私にはアルツハイマーを抱えた娘がいます

· 2018年2月9日

「お母さん、私アルツハイマーになった。もう辛いからお母さんにお別れしたい。」、48歳で離婚したマリーは、彼女の母親にこう伝えました。アルツハイマーは高齢者が患う病気として知られていますが、最近では若い人の症例も増えています。

アルツハイマーは、認知機能の低下や、特定の脳機能の低下を引き起こす神経変性疾患です。この病気の主な症状は、病気の進行が進むにつれ発症する記憶喪失で、自分の家族のことも忘れてしまうことがあります。基本的に最もこの病気にかかりやすい年齢は65歳以上と言われています。

「若年性アルツハイマーは40から60歳の方に起こる傾向があると言われています。」

数年前まで、この病気のイメージとしてあったのは、子供が親の面倒をみるというものでした。しかし、最近ではこの役割がスイッチして、親がアルツハイマーを患った子供の面倒を見るというケースも多いのです。

若年性アルツハイマー

ジェイソンは働き者で36歳の一般的なアメリカ人です。しかし、一年前から物覚えが悪くなり、それを忘れないようノートに書き始めました。そして、2012年のクリスマスの時、イルミネーションをつけることさえ出来なくなったのです。そしてついに、彼は自分の家への帰り道さえ忘れてしまったのです。

彼は非常に混乱し、全てを疑い始めました。そして、神経心理学者から勧められた心理学者に合う事を決めました。多くのテストを受けた後、彼は36歳でアルツハイマーと診断されました。そして、彼は2013年に短い人生を終えてしまったのです。

心配げな男性

ジェイソンやマリーのケースは珍しいことではありません。若年性アルツハイマーは多くの人の生活に浸食しています。そして、その人達の多くが家族を持ち始めた人達なのです。アルツハイマーは、このように一つのゴールを成し遂げ、希望に満ち溢れた人達に近寄ってきます。

この病気は、記憶喪失と「正常」な記憶の問題に異常が起こるところから始まります。これは原因不明な病気の警告サインにもなります。

また、もう一つの大きな理由として、遺伝が言われています。しかし、この原因については様々な意見があります。なぜかというと、患者の多くは遺伝や家族にその病気が関係してないケースが多いからです。しかし、そうであっても一つの要素としては十分考えられる原因です。また、アルツハイマーは心理的、または身体的トラウマ、2型糖尿病にも結び付くことがあります。

アルツハイマーの早期警告サイン

「何を探していたのか思い出せない」、「すぐ物忘れする」、「誰かに、なぜ同じことを何度も聞くのと言われた時、私はトイレに隠れて泣くことがあります」、54歳の大学教授カルメン・ガルシアさんはこの病気に対する自身の経験を語りました。

人の頭の形をした木

アルツハイマーの早期警告サインはとても微妙なもので、気づかないこともあります。しかし、もしかすると若年性アルツハイマーの初期症状かもしれないものに、しっかり注意を払っておくことが大切です。では、何に対して注意するべきなのでしょうか?

  • 新しく得た情報を忘れ、物を思い出すのに助けが必要になる(日付、出来事など)。
  • 集中力、問題解決、物事の処理などが以前より時間がかかり難しくなる。
  • 車の運転やお金の支払いなどに問題がある。
  • 方向感覚や時間に混乱が出る。
  • 言いたい言葉や、類義語が見つけれないなど、言葉の問題。
  • やる気の欠如や気分の変調。

「家族のサポートは絶対に必要です。なぜなら、アルツハイマーを患った人は、フラストレーション、混乱、悲しみ、無力、そして孤独を感じるからです。」

多くの親が自分達の子供がアルツハイマーを患ったと知ると、圧倒されてしまいます。そのことを四六時中考えてしまい、自分達ではどうしようもないと泣いてしまいます。アルツハイマーはとても複雑な病気で、治療法は見つけられていません。そしてこの病気はもう、高齢者だけの病気でないのです。