新しい職場で成功するためには

2019年6月23日
新しい仕事で成功するための第一歩は、周りをよく観察することです。自分と同じような仕事をしている人を注意深く観察してみましょう。

テクノロジーは光の速さで発展しています。今や人はとても早い速度でコミュニケーションをとり移動しています。そして生活や食、料理などを恐るべき速さで完結させています。これは職場環境でも同じことです。

転職する人々の数が日に日に増えているのもこのためです。そのような人たちはテクノロジーの発展と同じ速度で、就職と退職を繰り返しています。そのため最近の起業家たちは、労働者は必要不可欠でありながら、代替可能であるということを理解しています。この記事では新しい職場で成功するための3つの戦略についてお伝えします。

新たな職場で働くことには、いつだって複雑なプロセスが伴います。多くの職場には従わなくてはいけない明確なルールがあります。そして、その他にも多くの企業には誰もが順守する暗黙の了解があります。

その暗黙の了解に従わなかったからといって、クビになることはありません。しかし、それに従うことは新たな仕事に馴染んでいる証拠でもあるのです。なので、新しい職場に移る時にはこれらのルールを知ろうする努力が大切です。そうするために以下のことをまずオススメします。

自分の周りのことを観察する

新しい仕事で成功するための第一歩は、周りをよく観察することです。自分と同じような仕事をしている人を注意深く観察してみましょう。もし、その人たちが職場で「生き残って」いけているのであれば、彼らの真似をするのも悪くはありません。また、ビジネスにおけるコミュニケーションのスタイルを観察し、真似することも重要です。これらのことは自分の上司のみならず、部下に対しても実践していきましょう。

観察することで、識別が可能になります。自分がついた新たなポジションの強みや弱みを観察を通して識別できるようになるのです。さらに、(オフィスで働いている場合は)オフィス内での同僚の役割を理解することもできます。オフィスには楽観的な人や手助けをしてくれる人、文句ばかり言う人、勤勉な人、強気な人、自惚れた人、立案者などがいるはずです。

これにより、その企業に求めれられているものを判断することができるようになります。自分の仕事に付け加えて、多大な人的貢献を達成できたのであれば、従業員としての評価も上がるはずです。

新しい職場で成功するためには

同僚が何をしているか考える

新たな仕事で成功するための第二歩目は、関係性と思いやりです。確かに企業内において自分よりも上の立場の人たちの存在は重要です。しかし、自分よりも下の立場の人たちはさらに重要なのです。その人たち次第で自分の仕事が素晴らしくも台無しにもなります。事実、立場が上がるほどその人たちへの依存率も上がります。

なので、彼らが何の仕事をして、それをどのようにこなしているか理解しておきましょう。そして自分だけで考えるのではなく、しっかりと質問しましょう。もしチャンスがあるのであれば、彼らの立場になって考えてみるのもいいでしょう。そうすることで、彼らの提案が許容範囲内のものであるか、それとも大げさなものであるか判断することができます。

しかし、自分よりも立場の低い人に対して親のように接したり、「彼らのため」という思いで決断を下しはじめてはいけません。特に、彼らの立場に影響のある決定事項に関しては、彼らが誰よりもそのことを理解しています。このことを忘れないでください。変化を起こす際には耳を傾け、彼らに頼りましょう。そうすることで、人はより仕事にコミットするようになり、コミュニケーションを強固にすることができます。

その他にも、避けるべきトラップがあります。関わりのある変数を考慮しなかったり、物や人の主観的価値を計算を十分にしないと、そのトラップの兆しを見逃してしまいます。例えば5分間の休憩を廃止することはあなたにとっては大したことではないかもしれませんが、2つの難しいタスクの合間にリラックスを必要としている従業員にとって、その時間はとても大切かもしれないのです。

新しい職場で成功するためには

自分の周りの人のモチベーションを上げる

3つ目のステップは、モチベーションと関係があります。モチベーションを持たないことは、何よりも悪いことだということを覚えておきましょう。従業員のモチベーションを上げる最も一般的な方法の一つは承認することです。多くの場面において、全ての人が承認されることを必要としています。そして、この方法でモチベーション上げることは悪いことではありません。しっかりと承認することで、従業員が成果を出していることにハイライトを当てることができます。さらに上司がこれをすることで、改善が必要なことに対する努力を要請する余地を生み出すこともできます。

モチベーションを効果的するには、正しいタイミングでそれを行わなければいけません。逆効果にならないためにも、タイミングは大切なのです。言い換えれば、モチベーションにはプロセスが必要であり、一晩で完結させられるものではありません。種植えと収穫を同時に行っても成功はしないということです。

誰かに何かをしてもらう必要があるときに、自分の自慢をすることはやめましょう。他の人がこれと同じことをしている時のことを考えてみてください。最終的にその人が言っている言葉は無視するようになり、「今度は何が欲しいのだろう」とただ考えるようになってしまうでしょう。

仕事に対するモチベーションを高める方法には他にも大切な側面があります。モチベーションを高めるときには、ありきたりな言い方よりも、具体的な言い方が必要です。そのため、「私は君の仕事が好きだよ」や「君は素晴らしい」などのフレーズは使わないようにしましょう。

確かに、このような似たり寄ったりなフレーズは簡単ですが、長期的に見ると非生産的です。それらの言葉はいわば、本に載っているような既製品であり、空っぽなのです。そのため従業員の仕事の評価や価値を示してはいません。「私が一番成果をあげていると思います。でもあなたは私の仕事のどこを評価しているのですか?私がなぜ成果を上げられているかわかりますか?」という気持ちにさせてしまいます。

残念ながら、このような経営手法が必要以上に一般的になってしまっています。確かに危険度は少なく、初めのうちは効果もあります。問題なのは、このようなフィードバックがすぐに支配的かつ偽造的で非人間的だと捉えらえてしまうことです。誰かに支配されることが好きな人がいるでしょうか?このようにして誰かの仕事を評価することは、その人の行ってきた仕事はあなたが注目するに値するほど重要ではないと言っているようなものなのです。

心理学的な見地においても、新たな仕事で成功するために最も大切なことはいくつかあります。それは、仕事のパフォーマンスというのはたくさんの要素によって成り立っているということです。人的要因は最も重要な要素の一つです。だからこそ、健全な関係を築き、正直なコミュニケーションを取ることが、成功の鍵となるのです。