ビッグファイブ:ゴールドバーグの性格特性診断

2018年7月8日 in 心理学 0 シェア済み
性格を表す眼

ルイス・ゴールドバーグの人格理論は、「The Big Five(ビッグファイブ)」や「Five Factor Model(5つの要因モデル)」とも呼ばれています。人格がどのようなものかを判断する方法として、特定の人格特性を中心においたさまざまな研究から生まれました。

1933年以来、このモデルについて人々は話してきましたが、1993年までは構造化された理論ではありませんでした。

ゴールドバーグは、Big Fiveの性格特性を英語表記の大文字で識別しました。彼はまたそれを主要要因とも呼びます。

  • 最初は、O ファクター、または新しい経験への開放(Openness)
  • 2番目はC、入念さ(Conscientiousness)
  • 3番目はE、外向性(Extroversion)
  • 4番目はA、協調性( Agreeableness)
  • そして最後は精神的安定性(Neuroticism)を表すNです。それぞれの頭文字を集めると「OCEAN」となります。

それぞれの人は神が創造しても、いずれ自身が作るものとなる。

Michael Servetus

同時に、これらの特徴のそれぞれは、より特異な形で構成されています。科学者はこのモデルに基づいて異なる性格テストを開発しました。彼らは、受験者がどのような人かを評価し、測定することを可能にしました。このモデルの特性と特徴を詳しく見ていきましょう。

体験の開放、1つの性格特性

開放性(このモデルのOが示すもの)とは、新しい経験を探す能力を指しています。それだけでなく、そのためのスペースを確保し、将来的な創造性を視覚化することでもあります。

経験の開放性を持つ人は想像力があり、芸術を高く評価します。彼らは他の人とうまく協力し合います。彼らはまた好奇心が強く、日常的な変化を好みます。

青と紫の踊り

このカテゴリーの得点が低い人は、新しい経験に対して心を閉じる傾向のある人です。彼らはすべてにおいて正反対の特性を見ます。言い換えれば、安全性と慣習を好みます。新しいことに適応するのは難しいため、厳格なスケジュールを好みます。効率のいい技術活動に傾く傾向があり、抽象的なものにはほとんど関心を示しません。

Cファクター – 入念さ(Conscientiousness)

このファクターは、自制心と、効果的に行動する能力を指しています。これは、計画、組織化、および実行のスキルに関連しています。入念さは、持続性、目標や目的に向かう能力、几帳面さにも関係しています。

このファクターで高い得点を持つ人はしばしば組織化されています。他の人たちは彼らを信頼でき、細心の注意を払っている人と見ます。極端な場合、この特性を持つ人々は完璧主義者であり、仕事中毒になる可能性があります。彼らは成功する必要を強く感じています。

外向性(Extroversion)、もう一つの人格特性

外向性は、他人との関係や人の集まりを楽しむ能力です。外向的な人は仲間を持つことを好み、グループ環境にいることで快適に感じます。彼らはチームでうまく活動し、楽観的で熱狂的です。彼らが他の人と一緒にいるとき、彼らはまるで水を得た魚のようです。

友達がみんな一緒に踊っている

反対に、私たちには内向的な人、独りで行動するのを好む人がいます。内向的な人は、一般的に他人に対してある種の不信を感じたり慎重になったります。彼らは小さなグループの友達を好み、大きなグループでは不快に感じます。

Aファクター:協調性(Agreeableness)

これは、主に人の共感力の大きさに関係しています。このファクターで高い得点を持つ人は、他の人を理解し、寛容です。彼らは他の人のニーズや気持ちをよく理解しています。

この反対側にいる人は難しく、好戦的です。彼らは討論や説得を楽しみ、自分の意見を他者に押しつけようとします。敵意は彼らのトレードマークです。この種の人々は競争の激しい活動を得意とし、人々の前に立つことでエネルギーを得ます。

精神的安定性、および感情的不安定性

このファクターは、人生の困難な状況に対処できる能力、およびその能力が不足していることを指します。このファクターで高い得点を持つ人は、予期せぬ行動をする傾向があります。彼らは一貫した行動をせず、その理由は明らかではないものの、彼らの反応はばらつきが多いです。

木々の中にいる男

一方で、安定していて、慎重で、穏健な人がいます。彼らは危機の時でさえこのように行動します。このような人々は、穏やかであり、厳しいものや間違いに対処する能力があると確信しています。彼らは一般的にポジティブで、苦難の中においてもポジティブでい続けます。

このモデルによるパーソナリティテストの結果は、被験者をスコアによって各特性の高、中、低レベルに区分けします。就職における雇用側の選択方法として使用されることもあります。教育者は、彼らの性格に合った職業を見つけ出すために、学生と一緒にそれを使用します。また、いくつかの臨床においても使用されています。

あなたへおすすめ