仕事場での9つのタイプ:良い点と悪い点

· 2019年5月11日

どんな企業にも、様々な従業員が存在します。発展と拡大のために欠かせない従業員もいれば、いなくても困らない、むしろいないほうが喜ばれる従業員も存在します。これらの区別の方法を知るのは難しい課題です。特に、自分があまり貢献していないことを隠すことが上手な人の場合です。

その一方で、仕事の貢献が企業にとって重要であるということを知ることは、自尊心に直接影響します。自分が役に立っていて、必要であると感じられます。さらに、うまく行ったときに褒めてもらえるため、自尊心が高まります。しかし残念ながら、すべての人がこのような自己実現を共有したり、これを理解したりすることができるわけではないようです。

明らかに対立を生み出す人、最小限の努力でできるだけ搾取しようとする人などがいます。自分の欲しものを手に入れるために、自分のパートナーを踏みにじる人さえ多くいます。上司はそんな技術を高く評価する場合があります。大きな利益を生み出すのであれば、その信頼できない人の方を好むのです。

こういった意味で、競争心の高い縁故主義的な労働市場の中で、本当に価値のある人を見つけることはかなり困難です。責任感が強く、アサーティブで、高貴な人を見つけることも難しいことです。自分の求めるものを手にするために、他人の貢献を踏みにじるような、最低のふるまいに頼る必要がないような人達です。

仕事場で不快に感じていたり、仕事を嫌っているような従業員に頼って成長するような企業は非倫理的です。それに加えて、評判は悪くなり、従業員はより自分の能力に合った仕事を探し求めるようになります。

価値のある人と気を付けるべき人の区別の仕方を学ぶために、従業員のタイプをリスト化しました。これによって、各従業員の特質の良い点と悪い点を分析することが可能になります。

 

パソコン
従業員の9つのタイプ:良い点と悪い点

害のある人

こういった人たちからは、距離を置かなくてはいけません。嫉妬深くて、意地悪く、妬み深くて、操作的です。周りの人に頼り、何らかの損害を引き起こします。一緒に働く人がアサーティブで正直であれば、彼らは効力を持ちません。

もし、高い地位にいる人であれば、自分のためにその権力を乱用します。害のある人たちは、劣っていると思うような人を、上から目線でばかにし、無視してひどく扱います。目標を達成するためであれば、友達を踏みにじることも厭いません。一人になってしまうかもしれませんが、その害のある振る舞いは大きな影響を及ぼします。

リーダー

これらの従業員タイプの中で、リーダーは上司に最も一致します。やる気があって、起業家気質で、たくさんの考えを持っていて、周りを安心させます。どれだけ辛くても、どんな状況も味方に変えます。ひがまれてしまうため、中傷者も崇拝者と同じ数位存在するでしょう。

自分より上の地位の人と良い関係を保ちますが、ごますりだったり知識をひけらかすようなことはしません。自分の仕事が好きで、出来るだけの努力を行うことが大事であると考えます。直属の部下ではない人にとっては、これは要求が高すぎると感じさせることがあるため、他人の癇に障るかもしれません。

「一つの機械で、普通の人間50人分の仕事をする。素晴らしい人間の仕事は、どんな機械にもできない。」

-エルバート・ハバード-

悲観主義者

悲観主義者は、常に怒っています。文句ばかりを言って、どんな決断を下したとしても間違っているかのように感じさせます。変化に適応する方法を知らず、こういった人たちのふるまいは従業員同士の間に対立を生み出します。これらの従業員たちは、物事を白か黒でしか見ることができず、心配性です。良い知らせに喜ぶことはなく、悪い知らせをより重く受け取ります。

短所はたくさんありますが、悪い人でも、悪い従業員でもありません。仕事自体はきちんと行います(ただし、結果が伴っているとは限りません)。こういった人々は、地に足がついたタイプです。成熟していて、周りの人が明確な意識のないまま作業することを防いでくれます。

永遠の楽天家

永遠の楽天家は、悲観主義者とは異なり、常に気分の良い人々です物事がうまくいっていなくとも、すべてが素晴らしいように感じられます。やる気をなくしたり、心が折れたりすることはあまりありません。常に、解決策を見出すことができます。自分自身または他人が逆境に向き合っている時、初めに笑顔になって、「最悪の事態ではないよ」と言える人達です。

彼らの姿勢は、少しうぶに映るかもしれません。楽観的な人を好む人もいますが、ある程度の限度があります。誰にだって問題はあり、周りの人が共感してくれていると感じる必要もあるのです。その為、楽観主義者が良かれと思ってした曖昧な提案によって、その人と感情的に繋がっていないと感じてしまうこともあります。人生には、良い時も悪い時もあります。常にどちらかの方が良いということはありません。

笑顔の男性
イエスマン

イエスマンは、最初は誰とでもうまくやってのけるかもしれません。知的レベル次第で、誰をほめるべきか、誰に従うべきかを判断します。しかし、いずれはそれが周りにばれてしまいます。誰にでも優しくしようとし、「勝ち取りたい」人に対しては、物をあげたり、褒めたり、賞賛したりすることを厭いません。

その意図は、出世階段を上ることです。こういった人と害のある人を見分けることは、難しいこともあるでしょう。主な違いは、イエスマンは悪い人になる理由がないということ、あるいは、成功のために誰かを踏み台にするようなことはない、ということです。

良い人

良い人は、最高の仲間です。元気ですが、楽観主義者ほどはうぶではありません。こういった従業員は寛大で、他人を助けることを厭わず、何が起こってもうまく適応します。あまり気づかれないこともありますが、それは風変わりで心配になるようなふるまいをしないためです。

高貴な人達ですが、限度も持っています。他人に軽蔑されることを許さず、自分のために戦わなくてはいけないことを知っています。仕事を大事にしていますが、自分の尊厳も重要視しています。

天才

天才は、たくさんの時間を自分だけで過ごします。あまり同僚と交流せずに、おかしな風変わりな行動を見せます。あまり人が好きではなく、家で仕事をして、オフィスで仕事をしないほうがよいように思われるかもしれません。忍耐があまりなく、ちょっとピリピリしているため、周りの人を困惑させることがあります。

しかし、素晴らしい能力の持ち主です。彼らの考えは革新的で、創造的で、とても熱心な従業員です。さらに、仕事っぷりは非の打ちどころがありません。多くの場合、高い能力があるために、その社交能力は大目に見てもらえます。

2人の人
怠け者

最悪の従業員タイプが怠け者です。どうやって仕事を手にしたのか、誰も理解できません。怠け者で、不真面目で、子供じみています。多くの場合、デスクからデスクへ行き渡り、コメントや話で他人の邪魔をして、他人の仕事に介入します。

休み時間には、初めにいなくなって、最後に戻っています。複数回注意を受けているかもしれません。概してよくない従業員であり、多くの喪失を導きます。彼ら唯一の取り柄と言えば、くびにさえならなければ相手が自分のことをどう思っているかをまるで気にしていないということです。

ゴシップ好き

ゴシップ好きは、会社で起こっていることをすべてを知っています。会社関係だろうが、個人的な話だろうが、はじめに知らせを聞きつけます。注目の的になることが好きで、周りの情報を求めてみんなが寄ってきます。

人気があるにも関わらず、重要なことを依頼する際はみなこういった人を避ける傾向にあります。彼らに対する認識は、大事なデータを漏らしてしまうために信用できないというものです。

9つの異なる性質をご紹介しましたが、これらの中にも何百もの小さなグループがあります。一般的に、ほとんどの企業がこれらの分類に当てはまる従業員を複数持っています。

こういった人を見つけて、自分の発見が気に入らないのであれば、変化を起こす時かもしれません。もっと楽観的になって、うわさを無視して、より良い従業員になることは、あなた自身が改善できることの例です。