アルツハイマーの5つの警告サイン

· 2018年1月22日

アルツハイマーは60歳を過ぎてから起こる痴呆の一種です。残念ながら、現代科学でも、その進行を止めることはできません。この初期症状は大抵ゆっくりと進行していきます。まず、初期段階の時点で、思考や記憶、言語を担う脳の一部が影響を受けます。何かを思い出すことが困難になり、後にこれが家族を忘れるなどの記憶の損失へと繋がります。そうなると、患者はもう助け無しでは生きていけなくなるのです。今回はアルツハイマーの進行を遅らせる為、早期発見の助けになる5つの警告サインについて話していきたいと思います。

「もしあなたの家族にアルツハイマーを経験した方がいると、あなたのアルツハイマーのリスクも高まります。」

1.アルツハイマーの警告サイン:日々の仕事・家事をこなすのが困難になる

歳をとるにつれて、物忘れをするようになるのは一般的な事です。しかし、このような物忘れがいつもより頻繁に起こる場合、アルツハイマー発症の可能性があります。

例えば、アルツハイマーの疑いがある人は、ガスの火を点けたまま気づくことなくどこかへ行ってしまうなどがあります。同じように、料理の途中で鍋やオーブンを放置したままにする事もあります。また、このような症状がある人はいつもやっているような簡単な料理、お皿を並べたり、箸を出すといった食事の準備などのやり方を忘れてしまうのです…

「アルツハイマーは少しずつ、少しずつ、一番小さく簡単な日常の動作に影響を及ぼしていくのです。」

神経に影響を及ぼす

2.コミュニケーションの問題がより顕著になる

歳を重ねると、全ての人間が言い間違いなどのフラストレーションを経験していくのは事実です。しかし、情報を修復できないという問題を示すこの現象が毎日発生するという事は、深刻な意味を含んでいるかもしれません。それは、アルツハイマーの苦しみが始まったサインかもしれないのです。

この障害に苦しむ人は、彼らが伝えたい事に対して、言葉が見つからないという問題を抱えています。彼らの意図する説明や文章を完全に言葉として言えない、完結できないのです。これは、適切な言葉に変換できなかったり、何かを他の言い方で伝えることが出来ない為に起こります。

アルツハイマーを患っている人は、コミュニケーションの問題がとても顕著に現れます。語彙力は低下し、日頃使うようなとてもシンプルな言葉も忘れてしまい、わかりやすい説明をしたり、表現をするのが難しくなります。

3.馴染みのある事への混乱

アルツハイマーのとても大切なサインの一つに混乱があります。それは、街や近所に出かけた時、急に迷ったりしてしまう事です。そして、時には、自宅でこの混乱に苦しめられることもあるのです。

急にトイレの場所が分からなくなったり、気づかなくなったりするのです。このような状況を経験すると、彼らは深刻なストレスや不安を感じてしまいます。私達はこの事故のような出来事も可能性として考慮しておくべきです。アルツハイマーを発症している人にとって、この現象は簡単に起こり得ることなのです。

歳をとると、病院の予約を忘れる、家の中でどこに物を置いたかを忘れるなどの若干の認知機能障害は皆経験するものです。気づいておきたいのは、このような症状のある人全てが、アルツハイマーを患っているわけではないという事です。

医者に励まされる女性

4.何をしていたか分からなくなる

もし自分の子供をおじいちゃんかおばあちゃんにお風呂に入れてもらった際に、子供を完全に忘れた状態で出てきたりすると、それはアルツハイマーの明らかなサインです。一時的な見落とし、物忘れなどは一般的に起こりますが、アルツハイマーを患っている人達は、彼らの責任を完全に忘れてしまい、何が起こったかを伝えても、その出来事も思い出す事が出来ないのです。

これは、何かを探している時にも起こります。このような患者は物を簡単になくします。大抵、間違った場所に物を置いてしまうのです。例えば、砂糖をオーブンや冷蔵庫の中に置いてしまう、などがあります。そうすると、元々あった場所を探しても見つからず、どこに置いたかを忘れてしまいます。また、自分達が何をしていたかを忘れることもあります。床を掃除したい時、ほうきを探しますが見つからない場合は、今掃除をしようとしていた事も忘れ、全く違う事を始めるのです。

5.気分の急激な変化

アルツハイマーに苦しんでいる人は、はっきりとした理由もなく、急激に気分が変わる事があります。落ち着いていると思ったら突然泣き始めたり、幸せそうに笑っていたら急に怒ったりすることがあるのです。そして、そこには彼らがこの病気により、間違いなく苦しんでいることを証明する変化があります。何をしていたかを忘れる、混乱する、気分の変化などにより彼らは非常に疲れてしまい、行動を取ることにとても億劫になってしまうのです。

「アルツハイマーを患っている人が散歩をしに外へ出る、知人と会う、家事をする、掃除をするなどの行動を取るには、誰かにやる気を促してもらう必要があります…なぜならこの病気はあなたの全ての原動力を消してしまうからです。」

私達が痴呆の疑いを誰かに感じた時、そこには考慮のできる警告サインがあります。そのサインは最初とても微細なものだったり、深く考えるほどでもない一般的に経験するものであったりもしますが、それは時間と共に、より明確に、頻繁に出現するのです。

冬の森とカラス

もしこれらのサインを早い段階で見つける事が出来れば、治療はより効果的になり、もっと深刻な症状が出るのを遅らせる事が出来るでしょう。こうすることで患者はより長く自立を感じられたり、すぐに生活の質を低下させることはありません。