのような表現は、非難の余地があまりなく、もっと効果的なメッセージの交換を可能にします。

アサーティブな方法で不安を共有する際、理解し共有する機会を相手に与えます。マーシャル・B. ローゼンバーグ氏は、「失敗することが許される希望の共有」のチャンスを相手にも持たせることが重要であると強調しています。

対立の解決

非暴力コミュニケーションは、自分自身の見方で話すことです。こうすることで、あなたが伝えることに対して誰も議論できなくなります。そのメッセージは、表現者のみのものだからです。嫌味や攻撃として自分のメッセージを他人に解釈されることを避けたいなら、「わたしは」という言葉で、「わたしは~だと感じる」のように話してみてください。

例をご紹介します。「1時間前に会う約束をしたよね。でもあなたはいつも遅れてくる。本当に自己中。」と言いたいとします。代わりに、次のように言ってみてください。「いつも長く待たされてるように感じるから、もう一緒にいたくないって思ってしまうの。がっかりさせられるし、自分が無力に感じる。」

非難や批判をあなたが感じることのメッセージに置き換えてください。そうすることで、コミュニケーションがネガティブになりません。相手を嫌な気持ちにさせずに自分を表現できます。そして、イライラするわりにどちらも問題に対する解決策を見つけることができます。

誠実さ

「ノー」を言うことや、ネガティブな答えを受け入れる方法を学ぶ必要があります。自分にも他人にも正直になれる唯一の方法です。しかし、非暴力コミュニケーションのマスターになるには、もう一つステップがあります。推論や破滅的なコミュニケーションの姿勢を完全に排除することです。

NVCエキスパートのボブ・ウェントワース氏は、「観察によって社会的文脈が定まります。感情は繋がるのを助けて自らの頭から抜け出すことを可能にし、ニーズも繋がるのを助けて重要なものを見極めまることを可能にします。そして要求はどのような反応が自分にとって好ましいかを明らかにします。」このような要素を使用すれば、道徳的判断を超えてしまう可能性を消すことができます。これについては、後でもう一度ご説明します。

男性2人

聞くことと理解力スキルの発達

非暴力的コミュニケーションは共感力を育てます。共感力は、わたしたちそれぞれの内面で起こっていることに対して思いやりを持って理解する方法だと理解することが出来ます。感情、考え、判断を考慮するということを意味します。わたしたちを麻痺させたり精神的に妨げようとする自らの必要性と繋がるということです。

このようなタイプのコミュニケーションは、また別の共感を育てます。相手の人を感情的に理解する能力です。アイディアや思考を理解することができるだけでなく、感情や感覚も理解できます。

非暴力的コミュニケーションを妨げるふるまい

ローゼンバーグ氏は、非暴力的コミュニケーションにはメリットがたくさんあると考えています。また、ポジティブなコミュニケーションを妨げてしまうコミュニケーションスタイルは他にも存在すると考えています。そのようなスタイルは非暴力コミュニケーション、共感、アサーティブネスの妨げになります。妨げとなるコミュニケーションをいくつか見てみましょう。

倫理的判断

倫理的判断は、故人の感情を出さない表現です。相手がどのように感じているかではなく、隠そうとするところばかりを見ます。非難、ハラスメント、侮辱、皮肉など様々な形をとります。ローゼンバーグ氏はこれらの代わりに客観的観察をすることを提案しています。他人を判断することを避け、感じていることにフォーカスすることを推奨しています。

「提出してくれたレポートだけど最悪。こんなもの誰にも見せられないよ。」これを次の言い方に変えることができます。「提出してくれたレポートなんだけど、もう少し具体化したほうがいいアイディアがいくつかあってね。クライアントに渡す前に、変更しておいてくれないかな。」

要求や他人との比較

欲求、要求、無礼など… 相手に自分を理解させるために、私たちは様々なツールを使います。自分の望むものを手に入れられなかった場合の責任や罰をほのめかす脅しです。コントロールや暴力的なコミュニケーションです。

叱責

責任を否定

このようなタイプのふるまいのよくある例は、10代の子どもが母親に成績を見せて、「学校に謹慎処分にさせられた。」という場合です。「謹慎にさせられた。」というのは、自分の問題で第3者を責め、責任を逃れようとすることです。

個人の感情を出さない限定的な言葉を使う場合も、人が責任を否定する例です。自分が受けた診断、歴史、経験に言及しながら話をします。起こったことに対しての結果を逃れることが目的です。

お分かりいただけるように、非暴力コミュニケーションはすべての人の個人的な努力を必要とします。しかし、非暴力コミュニケーションのメリットは、それだけの価値があるということです。

あなたへおすすめ