痴呆の家族への影響:対立の対処法

· 2018年4月29日

近年では寿命が著しくのびています。わたしたちは長くより良い人生を生きています。しかし、それは今まで起こらなかった健康問題が浮上してくるということでもあります。

問題のひとつは痴呆です。時の流れと共に、認識力の低下が伴います。1人で住んだり、日々のことを行うのが難しくなります。

 

痴呆のような病気は、先進国において依存の主な原因になっています。それでは、どのように家族に影響するのでしょうか?

「痴呆は自分の目や記憶を信用していいかどうかわからなくなる疑いの瞬間です。どちらも油断ならないミスを犯すように感じるんです。」
-ジョン・カッツェンバック-

家族が痴呆を患う時の対立

どんな家族も日々の中で対立があります。たいてい、各メンバーの問題解決能力にもよりますが、これらの対立は解決することができます。しかし、家族の一員が痴呆を患っていると、言い争いや緊張が高まるかもしれません。

痴呆は、今まで存在していなかったたくさんのストレス要因が関わってきます。まず、この病気に関する情報が十分でありません。加えて、この病気がどのように進行するのかを予想するのは困難です。家族の中に不確定要素を生み出します。

 

「痴呆は、患者の思考を吸いつくし、患者を愛し思いやる人を破壊します。」
-Nolasc Acarin Tusell-

写真を撮る老人

痴呆の人のケアは高額です。特に、ヘルプを雇ったり、デイセンターの会員費を支払ったり、介護施設に入居させる必要が出てくるかもしれません。

家族が助けを必要とする時には何も残っていないほど、たくさんの資源と時間を必要とするため、対立の原因を作り出す可能性があります。

最後に、痴呆を患うひとのケアに関してはたくさんの意見の相違があります。それだけでなく、正しい決断がされておらず、患者のためでなく自己中心性から決断が下されているように認識するかもしれません。

なぜこれらの対立が続くのか?

対立の原因に関してはお分かりいただけたかと思います。今度は、なぜそれが解決されずにいるのかという点です。解決方法はそのあとです。みんなが満足する代案を見つけることを阻む、コミュニケーションの問題が大きな障害のようです。

感じていることや痴呆に関して思っていることを表現することを難しく感じる人もいるかもしれません。助けを求めるのを恐れ、これによって言い争いになります

自分の子どもや他の家族のメンバーに対して、過去に痴呆を巡って問題に直面した可能性もあります。これによって罪悪感がうまれ、他の人より攻撃的に反応するかもしれません。

最後に、自分が一番世話ができると証明するため、患者の子どもの間で闘争心が生まれるかもしれません。

支えられる女性

対立を解決するためにできることとは?

家族の一員が痴呆を患っていると、家族全体に複雑な状況を作り出します。しかし、対立を最小限にとどめることは可能です。

そうするためには、痴呆を患うひとのケアのプロセスで、害のあるダイナミクスを修正する必要があります。

コミュニケーションの改善に取り組むことが重要です。この病気に関する感情や意見を表現することは、対立を解決するのに役立ちます。

さらに、コミュニケーションし矛盾のない家族はお互いを支え合うこともよりよくできることを覚えておいてください。

「自分にはそれができないとき、握ってくれる手を、気にかけてくれる心を、思いやってくれる思考を人は求めます。 この迷路の危険な曲がりやカーブを行く旅路で守ってくれる誰かを必要とします。」
-Diana Friel-

さらに、痴呆を患う愛する人のお世話をするときは役割やルーティンの変更に柔軟でいることが大きなサポートになります。

最後に、フォーカスして決定を下す方法を学ばなくてはいけません。これらすべてが、家族が痴呆により良く適応し、病気が引き起こす苦しみを最小限にしてくれます。

イメージ:Cristian Newman、Tiago Muraro、Alex Boyd