カール・ユングと精神分析の占星術

· 2018年5月17日

カール・ユングは、占星術を精神分析に組み込む第一人者でした。このスイスの精神分析学者はフロイトの弟子であり、多くの人が科学よりも魔法に近いと考えることを取り扱っていました。

それでも、彼の仮説はとても興味深いものがあります。それらは現在の学派にも影響を与え続けています。

ユングによれば、占星術は古くからの心理学の知識をすべて集めたものです。直感的に、十二支に見られる十二という数字は心的現実の要約としています。それらは、集合的無意識な心理的パターンまたはモデルであり、ユングの言う「アーキタイプ」と呼ばれるものを構成します。

カール・ユングは、人間の中には、彼らの実像である自然な部分が存在することを確信していました。それは生まれてから獲得するわけではなく。むしろ、私たちはそうやって生まれて来たと言います。

この考え方は、ユングの精神分析に対する占星術の影響を見ることができます。占星術師は、出生から、生き方には一定の法則があると確信しています。

占星術というのは、心理学で言う集合的無意識のように、象徴的なもので構成されています。「惑星」は神であり、無意識の力の象徴なのです。

-カール・グスタフ・ユング-

ユングの精神分析における共時性、または占星術

ユングは彼の理論に「共時性」という概念を展開させました。占星術を精神分析に組み込むのはこの仮説によって行われます。

共時性とは、偶然によって発生する複数の出来事を指します。それらは同時に起こりますが、明らかにそれらに繋がりは見えません。珍しいことを考えているとき、例えばコウモリのことを考えていた時に、ふとすぐに窓の外にコウモリがいるのを見たときのようです。

夜空と歯車

ユングによれば、これらの偶然の一致は、すべてを結ぶ目に見えない糸です。これは占星術の原則と一致しています。

この知識によれば、宇宙から発する目に見えない力が存在します。これらの力は常に混ざり合っており、人生で起こるイベントを引き起こします。

このようにして、ユングの精神分析は占星術の影響であることは明らかです。未知の普遍的秩序は特定の状況で現れます。

宇宙の動きは、人生の具体的な出来事につながります。これは科学と違うように見えますが、実は量子物理学も同様の仮説を扱っています。

ユングは占星術を「直感的な方法」と呼んでいます。彼は、いくつかの心理状態や特定の事象が惑星の動きと関係があることを確認したと、複数の場で宣言しました。 「特に土星と天王星が冒されたとき」、と彼は1954年にインタビューの中で宣言しました。

占星術師とカール・ユング

占星術師たちは、ユングの意見の多くに同意しています。彼らはすべての出来事に特別な力を与える目に見えない力の存在を主張します。

「太陽と星々を動かす力は、人間の魂を動かすのと同じ力だ」とスペインの有名な占星学者ルイス・ヒスベルトは言いました。

12星座

精神分析に占星術の影響が目に見えるように、その逆もまた当てはまります。多くの占星術師は、彼ら自身の解釈を発展させるためにユングのアイデアに目を向けているのです。

1つの特に顕著なものとしては、リチャード・タルナスです。彼の学問はユニークです。彼はハーバード大学の哲学者であるだけでなく、それと同時に心理学者であり、また占星術師でもあるのです。

彼はユングの教えを受けた後、占星術に辿り着いたと説明しています。彼のその最初のアプローチは全て経験から来るものでした。

彼はガリレオ、アインシュタイン、ダーウィンの星図が非常に似ていることに驚きました。また、ベートーヴェンのコンサートとジミ・ヘンドリックスの最も驚異的なパフォーマンスの間に、同じ惑星の構成が繰り返されていました。

彼のワンフレーズは彼を非常によく表しています。「あなたの精神は宇宙の呼吸です」

不快な関係

ほぼすべての精神分析者は、精神分析への占星術の影響を嫌煙します。彼らはそれを全く意味のない神話や伝説で、精神分析には関係ないとみなしているのです。

本当のところ、古典的な精神分析は「人間が運命を支配している」という考えに基づいています。こんな偶然はあり得ません

一方で、知識に偏った極端なデカルトの合理性に疑問を抱いている人もいます。彼らは、真実に到達するための方法は1つではなく、多くの方法があると言います。合理的で科学的な真理は、それらのうちの1つにすぎません。

少なくともユング式精神分析では、占星術の組み込みはよく見られます。この考え方によるアプローチ、そして占星術師は、徐々に量子物理学に近づいています。

結局のところ、合理的な方法に挑戦する新しい知恵が道を開くものです。どのようになるのかを楽しみに見てみましょう…