認知症のさまざまな種類

2017年12月6日 in 好奇心 0 シェア済み
鏡に映る自分を若く見る老人

認知症には多くの種類があります。すなわち恐ろしい忘却の症状には、多様な現れ方があるということです。 伝統的に最もよく知られている認知症はアルツハイマー型認知症ですが、それだけではなのです。 

一般的な考え方とは異なり、すべてのタイプの認知症が治療できないわけではありません。 場合によって、原因が特定されれば、治療し矯正できることもあります。 それらの症例には、脈管炎、甲状腺機能低下症または水頭症などによるビタミンB12欠乏による認知症が含まれます。

現在、認知症のすべてのタイプは、神経認知障害内のDSM-5に含まれています。 それらは、せん妄、健忘障害および他の神経認知障害と共に分類されます。 認知の喪失のために、脳の機能の現在のレベルを前のレベルと比較すると、低下が見受けられます。

手を取り合う老夫婦

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は原因が不明な変性脳疾患からなっています。 その発症は徐々に進行する傾向があり、連続的でゆっくりと進行していきます。 この認知症は、通常、平均8〜10年の持続期間を有することが一般的です。 現在のところ、この病気には治療法はありません。 この病気は三つの段階に区別することができます:

初期段階(約2〜4年):

通常突然起こることであり、最近記憶力が悪くなった、と感じます。 これは、現時点で起こっている事に関する記憶の一部です。 つまり、初期段階においては日々の仕事や学習を覚えておくのが難しいという特性を持っています。

言語に関しては、語彙の豊かさを失うのが一般的です。 彼らは名詞を見つけるのが難しいと感じるため、回りくどく話したり、言い換えを使って解決しようとします。 

また、無感情(全体的な怠惰または興味の欠如)、過敏性、攻撃性、頑固などのような人格の変化が起こることもあります。頑固とは、柔軟に考えることができないということです。 つまり、彼らは自分のアイデアにこだわる傾向にあるのです。 あなたがどれほど理由を挙げて説得しても、彼らのアイデアは変わることがありません。

不安やうつ病などの情緒的な変化もあります。 なぜなら、本人たちは時に病気の始まりを知っていることがあるからです。特に、自身の記憶上の問題に気付きます。 このような場合、彼らとその家族は新しい生活様式に適応する必要があります。 そして、これはストレスとたくさんの苦痛を取り巻く課題になりえるのです。

消えていく時計

第二段階(約3-5年):

この段階では、知的障害が継続して現れ、失調症 – 無意識的な症候群の出現が続きます。 その結果、頻繁な忘れ、服装や洗濯などの簡単な作業を行うことが困難になり、家族や物を認識することが困難になります。 この症状が出始めたらだれか見張りが必要になるでしょう。

逆行性健忘症が現れることがあります。 つまり、過去の出来事を思い出すことができないということです。 これらの症状を患う人々は、人と談笑することによってこれを隠そうとする傾向があります。 これは、自分の記憶の空白を埋めるために起こっていない出来事を作り上げようとしているのです。 しかし、当の本人は嘘をつこうと思ってそれをしているのではないのです。

彼らの判断は悪化します。 彼らはより衝動的になり、もはや間違ったものとは区別できなくなるのです。また彼らのあらゆる行動は私的、公的に受け入れられるものではなくなってきています。抽象的思考の能力も低下し、問題解決や仕事計画の能力が失われていきます。

さらに症状が悪化し、精神病の症状が起こることがあります。 たとえば、彼女がすでに死んでいる母親と時間を過ごしたと言っているような幻覚、 あるいは妄想などです。物事が実際には単に失われているか間違っているだけなのに、それらが盗まれていると言ったりします。

この段階においては、時間(時間、日、月、年)や地理(彼らが住んでいる場所、家の別の部屋など)をもはや分かっていません。 この時点で、アルツハイマー型認知症に罹患している人は、見張りの人なしに生きることができなくなります。 たとえ自分で基本的な日常業務を実行できるとしても、見張りをしてくれる人が必要なのです。

第3段階(可変期間):

この段階では、患者は鏡で見る自分自身よりも自分を若いと思い、自分自身を正しく認識できなくなります。 また、生活の中で最も近い人々も認識できません。 彼らの言語はますます遅くなり、徐々に話さなくなります。

歩行においても重大な変化が起こるでしょう。 例えば、歩く距離が非常に短く、足を交差させたり、または引きずりながらの歩行が最も特徴的です。 これによって歩くスピードが遅くなり(歩くことができない、歩き方を忘れてしまった)、転倒や転落につながる可能性があります。 この段階では、患者は基本的にあらゆる活動を行うために援助を必要とするでしょう。 そして通常寝て過ごすことが多くななります。

飛び去って行く記憶

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、最新の症状の1つであるのに加えて、区別するのが最も難しいタイプでもあります。これは、アルツハイマー型痴呆症およびパーキンソン病の認知症といくつかの共通の症状を持つためです。したがって、これらの病気のいずれかと混同される傾向があります。レビー小体型認知症は現在2番目に一般的なタイプと考えられています。

その症状は主に次のとおりです。

  • 失調-失行-不可知症症候群:アルツハイマー型認知症の特徴であり、頻繁な覚醒状態、単純な作業をすることが難しい、家族や物体の認識が困難である、など。 患者に顕著な変化が見受けられれる。
  • 繰り返される視聴覚幻覚および妄想: レム睡眠行動の障害に関連する症状。他のタイプの感覚障害、うつ病および妄想が非常に一般的(これは非常に早期の症状であり得る)。
  • パーキンソン症候群:四肢の震えや硬直を伴う、パーキンソン病のようなもの。

自然発生するパーキンソン徴候は、認知低下の開始後に発生します。 神経認知障害がより大きい場合、運動症状の少なくとも1年前に現れるでしょう。 また、神経遮断薬によって生成される錐体外路症状とは区別されるべきです。 これらは、幻覚および妄想を治療するために使用される薬物による運動症状です。 レビー小体を持つNCD患者の最大50%は、これらの薬物に対して有意な敏感さを持っています。

彼らは頻繁に、意識の一時的な損失による転倒や失神を繰り返します。 これらは、心臓の動きと呼吸の瞬間的な麻痺を伴うものです。 これは、脳への血流の不足、および説明できない一時的な意識喪失のエピソードに起因します。

血管性認知症

血管性認知症は、長期間にわたる一連の小さな脳卒中によって引き起こされます。 これらの血管の卒中は、脳の特定部分への血流の閉塞または中断によるものです。 これは、患部の神経細胞死を引き起こします。

それは、影響を受けた大脳領域に依存するため、症状が予測困難な悪化の段階をたどります。初期の段階では、頻繁な忘れや適応能力の問題が生じてきます。 また、性格の変化や発言の難しさが生じることがあります。

記憶を消しゴムで消し去る

パーキンソン認知症

パーキンソン認知症は、パーキンソン病とは区別されなければなりません。パーキンソン病は、手、腕、脚、顎および顔の震え、腕、脚および胴の剛性、動きの不調、バランスおよび協調の問題を特徴とします。

このタイプの認知症は、パーキンソン病患者が患う典型的な震え、認知低下、感情的変化を特徴とします。これらの患者においては重度のうつ状態が見られるのが典型的です。

パーキンソン認知症は、他のアルツハイマー病とは違って、失調症 – 不安症候群症候群が現れません。他のタイプとは異なります。また、幻覚と妄想はレヴィー小体の痴呆症ほど顕著でなく、共通もしていません。しかし、認知の鈍さと体の震えを大きな特徴としています。

この記事では、最も一般的なタイプの不可逆性の認知症について説明しました。 しかし、ピック認知症が最も一般的とされる、前頭側頭型のような他のタイプの痴呆が存在します。ハンチントン病、HIVに関連する認知症、プリオンに起因する認知症などもあります。

あなたへおすすめ